整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

収益

収益の本質を理解すると騙されない!

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式市場・仮想通貨とも軟調な展開が続いています。株式市場でさえもvolatilityが非常に大きく、東京が主戦場の投資家もNYSEの状況に一喜一憂しているのではないでしょうか。


2018年は、2017年とは打って変わった相場環境ですが、そもそも論として2017年は居心地が良過ぎた例外的な状況であったと考えています。


そして、2017年のように猫も杓子も投資で儲けている時には、怪しげな投資詐欺も跋扈します。昨年だけでも、かぼちゃの馬車やジャパンライフ問題が世間を賑わしました。


人間は欲深い生き物なので、美味しい話には目がありません。通常では考えられないほど高い利回りの投資案件を提示されると思わずお金を出してしまう人が後を絶ちません。


このような投資詐欺から完全に身を守る方法は無いですが、そもそも「そんな美味しい投資話がなぜ自分に回ってくるのか?」を考える習慣が大事ではないかと考えています。




配当の源泉は事業や投資の利益


投資詐欺に引っかかる人は自分が得る利益しか見ていませんが、そもそも配当の原資は事業や投資での利益です。つまり、配当は全体の利益の一部でしかないのです。


例えば、上場企業の自己資本利益率の平均は8%前後です。上場している大企業でさえもこの数字です。したがって、この数字を超える利回りの投資商品はどこか「おかしい」です。


もちろん、規模が小さくなるほど、うまくいっている企業はさらに高収益となります。しかし、最近のスタートアップは基本的にお金がかからないので、資金需要があまり無いです。


2006年にAWS(アマゾン ウェブ サービス)が開始してから、この傾向がさらに加速しました。自社でサーバーや IT インフラストラクチャを準備する必要がなくなったからです。


実際、私が注力しているスタートアップは泥臭いドブ板営業で販路拡大していますが、内部の仕組みはクラウド利用のため、初期費用・ランニングコストともほとんどかかりません。


初期費用は数万円レベルですし、ランニングコストもスタッフの人件費が80%以上を占めているような状況です。売上に比べてスタッフ数も極めて少ないです。


利益の多くを事業拡大・販促・スタッフ教育に投入しているのですが、当期利益の範囲内で行っているため、基本的に外部からの資金需要は全く必要ありません。


投資家仲間の飲み会で、出資提案を受けることがよくありますが、全てお断りしています。情報・人脈・助言には飢えていますが、資金は全く必要としていないからです


スタートアップの成長に必要な情報・人脈・助言をできる能力がある人は喉から手が出るほど欲しいです。しかし、単なる出資は邪魔なだけなので全く要りません。




「何かがあれば話は別


このように考えると、〇〇事業に投資することで10%を超えるような配当を得ることができるといった投資話は詐欺であることが分かると思います。


ビジネスを実際に回した経験のある方なら痛いほど分かると思いますが、10%の配当を毎年支払うことは、高収益なビジネスであってもかなりキツイことです。


ただし、あなたに「何か」があれば話は別です。経験に裏付けされた情報・人脈・助言を与えることができる人なら、出資を通じて高配当やキャピタルゲインを得ることが可能です。


上記以外にも「信用」なども大きなファクターです。信用力のある人や法人が資金出すということは、スタートアップにとって対外的な信用を得ることになります。


このように資金以外の情報・人脈・助言・信用をたくさん持っている人は、それだけで大きな利益を得る機会が増えます。


戦後日本のように資本が不足している社会では、資金の持ち手(いわゆるお金持ち)が有利でした。しかし、現在では個人的な能力や経験の方が「メシの種」になるのです。


ここから導き出される結論は、何にでもアグレッシブに取り組み、希少な知識や経験を有することが、有利に戦いを進められるということになります。


そして、私の人生における戦略も、まさにこのとおりのことを実践しています。資金の蓄積はもちろんのこと、いろいろな経験を積むことを最優先にして毎日を過ごしています。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




ちょっとコワい話・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のブログでも書きましたが、期間限定ではあるものの「とにかく忙しい!」毎日を送っています。あ~、たまにはまったりした時間を過ごしてみたいものです(笑)。


3月下旬に所有物件で3つの退去予定があります。既に出来上がっている仕組みで回しているものの、毎年少しずつ改良を加えています。しかし、今年は忙しいのでほとんどノータッチです。


完全に資金の出し手状態に甘んじていますが、資産形成を行う上ではあまり感心できる状態ではないと考えています。収益を得るためには何らかの「価値」を提供する必要があります。


10年ほど前までなら、それが「資金」でも充分に価値はありました。しかし、マイナス金利に突入して行き先を失った大量の投資資金が存在する状況では、資金の出し手の価値は低下します。


したがって、単に資金を提供するだけでは収益を得るに値する価値を提供できていないのです。そこで、私が携わっている領域における収益の源泉となる価値を考えてみました。


  • 医療   → 医療技術
  • 不動産  → 快適な住空間を維持する仕組み
  • 金融資産 → 極端なリスク発生時の流動性提供
  • 空室支援 → 貸主の空室情報をターゲットに届ける仕組み
  • 旅館業  → 非日常な宿泊空間を維持する仕組み
  • 知的財産 → 従来無かったアイデア


このように考えると、単に資金を出すだけでは直接顧客の利益に結びつかないことが分かります。やはり、何らかの技術・知識・リスクを提供することで、対価としての収益を得ているのです。


私は常に「何を提供できるのか」を考えています。これは倫理的なことを言っているのではなく、実際に収益を得るために提供する価値は何なのか? を考えているという意味です。


収益は、提供する価値の対価です。まず自分が提供するモノの価値にフォーカスすることで、新しい収益源を見つけ出す機会が増えると思います。


そして、この考え方は自分に降りかかるリスクを軽減する効果もあります。例えば、一括借り上げの投資用マンションを購入した場合、買主が顧客に提供する価値は何なのでしょうか?


実際のオペレーションには全く担っていないので、単に資金を提供しているだけです。しかし資金の価値が下がった現在では、資金だけで対価として収益を得るには充分ではないと思います。


さほど価値のあるものを提供していないにも関わらず、なぜ収益(?)を得ることができるのか。それは、彼らが「自らの担保評価」と「自らの破綻リスク」を提供しているからです。


「何にも提供していないのに、少額とはいえ収益を得られて最高だ!」とホクホク顔の購入者の裏側で、売主の業者さんはほくそ笑んでいます。このように考えるとコワくないですか?




★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




医師が目指すべき経済的目標

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は日整会に出席していましたが、神戸までの移動時間で比較的まとまった時間を取ることができたので、収益について考えてみました。


まず、”収益”の定義ですが、私は ”事業や仕事を通じて社会に与えた利益が、その対価としてお金に置き換わったモノ” という意見を採用しています。


医師は自分の診療の対価としてお金を稼いでいると思いがちですが、突き詰めて考えると給与や医療報酬は”自分が社会に与えた利益の対価”なのです。


医師は勤務医・開業医に関わらず、自分の知識・経験・時間と引き換えにお金を稼いでいます。一般の労働者よりも時給単価が高いですが、収益の上限は時間によって制約されます。


企業の株主・不動産所有者などの資本家は、自分の持つ資本と引き換えにお金を稼いでいます。この場合、収益の上限は資本の大きさによって制約されます。


病院経営者・会社経営者は、組織や仕組みを通じて社会を効率化する利益の対価としてお金を稼いでいます。収益の上限は、仕組みを通じて提供する効率化の程度によって制約されます。


著作権やライセンスなどの知的財産権所有者は、知識や経験と引き換えにお金を稼いでいます。収益の上限は、知的財産が社会に資する利益の大きさによって制約されます。


このように考えると、最も貴重な資源である有限の”自分の時間”を引き換えにしない収益源は、①資本 ②組織・仕組み ③知的財産権 を元にした収入であることが分かります。


世襲を考慮しない場合、まず自分の知識・経験・時間(主に時間)を提供して社会に利益を与えることで対価としてお金を稼がなければならないことがほとんどです。


しかし、いつまでもこのような有限の資源である”自分の時間”にばかり頼っていると、社会に貢献できる量はたかが知れています。


そこで、医師として知識・経験・お金を蓄えてくると、①資本 ②組織・仕組み ③知的財産権を利用して社会に恩恵を与えることを考える必要があります。


この中で最も難易度が高いのは、②の組織(病院経営や多店舗展開のクリニック)構築です。これはかなりの才能・情熱・運が必要なのですが、①は②や③ほど難易度は高くありません。


したがって、医師としてそこそこのレベルに到達した方は、”資本”の代表である株式投資や不動産投資に目を向けることは合目的なことだと思います。


そして、この段階をクリアした方は、②もしくは③のレベルを目指すことも検討するべきだと思います。 医師は固い収入を確保しやすいので、②や③も比較的低リスクにチャレンジ可能です。



                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。