整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

多様性

自分が少数派であることを理解した!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピュー研究所(Pew Research Center)から興味深いレポートが発表されました。
apanese more satisfied with economy, but doubts about future persist です。




57% of Japanese say diversity makes their nation a worse place to live vs 24% say makes it better: Although I have positive mind about diversity because I experienced that in school days, It is rare yet in Japan. 





日本人の57%もの人がは「多様性は我が国をダメにする」と回答しました。一方、多様性は我が国をより良い国にする」と回答した人は、24%にしか過ぎません。


私は、比較的国際色豊かな環境で生活しており、同じような価値観の人が多いので 「多様性」に対してポジティブな人が多いと感じていましたが、どうやら勘違いだったようです。


「多様性」に対する非寛容を、今回のレポートで気付かされました。正直言って、ここまでの数値とは思わなかったです。「類は友を呼ぶ」ではないですが、思い込みは怖いですね。


同時に、自分のコミュニティーの狭さを認識できる人でなければいけないと感じました。おそらく、医師の多くは多様性に対して寛容だと思います。


これは、留学する機会や国際学会に出席する機会が多いことと無関係ではありません。あと、都市部に住んでいる方の比率が高いことも要因となるでしょう。


しかし、そのような世界は、日本人の大多数とは相いれないです。はっきり言って、一般的な日本人の感覚からは、かなり異質なものであると認識する必要があるでしょう。


医師は、医療というごく狭いコミュニティーに属しているだけで事足ります。しかし、閉じた狭い世界から外の世界に踏み出す時は、常識が非常識となる可能性を認識するべきです。


米国でトランプ大統領が誕生した理由や、英国のBREXITが成立した背景は、多様性に対する非寛容が原因と言われています。


遠い異国の話だと感じていましたが、自分の祖国も似たような状況であることに一種の恐怖を感じました。ただ、よく考えたら日本はもともと閉鎖的な国と言われています・・・


経験的にが、医師の場合は多様性に対して寛容な方が、人生はうまくいくような気がします。これは、日進月歩の医療技術の進歩についていくための心構えにも通じます。


多様性に寛容な人は日本でも少数派であることを認識しつつも、多様性に対して寛容でありたい。。。今回のレポートを拝読して強く感じました。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




医師のキャリアパスは多様性が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近、医師のキャリアパスについて考える機会がありました。
若手医師の指導をしているわけでもないのに、なぜいまさら医師のキャリアパスなのか?


実は、2016年5月に開催された医師のキャリア革命での講演がきっかけで、某出版社から書籍化のお声がけをいただきました。自分が書籍の著者になるとは思ってもいませんでした。


原稿作成開始が2016.6.18で、脱稿が2016.8.29でした。その間の約2か月はかなり忙しかったです。読書量はかなり多い方ですが、いかんせん著書の執筆作業の経験はありません。



1
3



上図は作成したファイルの一覧です。出版会社の担当者様から提示された10万文字という気の遠くなるような量の文章を、悲壮な思いで書き上げました。いやぁ~、本当に苦しい2か月でした。


最初の3万文字ぐらいで、先が見えなくてくじけそうになりました(笑)。あと、自分の国語力の無さに愕然としました。数学や英語も大事ですが、最も重要なのは国語であることを痛感しました。


この悲壮な(?)2か月間、不動産・旅館業・空室対策支援事業は自動運転化しているから問題無かったのですが、医師としての業務とBARの開業準備が非常に苦しかったです・・・




私の与太話はさておき、 書籍の中では医師のキャリアパスを考えました。内容的には「勤務医」「開業医」とは違う「医師としての自由をつかむための第3のキャリアパス」です。


そのネタ探しの過程で、周囲の医師のキャリアパスを観察していました。その結果、医師として成長するためには、ひとつの施設だけでは全くをもって不十分であるという結論に達しました。


新医師臨床研修制度の影響で、ブランド病院での研修を希望する若手医師が多いです。確かに急性期疾患のスキルアップに少しは役立ちそうですが、医療はそれだけではありません。


むしろ、急性期の後ろに広がる広大な(そして本当の意味での医療の本質に近い)領域を学ぶためには、全国から人が集まる大学病院やブランド病院ではほとんど学習機会がありません。


そして幅広いコミュニケーション能力の習得には場末病院での経験も必要です。清濁飲み合わせることができる医師になるには、様々な施設で実地で働くしかないでしょう。


大学病院やブランド病院のような本当に一部の上澄みの世界だけで一生を終える医師はごく少数です。仮に上澄みだけで終える医師であっても「濁」の部分も知っておく必要があります。


それには施設間の多様性に目を向けて、実地で学ぶことが重要だと思います。仮に「濁」の部分に接する機会がアルバイトであっても、それは医師の成長に貴重な経験となるはずです。
 






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






皮膚切開マーキングの工夫

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、大学から医師を招聘して手術を執刀していただきました。
同門なので普段から交流はありますが、一緒に手術に入る機会はあまりありません。


このため、興味深く手術手技を拝見させてもらいました。やはり同門医師といえども、私とは流儀が違います。皮膚切開前から「あっ」と思うことがありました。


通常、皮膚切開部に皮膚ペンでマーキングを行います。閉創の際に縫合部がずれないように、皮膚切開に直交するラインを1cm間隔で引き、円刃の背で軽くマーキングします。


こうすることで閉創の際にも創がずれなるので実践されいる方は多いと思います。しかし、今回の医師は円刃の背でマーキングした後に、もう一度皮膚ペンでラインを引いていました。


結構しつこく円刃の背でマーキングした部位に皮膚ペンでラインを引く姿に思わず笑いそうになりました。しかし、閉創の際に皮膚のマーキング部位がくっきりと確認できました。


従来の皮膚ペン後に円刃の背でマーキングするだけの場合と比べて、その後に皮膚ペンでラインをもう一度追加で引いた方が明らかにはっきりとマーキング部位を視認できます。


術野を洗浄するので、従来法ではマーキングが薄くなって部位が良く分からなくなることが多いです。しかし、この方法だと最後までマーキングがくっきり分かります。


つまらないことかもしれませんが、私はこの工夫に感心しました。早速、翌日の手術から実践させてもらいました。先日も述べたように多様性は重要だと思いました。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








シーツ固定にステープラーは有用

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、上腕骨近位端骨折の手術がありました。
今回は前立ちで手術に参加したのですが、シーツ掛けで興味深い手法を目撃しました。


執刀医の医師は同じ大学の同門なのですが、医局人事でローテーションしてきた病院が全く異なるため、私とは異なるカルチャーで育っています(笑)。


私のしる限りでは、シーツを留める方法は、下記のいずれかです。

① シーツ鉗子を使う
② シーツ用のテープを使う
③ 絹糸等で患者さんに縫い付ける


しかし、この医師はスキンステープラーでシーツを留めていました。シーツ越しに患者さんの皮膚にステープラーを打つのではなく、シーツ同士をステープラーで留めていました。


一箇所に付き、2~3のステープラーで留めるだけですが、迅速・手軽・しっかりとシーツ同士を固定することができていました。


そして、①のように大きな異物がイメージに映ってしまうことはなく、②よりは安価で、③のように患者さんの皮膚を傷めることもありません。


これはなかなか秀逸な手法だと思いました。病院の垣根を越えて異なるカルチャーに遭遇することは、お互い良い影響を与え合うため多様性の観点からも推奨されると思います。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。



                                             

                                  
AO法骨折治療




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。