整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

医師のための資産形成セミナー

戦略の失敗を戦術で挽回は難しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月14日(土)に品川で医師のキャリア革命が開催されます。
異色の経歴(?)が買われて、私も講師のひとりとして登壇する予定です。


期日が迫ってきたので準備を開始していますが、当日の持ち時間は1時間程度しかありません。1時間という限られた時間で、何をしゃべるのがベストなのか? なかなか難しい課題です。


私はこれまで主に資産形成に関する2~3時間の講演を3回行っていますが、内容は全て異なります。持ちネタは結構多いのですが、全てを1時間でお話しするのは物理的に不可能です。


今回のセミナーの特色は医師のキャリアに関するさまざまなテーマがあることです。今までのセミナーは講師が私のみだったので、医師・非医師に関わらず受講者の関心は資産形成でした。


受講者の関心が一点にまとまっていると、話す方も非常に楽です。一方、今回は留学や学術的なキャリアパスを志す方も参加されます。これらの方には私の話は響かない可能性があります。


そして、資産形成に興味のある方にしても、そのレベルはさまざまです。こうなると、築古木造戸建投資金融資産投資などの実戦的な各論では消化不良を起こす可能性が高いです。


そこで、先日のブログでもご紹介したように、全ての基本になる考え方をお話しすることにしました。実は総論を理解してもらうことは、各論を理解してもらうよりも難しいと考えています。


各論は理詰めの手法なので、医学部に合格できるような論理能力に長けた方なら理解しやすいと思います。しかし、総論は感覚的なので、なかなか理解してもらうのが難しいです。


プライバシーの問題からブログ上では説明することが難しい話題を、実際の事例や数字を交えてお話しをさせていただこうと思います。

  • 「自由」に関する私の考え方
  • 1991~2016年の25年間に発生した日本と世界の断絶に関する強烈な危機感
  • いかにして安全な立場を確保するか


不動産投資や金融資産投資は、直接のキャッシュポイントになるので、その技術的な側面が非常に注目されることが多いです。しかし本当に大事なのは各論(=戦術)ではないと思います。


資産形成に関する戦略がしっかりして初めて、不動産投資や金融資産投資などの戦術が輝くと思うのです。戦略の失敗を戦術の技巧で挽回することは難しいですから。





★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



何気ない暮らしはどれほど幸せか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、腰部脊柱管狭窄症の方に棘突起縦割式椎弓形成術を施行しました。
100m未満の間欠性跛行でしたが、術後に症状が劇的に改善したため大変感謝されました。


退院に際して、この方からお礼状を頂いたのですが、自身の半生を描いた自費出版の書籍も贈呈されました。時間のあるときに拝読したのですが、コレが結構興味深かったです。


御年80歳なのですが、文章の内容が素晴らしくてびっくりしました。略歴をみると大学卒業の学歴でした。昨今では大卒は珍しくないですが、80歳になっても教養は健在のようです。


その書籍の中で、人生を振り返って後悔していることについての記載が目に留まりました。妻を亡くして、以前の何気ない暮らしがどれほど幸せだったのかを強く感じるとのことでした。


日常診療で高齢者に接する機会は多いし、自分の祖父・祖母とも話しをしますが、このような 「人生を振り返って後悔していること」 について話をする機会などほぼ皆無です。


今回は教養のある高齢者だったので、文章で 「人生を振り返って後悔していること」 が私に伝わりましたが、考えてみれば下の世代に伝わらないだけで、きっと後悔の念は皆あると思います。


最近、私の身辺でも若くして亡くなられた方がいますが、この書籍も含めて「何気ない暮らしがどれほど幸せなのか」を再認識する良い機会となりました。


・ 家族との折り合いが多少悪いことがあっても、健康に生活してくれていればいい
・ 子供の成績が多少悪くても、健康に生活してくれていればいい


このように考えると、自分では大きな問題だと考えていたことでも大した問題ではないことに気付きました。「何気ない暮らし」を大切にしていきたいと思います。



★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



他流試合を敢行します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

来週の週末は、「自主管理大家の日々」の管理人さんが、東京の品川で主催する高額所得者対象のクローズドセミナーの講師として呼ばれています。


このブログをご存知の方は少ないと思いますが、不動産投資ブログランキングでは常に3位以内に入っている、不動産投資の分野では超有名なブログです。


管理人さんとはかれこれ5年以上の付き合いで、不動産投資に関するさまざまな事を教わりました。 初期のころの私は、投資家としての実力・経験・資金力が決定的に不足していました。


少ない自己資金の中でキャッシュフローを確保するために、そこそこの高利回りながらもオペレーションが難しい物件を中心に複数棟を所有していました。


入居者層が不良であったため非常にトラブルが多く、滞納督促が日常業務と化しているほどでした。このような物件を半自主管理していたため、自力でトラブルに対処する必要がありました。


このような孤独な戦いをしているときに管理人さんと出会いました。お互いの居住地域や投資対象エリアは違うものの、不良入居者に対応するさまざまなテクニックを直接教えてもらいました。


実は、私は自力で裁判を行う技術を持っています。弁護士の力を借りずに独力で裁判できる医師はあまり居ないと思います。普通、訴えられることはあっても、訴えることはないでしょう(笑)


そして、この技術も管理人さん直伝です。裁判と言っても滞納家賃の督促なので非常に単純なのですが(CHS程度の難易度)、いちいち弁護士に依頼しているようでは費用倒れになります。


自力でやると数千円で裁判可能なので、不良入居者をガンガン提訴しました。私が裁判所の近くに住んでいることもありますが、これほど安価・簡便・有効な督促手段は無いと思います。


私の不動産ポートフォリオは多岐に及びますが、通常ではオペレーションが難しい物件でも投資可能なのは管理人さんに教えてもらった技術のおかげです。


とは言いつつ、アベノミクスによる不動産市況の好転を利用して資産の組み換えを敢行した結果、現在では2012年以前と比べて劇的に不動産ポートフォリオが改善しました。


現在は地価の高い都心の物件にシフトしているため、不良入居者に対応する必要性が全く無くなりました。せっかく教えてもらった技術を使う場面はないですが、恩を忘れてはいません(笑)。


そんな管理人さんから昨年末に講師依頼が来たので、セミナー講師を引き受けることにしたのです。どうも私は喉が弱いようで長時間話せるか不安ですが、今回もがんばろうと思います。


内容は、5月に神戸で開催した医師のための資産形成セミナーと同様のものです。相違点は、対象が医師に限らないので一般向けにアレンジしたこと、開催地が東京であることだけです。


医師だけではなく、他の分野の専門職やオーナー社長なども参加されるとのことで、セミナーで新しい出会いがあれば良いなと思っています。


尚、28日午前は少し時間があるので、神戸のセミナーにご参加、もしくは資産形成講義をご購入いただいた先生と、品川でお話することが可能です。希望される先生はメールでご連絡ください。



★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



NISAの是非と海外投資の手法

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、NISAで国際分散投資型ファンドをドルコスト平均法を実践している先生から、このまま投資を続けるべきか、一度売却して現金ポジションを高めるべきかという質問をいただきました。


このファンドは日本を含めた世界の株式と債券に投資するために、8本のVanguard ETFを用いて株式と債券の比率が50%ずつとなるように配分しているファンド・オブ・ファンズです。


この質問に対して、私は下記のような論点で回答しました。

  1. そもそもNISAでの投資は妥当なのか?
  2. 国際分散投資型ファンド・オブ・ファンズを選択する是非は?
  3. ドルコスト平均法での積立てを続けるべきか、
    売却して現金ポジションを高めてチャンスの窓を探すのを待つ方が良いのか?


①に関しては、通常では株や投資信託などで利益を得ると税金がかかりますが、NISAを利用すると税金がかかりません。もちろん無制限ではありませんが年間100万円まで運用可能です。


投資から5年以内に得られた利益が非課税となります。これが5年間続くので、最大500万円まで資金を投入できます。 一見有利な制度に見えますが、NISAには致命的な欠点があります。


5年経過時点で評価損が発生していると、損益通算や損失の繰越ができないばかりか、
「その時点の価格が取得金額」となってしまいます。


具体例を挙げます。100万円で購入したA株が、非課税期間終了時に80万円になっていたとします。このケースではA株の取得金額が80万円になってしまいます。


その後値上がりしたので120万円で売却した場合には、40万円が譲渡益となり8万円の株式譲渡税がかかってしまいます。


本来ならば取得金額が100万円なので20万円の譲渡益となり、4万円の株式譲渡税のはずが、4万円も余分に株式譲渡税が掛かってしまいます。


これだけ期間の縛りがあると、個人投資家唯一の強みである長期保有という武器を全く使えません。少なくとも本気で資産形成を志す個人投資家はNISAには近づかない方が無難でしょう。


②に関しては、この手のファンドは、 自分でも下記の日本国内でも購入可能な海外ETFをミックスすることで創り上げることができるポートフォリオです。


   ・ VT   (世界株)
   ・ BND   (米国債)
   ・ BNDX (米国以外の債券)


今回の国際分散投資型ファンドの信託報酬はオリジナルに比べてやや高いですが、概ね許容範囲内です。 しかし、強引に株式と債券を50%ずつにしていることはいただけません。


現在は債券バブルなので、BND、BNDXとも割高です。 少なくともアセットアローケーションは自分で行う方がべきでしょう。そして私なら現在のタイミングで債券投資は行わないと思います・・・


③に関しては、少なくとも含み益を得ているのならNISAなら譲渡益が掛からないので売却も悪くないと思います。しかし、チャンスの窓が開いたときにいきなり勝負することは難しいと思います。


経験を積む意味でマネックス証券等の外国株手数料の安いところでVTをドルコストで購入することも一法です。では、いまの状況で私ならどうするか? 基本はキャッシュを積み上げています。


このまま円安が続きそうに思えるのですが、相場が一方向に振れることは無いと思っているので、 円高に振れるタイミングをひたすら待つつもりです。


予想が外れたらみすみす外貨資産を購入するチャンスを逃すことになります。マクロの統計を見る限りでは円高になる要素が非常に少ないですが、 こればかりは神様しか分からないので・・・。


しかし、私の15年の投資歴を振り返ると、「欲しい」気持ちが強いときに購入すると、たいてい上手く行きません。本当に儲けるときは、心配で夜も眠れないほど切迫した状況下です。


理性で恐怖心を捻じ伏せて購入するときがベストタイミングでした。そして現在は「外貨資産をかなり欲しい」状況です。したがって、私の経験則では現在は購入するタイミングではなさそうです。


業務連絡

2015.5.23開催の「医師のための資産形成セミナー」にご参加いただいた先生方に動画のダウンロードURLをメールしました。万が一、届いていない先生方が居られましたらご連絡ください。



              ★★  医師のための資産形成セミナー  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



2015神戸セミナー

                    医師のための資産形成セミナー


本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


本セミナーでは、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 


” 本物 ” の投資家と話をしませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月23日に開催予定の「 医師のための資産形成セミナー  in 神戸 」ですが、当日に参加予定のスタッフが決まったのでお知らせいたします。


今回お手伝いしていただくスタッフの皆様は、私の不動産・金融投資関係の師匠(メンター)を中心としたコミュニティーの仲間です。下記にご快諾いただいた方の概要をご紹介します。




1. 私の不動産経営のメンター①

日本最大級の某家主の会の事務局長です。賃貸不動産経営の生き字引で、不動産関係のことでは知らないことはほとんど無いと言ってよいほど豊富な知識と経験を有しています。


2. 私の不動産・金融・海外投資のメンター②

都心の一等地に複数の大型物件を所有するだけでなく、金融・海外投資を非常に高いレベルでオールマイティにこなす万能タイプの投資家です。さまざまな分野に本物の人脈があります。


3. 私の不動産・海外投資のメンター③

東京大学卒のMBAホルダーです。某外資系企業をアーリーリタイアして、現在は1年のうち半分を海外で過ごしています。この方から教えてもらった本物の知識は両手の指でも足りません。


4. 投資コミュニティーの仲間①

受付をお願いしている美人大家さんで、某家主の会のアイドル的な方です。まだ若いので私のメンターほどの知識はありませんが、日々不動産経営を実践しているので一人前の経営者です。


5.  投資コミュニティーの仲間②

美人大家さん兼、家業で不動産関係の事業を展開されており、いわゆる”プロ”の方です。波乱万丈な人生を歩んできたため、同じような経験をした私は勝手に親近を抱いています(笑)。




以上の5名の方に当日はセミナーのお手伝いから、懇親会への参加までお願いしています。このように、当日参加のスタッフは単なるお手伝い要員ではなく、全員が ” 本物 ” の方です。


医療においても同業者とのコミュニケーションは技量の習得上重要ですが、資産形成においても他の人(特にその道を極めた方)とのコミュニケーションは決定的に重要だと思います。


懇親会に参加いただける先生方は、他では聞けないような知識を引き出せるかもしれません。スタッフには名札を着用してもらう予定なので、積極的にお話していただければ幸いです。


現在、28名の先生方からお申込みいただいており、残り2席のみ追加募集中です。ご都合のつく方は是非、セミナー&懇親会にご参加ください!



★★  追加募集決定! 2015年5月23日 医師のための資産形成セミナー 神戸  ★★


2015年5月21日~24日に神戸市で開催される第88回日本整形外科学会学術総会に合わせて、管理人による 医師のための資産形成セミナー を開催いたします!


2015神戸セミナー


当セミナーは、経済的自由の獲得を目指す医師向けに開催するものです。 私が監修した
資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負しています。


しかし、文書だけではどうしても100%の事柄を伝えることはできません。 本セミナーでは、資産形成マニュアルで伝えきれなかったことや、2015年現在の推奨方針を中心にお話しします。 


セミナーの特典として、29800円で販売中の 資産形成マニュアル に加えて、当日のセミナー映像および講演で使用したスライドを、動画とPDF形式で無料で配信する予定です。


学会会場からポートライナーで20分の神戸の中心地・三宮でセミナーを行うので、夕方のセッション終了後でも参加いただけます。 本セミナー終了後には懇親会もご準備いたします。


学会3日目の夜を、ご一緒に神戸の街で過ごしませんか? もちろん、整形外科以外の科の先生方のご参加も大歓迎です。それでは皆様に会場でお会いすることを楽しみにしております。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。