私は数年前に、大腸がん検診の一環として CF を施行していただきました。ご存知のように CF の際には前日から前処置が必要で、かなり苦しい一日だったことを記憶しています。


CF 前日はほとんどトイレに入り浸り状態で、漏らしたりしないか心配で夜寝るのも不安な状況でした。。。


そして検査自体もなかなか精神的・肉体的な苦痛を味わうものであり、正直言ってそんなに再々と検査したいと思うようなものではありません。


しかし現在は食事が欧米化しているため、日本人の死因としても大腸癌は非常に大きなウエイトを占めています。


自分の身を守るためには、ある程度の頻度で CF を施行せざるを得ないと考えています。それでは一体、CF の施行期間感覚はどれくらいが妥当なのでしょうか?


お伺いした消化器内科の先生によってまちまちですが、だいたいの総意として 5年程度という先生が多い印象でした。


全米総合がん情報ネットワーク(NCCN)による大腸癌ガイドラインでは、CF の結果が陰性の場合には再検査の推奨期間を10年としています。


今ではこの推奨を裏付ける明確なエビデンスは存在しませんでした。ところが今回 JAMA Intern Medで、
CF の結果が陰性の場合は再検査の推奨期間が10年という結果がでました。


CF の陰性者を対象とした大規模な後ろ向きコホート研究で、10年後の大腸がん発生リスクは、検査を受けてない人の半分以下であったとの報告がありました。


この研究報告は、私にとっても非常に朗報だと感じました。CF を 5 年に1度受けていかなければならないというのは非常に憂鬱なものです。


しかし、5年毎ではなく10年毎であればまだ許容できそうな気がしたからです。ちょっと自分に甘いかもしれませんね(笑)






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★