整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

化膿性椎間板炎

化膿性椎間炎は正中矢状断だけで診断するな!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、80歳台前半の方が腰痛で初診されました。
1週間前から誘因なく疼痛が発症したとのことです。


歩行は何とか可能ですが、かなり痛そうです。単純X線像では、臥位・座位側面像の比較でも著変ありません。そこで MRIを施行しました。



11 - コピー



矢状断では L3, 4椎体に高信号領域を認めるものの、骨折ではなく OAっぽいです。念のため冠状断も確認しました。何となく違和感を感じます...。



22 - コピー



よく見ると右腸腰筋が腫大しているではありませんか!もう一度矢状断を確認すると、L3/4の右外側端で椎間板の一部に高信号領域を認めます。



33 - コピー



急いで血液生化学検査を施行すると、WBC/CRP 9000/8.7で、ESR 1Hが 73mmでした。どうやら腸腰筋膿瘍および化膿性椎間板炎のようです。ちなみに熱発はありませんでした。


脊椎圧迫骨折しかアタマになくて、化膿性椎間板炎は想定外でした。今回の教訓は、STIRの正中矢状断で椎間板の高信号領域がなくても、化膿性椎間炎を否定できないことでした。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

脊椎感染症では菌種特定が重要!

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日は、鳥取大学医学部教授の永島英樹先生の講演を拝聴してきました。
講演内容は、脊椎感染症に関する最新の知見についてでした。


高齢者社会になって、易感染性を有する患者層が増加しています。これに伴い脊椎感染症の患者数も増加しており、整形外科医としても脊椎感染症の知識は必須です。


実は、私も80歳台後半の化膿性椎間板炎の患者さんを現在治療しており、その患者さんに対する治療の参考になることを習得するために講演に参加したのです。


永島先生は、脊椎感染症の治療を開始する前にはできるだけ経皮的ドレナージを行い、その際に培養で菌種の特定をすることが重要だと強調されていました。


感染症治療の世界ではデスカレーション(deescalation)と言って、第三世代セフェムや、カルバペネムなどの広域スペクトルの抗菌薬から狭域スペクトルの薬に変更する考え方もあります。


しかし、永島先生は敗血症をきたしている場合を除いて、あくまでも培養で菌種を特定して薬剤感受性を確認してから、感受性のある狭域スペクトルの薬を投与するそうです。


あと、九州大学の大賀正義先生の下記の論文をご紹介されていたことが印象的でした。この論文は世界的に有名らしいのですが、恥ずかしながら私は初めて拝見しました。



Evaluation of the risk of instrumentation as a foreign body in spinal tuberculosis. Clinical and biologic study. Oga M, Arizono T, Takasita M, Sugioka Y.: Spine. Oct 1;18(13):1890-4.1993 



この論文の意義を要約すると、結核菌は金属表面においてbiofilmをほとんど形成しないので、結核感染症例でも内固定材料を利用できるというエポックメイキングな内容です。


永島先生は流れるように講演されており、一般人の私にも非常に分かりやすかったです。また機会があれば拝聴したいと思いました。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 

                   
    


腰椎の手術―ベーシックからアドバンストまで必須テクニック (OS NOW Instruction)



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。