整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折

大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折にご注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前は出張先での外来でした。
先週に80歳台前半の女性が1週間前からの突然の右股関節部痛で受診されました。


単純X線像で少しだけ右股関節関節裂隙の狭小化を認めました。立位の骨盤はかなり後傾していました。念のため週末にMRIを予約して、本日はその結果説明に受診されたのです。


T1WIで大腿骨頭軟骨下に低輝度領域、fat suppressionで大腿骨頭~転子部の高輝度領域を認めました。T1WIでの低輝度領域は骨頭軟骨下に沿うような(つまり中枢凸の)帯状領域でした。


診断は、大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折(subchondral insufficiency fracture of femoral head: SIF)です。この骨折は骨粗鬆症などに起因する骨脆弱性がベースとなって、骨盤後傾例などで荷重が大腿骨頭の一部分に集中することで発生します。


初期の変化はMRIを施行しないとなかなか捉えられないので注意が必要です。単純X線像で何も所見が無いのでしばらく経過観察していると、2ヶ月ほどで大腿骨頭が無くなっていた!という例も散見します。


SIFは一度発症すると関節適合性が破壊されるので、そのまま放置すると変形性股関節症もしくは急速破壊型股関節症(RDC)に移行することが多いのです。


SIFは高齢者に多く発症するので、痛みが高度の場合には早期にTHAを施行することが望ましいと思います。少しだけですが、手術時の注意点はこちらに記載しております。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術



大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折に対するTHA

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の午前の手術は人工股関節全置換術(THA)でした。
大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折(subchondral insufficiency fracture of femoral head: SIF)の症例でした。


手術自体は、通常の変形性股関節症と変わりませんが、やはり骨質が悪いので寛骨臼のリーミングの際には軟骨下骨を全て掘削してしまわないよう注意が必要です。


SIFの場合、特発性大腿骨頭壊死症(ION)との鑑別が問題になります。
まず、単純X線像ですが、SIFでは骨盤が後傾していることが多いです。


MRIでは、IONはT1WIで有名な末梢側凸のバンド像を認めますが、SIFでは大腿骨頭直下に中枢側凸の帯状低信号領域を認めます。


まあ、診断を間違えても若年者でなければ、治療はTHAなので問題ないのですが・・・。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。