整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

医師の経済的自由

医師のアルバイト・バブル崩壊?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症は、医師に想定外な影響を与えています。それは、収入の劇的な減少です。このことに関しては、開業医・勤務医を問わず深刻です。


まず開業医ですが、患者さんの受診抑制が顕著であることに加えて、自分やスタッフの安全確保が難しいため医療側からも受診抑制に舵を切らざるを得ない状況です。


このため、多くのクリニックや医療機関で医業収入の劇的な減少が発生しています。この状況が長期化すれば死活問題になりかねず、経営者目線では暗鬱たる気持ちになります。


一方、勤務医も厳しい状況に追い込まれる人が増えています。最も割りを食っているのは外勤が禁止された大学関係者です。特に大学院生にとっては死活問題でしょう。


正規雇用の大学スタッフも苦しい状況です。新型コロナウイルス感染症の最前線で戦っている人が、最も割りを食っている状況は信じ難いものがあります。


普通の感覚では、減給(院生は無給・無保障)の状況で命の危険を冒して医療に従事するなどありえないですが、ほぼすべての医師がまじめに遂行しているのは驚くべきことです。


このように医療業界は受難の様相を呈していますが、コロナ禍が過ぎれば元に戻るのかと言うと、そうとも言い切れないと考えています。


平時になれば、医療側は受診抑制姿勢を解除します。しかし、患者さん側では受診抑制が習慣化する可能性を否定できません。


何と言ってもコロナ禍の数カ月程度では、受診抑制しても表面的には疾病の増悪等の問題が表面化しなさそうなので...。こうなると開業医的にはキツイです。


一方、アルバイト枠を減らした医療機関も簡単には枠を復活させないことが予想されます。アルバイト枠は収益性が低いため、患者数が戻っても復活するインセンティブは低いです。


こうなると、コロナ禍の縮小した医療体制が持続することになるため、医師全体の収入はかなり減少することになります。


これらはあくまで私の予想なのですが、新型コロナウイルス感染症は開業医の収益性を棄損し、勤務医のアルバイト・バブルを崩壊させるのかもしれません。





★★ 第3刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







愚痴: deは圧痛の略語だった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、他院の手書きカルテを参照する機会がありました。手書きカルテというとあまり良い印象はないですが、一瞥して過去最大級に近い酷いカルテであることが分かりました...


独特の字体であることもさることながら、訳の分からない略語のオンパレードです。雰囲気で何となく経過は分かるのですが、詳細を把握することはできませんでした。


特に問題になったのは、「de」です。ひたすら deという略語が使用されているので、何となく「圧痛」ではないのか? と思いましたが確信できません。


悪戦苦闘して調べてみると、deは Druckempfindlichkeit の略のようです。はぁ~???何じゃそりゃ。他の部分は英語(?)なのに、なぜそこだけドイツ語(?)なんだ...。


昔は読めない手書きカルテが世の中に氾濫していましたが、最近では電子カルテになってきたので今回のようなトラブルは減少傾向です。


ただ、完全に撲滅されたわけではないので、手書きカルテと言われると恐怖を感じます(苦笑)。自分しか分からない略語や汚字でカルテ記載するのはいかがなものかと思います。


当事者からすれば「他人にみせるつもりで記載しているのではない!」と思っているのかもしれませんが...






★★ 医師の経済的自由 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







人のやらないことに挑戦する!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週は、私の住んでいるエリアでも寒波が凄かったです。
普段あまり積雪しないので、ちょっと積もるだけで大騒ぎでした。


さて、今回の寒波で我が家には困ったことが発生しました。ナント、水道が凍結してしまい、水を使えなくなったです。


ただし、水道といっても公共水道ではありません。私の家は収益マイホームで、もともとは売工場でした。そして、その工場には井戸がありました。


その井戸から引いている水道が凍ってしまい、使えなくなったのです。井戸水は、トイレと洗濯などの非飲用水に利用しています。


下水料金を払う必要があるものの、水道料金はタダなので年単位で見るとかなりの節約になります。東京都水道局によると、トイレ21%+洗濯15%=合計36%だそうです。


しかし、最初から井戸を非飲用水に利用しようと思ったわけではありません。このことを思いついたのは、7年間ほど所有して売却した1棟マンションで発生したトラブルでした。


このマンションは、スペックが悪くて本当に苦労しました。毎月のように予想外のトラブルが発生するので、電話に出るのが怖かったほどです(笑)。


このマンションに住んでいた生活保護の方から「医者から腎臓が悪くなってると言われた! このマンションの水は井戸水じゃないだろうな?」という 脅迫 電話がありました。


はっ、何言ってるのこの人?! と思いましたが、普段から滞納常習犯なので、新たな滞納の手口だと思いました。しかし、よくよく話を聞くと本当に腎機能が悪くなったようです。


糖尿病もあるようなので糖尿病性腎症の増悪だろうと思いましたが、この方は井戸水(?)が腎機能悪化の原因だと思い込んでいます。もちろん、井戸水ではなく上水道です。。。


マンションの水は井戸水ではなく、公共上水道であることを説明しました。まったく、とんでもない言いがかりをつける人だな~ とうんざりしていた時に、ふと妙案が閃きました。


飲用には適していないものの、口に入らないトイレや洗濯なら井戸水を使えるじゃないか! 思い立ったら吉日で、すぐに井戸からトイレと洗濯機への給水管を設置しました。


水道料金が劇的に減少したのでホクホク顔でしたが、コスト削減のため給水管を地面の上に這わせているので、今回のような寒波が到来すると凍結して使えなくなります。


井戸水を導入して8年ほど経ちますが、その間に今回も含めて3回凍結しました。同じエリアの普通の人は、あまり経験しないトラブルです。


家族は不満そうです。しかし私は「人と違うことを実行する=トラブルは不可避」だと考えています。そして、そのトラブルを乗り越えてこそ、他人よりも豊かになれると・・・


もちろん、井戸水の利用など些細な節約です。しかし、スタートアップを立ち上げたり、資産形成で大きな勝負をすることも、井戸水の利用と根っこの考え方は同じです。


皆と同じ生き方をして皆と同じ悩みを抱えて生きていくのか、人と違うことに挑戦してさまざまなトラブルを乗り越えて違う世界を目指すのか。私なら後者を選びます。。。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







ケアネット連載企画【第2回】がアップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、ケアネットの連載企画【医師のためのお金の話】第2回がアップされました。
お題は、資産形成、目標や目的を明確に です。



log_carenet



第1回は、資産形成、最初の一歩はタネ銭から というコンテンツでしたが、第2回はいかにしてタネ銭を貯めるモチベーションを保つのかに焦点を合わせました。


私としては、金融資産投資や不動産投資などの各論を書く方が楽でいいのですが、いきなり各論では訳が分からなくなるかなと思い、がんばって総論を書きあげました。


2回目なので肩肘張っていますが、早く執筆リズムに慣れたいと思います。当ブログの週末は資産形成系の話ですが、何の制約も無いで自分の興味の赴くままに好き勝手書いています。


しかし、原稿料をいただいての連載は何かと気を使います。特に次の締め切りが11月半ばなので、もう1週間ほどしかありません。どんどん忙しくなる自分が嫌になります(笑)




医師のためのお金の話




毎月1回の連載なので、ご興味ある方は是非ケアネットを訪れてくださいね!医師向けの良質な記事を提供したいと思いますので、ケアネットでもよろしくお願いいたします。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







ケアネットで連載開始します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日からケアネットでコンテンツ連載を担当することになりました。
お題は 医師のためのお金の話 で、毎月1回の更新予定です。



log_carenet



ご存知の方も多いと思いますが、ケアネットは医師を中心とする医療従事者向けのサイトです。平成8年設立の企業で、東証マザーズに上場しています。


医師向け(医療従事者)の専門サイトとしては以下の3つが主要なサイトです。
  1.  m3.com
  2.  日経メディカル
  3.  ケアネット

①の
m3.comは、デイリーの医療ニュースを一括で見るのに最適です。②の日経メディカルはデイリーな医療情報は少ないですが、掲載されている記事の内容が濃いことが特徴です。


一方、③のケアネットは、海外のメジャー医学誌の日本語要約や、さまざまな臨床試験結果などの医療情報が豊富で、映像コンテンツが充実しています。


そんな医師向け専門サイト3強の一角であるケアネットから、著書を商業出版させていただきました中外医学社様のご紹介で、コンテンツ連載の提案があったことは非常に光栄です。



医師のためのお金の話




今回は第1回ということで、資産形成、最初の一歩はタネ銭から というコンテンツです。ご興味ある方は、是非ケアネットを訪れてくださいね!


毎月1回の連載ですが、しばらく締め切りに追われる日々が続きそうです。医師向けの良質な記事を提供したいと思いますので、ケアネットでもよろしくお願いいたします。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。