整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

圧迫骨折

60歳台のぎっくり腰?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、外来をしていると60歳台女性が「ぎっくり腰」を主訴に初診されました。
60歳台でぎっくり腰??? 本当かな。。。


私の経験上、いわゆる「急性腰痛症」は若年者の疾患という認識です。今回の患者さんは、人を抱きかかえてから腰痛が出現したそうです。


教科書的には脊椎圧迫骨折を疑うべき状況です。しかし、身なりがしっかりして、いかにも若々しい外観の方だったので、どうも圧迫骨折とイメージが結び付きません。


単純X線像では明らかな骨折を認めませんでした。しかし、L4椎体前壁が僅かにくびれているようにも見えます。 L4に圧痛・叩打痛ともありません。疼痛はあるものの普通に歩行しています。 


う~ん、どうしよう。。。 かなり迷いましたが、過剰医療だったらスミマセンと説明した上で、思い切ってMRIを依頼してみました。


すると、やはりL4圧迫骨折だったのです。立ち上がれないほどの痛みではなく仕事もしていたようですが、れっきとしたL4圧迫骨折でした。さっそくフレームコルセットを採型しました。


今回の患者さんを経験して更に確信を深めましたが、60歳台以降で動作が制限されるほどの、若年者のような「ぎっくり腰」 という病態は稀なのではないでしょうか?



この年代以降では、いくらご本人が元気そうで軽微な外力であっても、「ぎっくり腰=急性腰痛症」ではなく、脊椎圧迫骨折を第一に考える必要があると思います。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です










同じ日に同じ骨折でも大きな違いが・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日の外来で2名の入院がありました。
どちらもL3圧迫骨折なのですが、経緯が全く異なり興味深かったです。


1人目は70歳台前半の方で、1日前に転倒して受傷されました。この方は生活保護受給者で生活習慣が乱れに乱れています。糖尿病を筆頭にたくさんの生活習慣病に罹患しています。


単純X線ではそれほど椎体が圧潰しているわけではないので、前日の外来担当医はフレームコルセットを採型して自宅に帰したようです。


しかし、次の日の私の外来に、ご家族(息子さん)を伴って骨折があるのに入院させないのはどういうことなのか? と怒鳴り込んできました・・・。


私の目からみても前日の外来担当医の対応は間違っていないと思います。しかし、権利意識の非常に強い親子のようで、(どうせ無料だから)入院させろ!という意識が垣間見えました。


2人目は100歳の方で、転倒後数日経過しています。何とか家族ががんばって介護していましたが、痛みが強くて如何ともし難くなって受診されました。


さすがに入院を勧めましたが、ご家族がかなり迷われました。自分達で何とかしようという気持ちがありありと伝わります。しかし、ご家族だけでは対応が難しそうな印象でした。


患者さんのためにもご家族の背中を押す必要があると思い入院を強く勧めました。私は家族だけで耐え忍ぶことを是とはしませんが、この患者さんを少しうらやましく思いました。


同じ日に同じ骨折を診察しましたが、何とも両極端な方に遭遇しました。世の中にはいろいろな方が居ますが、私なら後者のような方になりたいと思いました。



★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    

          
          整形外科研修ノート (研修ノートシリーズ)


フレームコルセットは自分で曲げよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


L1圧迫骨折で入院されている80歳台後半の方が居られるのですが、
受傷後1ヶ月で単純X線像を施行したところ、椎体に不安定性が存在することに気付きました。


受傷時の単純X線側面像でL1椎体が圧潰して楔状変形していたのに、
受傷後1ヶ月目の単純X線側面像では、椎体の圧潰が消失しているように見えたのです。


幸い正面像では椎体に偽関節化の所見を認めていませんでした。
まだ、骨癒合する可能性はありそうです。


そこで、腰椎前屈位となるようにフレームコルセットを調整しました。
フレームコルセットの調整は、力いっぱいフレーム部分の金属を自分の力で曲げます。


原始的な方法ですが、それなりに腰椎は前屈位になります。
ただし、かなり力が必要なので肉離れを起こさないように注意が必要です(笑)。


フレームコルセットの調整後に、コルセットを装着したまま単純X線側面像を撮影したところ、
L1椎体は、いい感じで受傷時レベルの楔状変形に戻っていました。


更に就寝時には基本的に仰臥位を禁止して、
腰椎前屈位の側臥位で寝ていただくように指示を出しました。


DPC病棟ではなかったので、PTH製剤も投与開始しました。
打てる手は全て打ったので、何とか椎体が骨癒合してくれることを祈りたいと思います。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。




                     


                  
Critical thinking脊椎外科



                        

意外と使えるCTの再構成画像

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の夕方は、アルバイト先で夜診をしていました。
このアルバイト先の医療期間は、病院なのですがMRIがありません。


そして、整形外科の常勤医師も居ないので、入院患者さんの対診も受けなければなりません。地域柄のためか高齢者が多く、昨日も圧迫骨折を疑う方の診察をしました。


単純X線像を確認すると多発性脊椎圧迫骨折がありました。しかし、ほとんどの椎体骨折は陳旧性に見えます。身体所見からは新鮮圧迫骨折がありそうなのですが・・・。


そこで、やむを得ずCTを施行しました。CTを撮影するときは必ず矢状断で再構成をしてもらいます。やはり骨折を判断する上で、矢状断は最も診断価値があると思います。


昨日の方は第4腰椎の新鮮椎体骨折でした。矢状断でみると椎体中央の終板直下がはっきりと陥没しています。しかし、単純X線像を見直しても椎体骨折を全く確認できませんでした。


MRIのある施設ではあっさりMRIを施行すると思いますが、意外とCTの矢状断でも新鮮骨折の有無をよく判断できます。むしろ費用対効果や診断の迅速度ではCTの方が上かもしれせん。


限られた医療資源の中でやむを得ずCTで診断していましたが、脊椎椎体骨折に関しては意外とCTは使えると感じています。ただし大腿骨近位部骨折に関してはイマイチな気はしますが・・・。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です




                         

             
救急・当直で必ず役立つ!骨折の画像診断




AAAの既往のある圧迫骨折

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨夜は当直でした。近所の老健施設から、入所中の80歳台の方がベットからずり落ちてから腰を痛がっているので診て欲しいという依頼があったので、二つ返事で診察を引き受けました。


患者さんの診察すると胸腰移行部に脊椎叩打痛があり、圧迫骨折である可能性が濃厚です。そこで単純X線を施行しようとしたときに問題が発生しました。


施設の職員の方が、「患者さんには腹部大動脈瘤の既往があるため、ご家族がCTで腹部大動脈瘤の精査も行ってもらうことを強く希望されています!」とおっしゃられるのです・・・。


臨床的には明らかに胸腰移行部の圧迫骨折の可能性が濃厚なのですが、腹部大動脈瘤(AAA)による腰痛である可能性も全くゼロではないはずです。


あいにく心臓血管外科が無い病院なので、腹部大動脈瘤の質的評価を正確に下せる医師が居ません。この状況で専門外の診察・治療を引き受けることは非常にリスクが高いと思いました。


更に、大動脈瘤は医師泣かせのやっかいな疾患で、もし入院中に破裂して不幸な転帰を辿れば高率に訴えられ敗訴します。個人的には最もトラブルの多い疾患のひとつという認識です。


このようなことを総合的に考慮した結果、やはり心臓血管外科医の居ない施設でこの方を受け入れることは難しいと判断して、速やかに他院を受診していただくことになりました。


腹部大動脈瘤破裂などの発生したときのダメージが致命的な疾患がときどきあるので、医師は常にアンテナを張ってトラブルに巻き込まれないように心掛ける必要があると思いました。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    

          
          整形外科研修ノート (研修ノートシリーズ)


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。