整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

宝くじ

毎月買おう!自分だけの宝くじ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の光速の支払いに関連した話題です。
私は下記のようなステップで、資産形成手法を発展させてきました。

  1.  金融資産投資   (2000年~)
  2.  不動産投資    (2004年~)
  3.  スモールビジネス (2011年~)


①では超長期逆張り投資、②ではドミナント戦略をメインに据えています。 これらの戦略や投資手法は、基本的に参入タイミングは同じで、投資する対象が違うだけです。


根底に流れている思想は共通しており、「良いもの」 を「激安」で購入するという、とてもシンプルなものです。このため、①②で考え方に齟齬が生じることはありません。


しかし、③のスモールビジネスに関しては、少し趣が異なります。スモールビジネスは、基本的にアイデア・人脈・資金を有機的に結び付けて、無から有を創り上げる作業だからです。


このため、①②では最重要の課題である「購入時期」は、スモールビジネスでは決定的に重要ではありません。もちろん、レッドオーシャンに参入することはご法度です。


しかし、レッドオーシャンはタイミングというよりも単なる状態を示す言葉なので、 ①②のように10年~20年来最安値を狙っていくなどという発想はありません。


むしろ、そのようなことを考えていると、スモールビジネスでは 確実に参入タイミングを逃して負けてしまいます。スモールビジネスでは思い立ったが吉日、すぐに行動する必要があります。


アイデアを思いついたら、詳細にシミュレーションしてみます。そして「イケる」となったら、思い切って資金を投入してみるのです。


しかし、虎の子の現金を投入することは勇気が要ります。このハードルは高いですが、迷ったら「月々のキャッシュフローの範囲内だからダメでも1ヵ月損するだけ」と思うようにしています。


先日お話ししたスノーボールが大きくなってくると、月々のキャッシュフローも大きくなります。そして、資産やビジネスからのキャッシュフローは、寝ていても自動的に入ってくるものです。


その勝手に入ってきたキャッシュフローを、新規スモールビジネスや築古木造戸建に思い切って投入するのです。尚、新規投資金額は月々のキャッシュフローを超えないようにしています。


こうすることで、(どうせ勝手に入ってきたお金だという)精神的な安定を得ながら、果敢に勝負することができます。言い換えると「自分だけの宝くじ」を購入していることと同義なのです。


スモールビジネスで成功する方が、宝くじで高額当選するよりも圧倒的に確率が高いです。私はこのように考えることで、積極的に小さなチャンスに対する賭けを続けています。


もちろん、投資するべきスモールビジネスや築古木造戸建が毎月あるわけではありません。基本的には銀行口座にブタ積みなのですが、死蔵されたお金ではないことが重要なのです。


チャンスがあれば、果敢にチャレンジしてみる。月々のキャッシュフローの範囲内なら、失敗してもノープロブレムです。





★★ 管理人監修の「医師のための築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





ちっぽけだけど、知的財産権を取得!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日常診療していると 「こんなのが在ればいいなぁ」 って思うことが時々ありませんか?
すぐに忘れてしまいがちですが、そんなところにもメシの種が眠っているかもしれません。


例えば、鎖骨骨折の際に鎖骨固定帯(クラビクルバンド)を使用しますが、独り暮らしのために患者さんだけで装着することが難しいケースが多いです。


この問題を解決する方法が無いかな? と思っていたところ、ストラップ部分を従来の鎖骨固定帯よりも長くすれば自分独りだけで装着できることに気付きました。


我ながらコレはなかなかナイスなアイデアだ! と思ったのですが、これだけでは単なる思い付きに過ぎません。このアイデアを活かすには、知的財産権を取得する必要があります。


私は、友人と広告関係の共同事業を行っていますが、この事業に関連した特許を取得しています。彼は日本を代表する大企業に勤めていますが、このあたりの事務処理に長けています。


彼がサクサクと特許を取得するのを見ていたので、アイデアを活かすには知的財産権を取得するべきだと考えました。このような場合、特許事務所の弁理士に依頼することになります。


特許事務所に相談に行くと、今回のアイデアでは特許権や実用新案権の取得は難しいが、「意匠権」は取得できる可能性があるとのことでした。アイデアの法的保護には意匠権で充分です。


そこで特許事務所を通じて意匠権の登録出願を行いました。費用は手数料10万円+印紙代16000円でした。一旦拒絶されましたが、軽微な補正手続きをしたところ登録が受理されました!


登録料として印紙代25500円+成功報酬65000円を納付して、晴れて意匠権を獲得しました。3年後に4~20年分の印紙代16900円 / 年+手数料10000円を納付する予定です。


今回の意匠権の登録出願に要した時間は1~2時間です。新規性・デザイン・使用法を箇条書きした上で弁理士さんに実物を預けると、あとはこちらが何もしなくても登録を出願してくれます。


年間約3万件の登録申請が出願され、登録率は80~90%です。このように、知的財産権を取得するためには約20万円ほどの費用がかかりますが、意外なほどハードルが低いです。


かなり高い確率で意匠権の登録は可能なので、素晴らしいアイデアを思いついた際には、費用はかかりますが思い切って知的財産権を取得するのも一法かもしれません。


今後は業者さんに今回のアイデアを売り込もうと思います。具体的には候補企業の知財部に問い合わせて、あわよくばライセンス契約を締結したいところです。


もしライセンス契約が締結されて使用料が入ってくると、不動産収入・事業収入・株式配当・太陽光売電収入に加えて新たな収入源が生まれます。


残念ながら手を挙げてくれる企業が無くても知的財産権を保有するメリットはあります。将来、今回のアイデアを商品化する企業が現れれば、知的財産権の侵害で訴訟を提起できるからです。


つまり、知的財産権は多少高額な「宝くじ」のようなものですが、宝くじよりも遥かに「当たる」確率が高いと思います。斬新なアイデアがあれば、知的財産権を取得することをお勧めします。


★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。