整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

基節骨骨折

保存的治療のコツ: 基節骨・中手骨骨折

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本整形外科学会雑誌 Vol.91 No.7 July 2017の教育研修講座の石黒隆先生による「手の骨折に対する保存的治療」の続編です。今回は指の基節骨骨折・中手骨骨折の保存的治療です。


参考: 保存的治療のコツ: 橈骨遠位端骨折




指の基節骨骨折・中手骨骨折


基節骨の周囲3/4は腱によって覆われているので、骨折部と腱との癒着をつくりやすいです。従来の機能的肢位に3~4週間固定すると、下記のような機能障害を残す可能性が高まります。

  1.  MP関節の伸展位拘縮
  2.  骨折面での腱との癒着
  3.  回旋変形
  4.  偽関節


保存的治療としては、Burkhalterらが初めてMP関節屈曲位での早期運動療法を行いました。一方、石黒先生は、MP関節だけを屈曲位に保持する早期運動療法を行ってきました。



22 - コピー

(日本整形外科学会雑誌 Vol.91 No.7 July 2017の454より転載)



上図がMP関節屈曲位での早期運動を可能にするナックルキャストという外固定です。MP関節が70~90度屈曲位になるように保持することが重要です。


中手骨骨折では頚部骨折の頻度が高いですが、30~40度の屈曲転位を残しても、しっかりした握りが可能なら機能的問題はありません。ナックルキャスト作成の要点は下記のごとくです。


  1.  徒手的に整復し、指を最大屈曲位に保持して回旋変形のないことを確認する
  2.  MP関節を屈曲位に保持する
  3.  2インチ(5㎝)幅のソフトキャストを使用する
  4.  手と指の背側部分を折り返して厚く巻き、指の掌側部分はできるだけ薄く巻く
  5.  術者は片手の母指を患者の掌にあてがい、もう一方の術者の掌で患者の指を圧迫してMP関節の屈曲位を保持
  6.  余分なギプスを除去する


上記のナックルキャストは、受傷後4週間行います。粉砕骨折では1~2週間延ばすこともあるそうです。とにかく早期から指の屈伸運動を開始することが重要です。





★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく実践的な医学書です。


 







小指基節骨骨端離開の整復法

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の午後は、小指基節骨骨端離開(S-H type 2)の経皮的骨接合術を施行しました。
単純X線像では基節骨基部で骨折しており、遠位側が尺側・掌側に角状変形していました。



AP



麻酔下に徒手整復を試みましたが、尺側・掌側への角状変形を全く整復できませんでした。
cross pininngすればいいやと簡単に考えていましたが、整復の段階でつまづきました。


どうしても骨折部の整復ができなかったので、
Kapandji法に準じて背・尺側から1.2 C-wireを徒手的に刺入しました。そして、intrafocal pinとして遠位側骨片に刺入して整復を図りました。



整復中



intrafocal pinを遠位側骨片に刺入することで、整復位と骨折部の安定化を同時に得ることができました。intrafocal pin刺入後は、cross pinningを施行するだけです。



術後AP



intrafocal pinはそのまま刺入しておきます。やはり、中節骨や基節骨などの手指の骨折の整復が難しい症例では、
Kapandji法に準じたintrafocal pinの使用を検討することをお勧めします。




             ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。
特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく
実践的な医学書です。




                                                   

                                        
            
手の外科の実際                       私の手の外科―手術アトラス








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。