整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

尿酸値

大腿四頭筋停止部の痛風発作

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は外来でした。
2週間前から誘因なく膝前面の痛みが出現して、痛みが続くという40歳台男性が受診されました。


大腿四頭筋の膝蓋骨停止部に一致して軽度の腫脹・熱感・圧痛・発赤を認めました。単純X線像では石灰化等の異常所見を認めませんでした。


発症時に他院の整形外科を受診したところ、蜂窩織炎を疑われて抗生剤を3日分投与されたそうです。その時の採血結果を持参されており、WBC/CRP 11000/5.1mg/dlでした。


しかし興味深いことに尿酸値(UA)も高値で8.2mg/dlありました。念のため本日も採血して血液生化学データを確認するとWBC/CRP 8000/1.1mg/dlと軽快していましたがUA 9.3mg/dlでした。


経過や検査結果からは痛風発作である可能性が濃厚となりました。一般的には下肢の関節に発症するケースがほとんどですが、ときどき今回のように腱の骨停止部に発症することがあります。


私自身も大腿四頭筋の膝蓋骨停止部の痛風発作は初めて診ましたが、アキレス腱停止部の痛風発作があるくらいなので大腿四頭筋に起こっても不思議ではないと思います。


痛風といえども個人差が大きく、診断するだけでも難しいケースがあることを痛感しました。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
骨粗鬆症と高尿酸血症のガイドラインです。エビデンスに基づいた治療指針を学べます。


                                          

           骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン〈2011年版〉



                      

           高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版

尿酸値だけ下げてもなあ・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は、出張先での外来でした。
整形外科で外来をしていると、ほぼ毎回のように痛風(高尿酸血症)患者さんの方を診ています。


高尿酸血症に至る原因として体質的に尿酸排泄能力が劣る方よりも、普段の生活習慣が原因となっている方の割合が多い印象です。特にアルコールを多飲する方が多いです。


この方達の問題点は、自分がアルコールを多飲している意識に乏しい(?)ことです。例えば今朝の方は、毎日ビール500ml×2本+焼酎1合を愛飲しているそうです。


これだけ毎日飲んでいるのですが、ご本人は「お酒の量は普通です!」とおっしゃられます。多飲を自覚して言っているのか、本当に周囲の方が同じぐらい飲む環境なのかは不明ですが、このような方が多くて本当に困ります。


フェブリク投与で見事に尿酸値は下がりますが、GOT/GPT/γ-GTP/T-CHO/TG等は軒並み高値です。まさに”臭いモノに蓋をしているだけ”の状態だと感じるのは私だけでしょうか???


もし、この方達が禁酒(減酒)すれば高尿酸血症の薬物治療さえ必要ないのかもしれません。しかし禁酒(減酒)か薬物治療のどちらを選択するか訊くと、ほとんどの方が薬物治療を選択されます。


実際、私もお酒は大好きなので、この方達の心情はある程度理解できます。しかし、あきらかに寿命を縮めている生活習慣なのに、それを説明しても誘惑には勝てないんですね・・・。


肝機能障害・蛋白尿で内科に紹介しても、禁酒だけ指示しましたというツレナイ返事しか返ってこないので、整形外科で高尿酸血症の治療を延々と継続することになります。何か良い方法がないものでしょうか?



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
骨粗鬆症と高尿酸血症のガイドラインです。エビデンスに基づいた治療指針を学べます。


                                          

           骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン〈2011年版〉



                      

           高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版

アルコール依存症の高尿酸血症治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は、出張先での外来でした。
整形外科で外来をしていると痛風(高尿酸血症)の方が多いです。


体質的に尿酸排泄能力が劣る方は薬物治療だけで問題無いことが多いですが、やっかいなのはアルコール依存症の方です。


アルコール依存症の方は、多飲のために尿酸値が高値になっているだけではなく、肝機能も障害されていることが多いです。つまり、いくら薬物治療で尿酸値だけ下げても、その方の生命予後を変えることができないのです。


皆様もご存知のように、このような方には外来で何度禁酒を勧めても無駄です。高尿酸血症の治療は痛風発作を抑えるという、言ってみれば臭いモノに蓋をしているだけの状態だという無力感に駆られるのは私だけでしょうか?


心療内科医・肝臓内科医・整形外科医が一体となって治療にあたるのがベストなのでしょうが、そこまでされている施設はあまりないのでしょうね・・・。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

       
       総論   (診察・診断、治療全般、骨折・外傷、周術期管理)
 

       各論   (手の外科、肩関節、脊椎、股関節、膝関節、足の外科、腫瘍)

       その他 (関節リウマチ、痛風・高尿酸血症、骨粗鬆症、専門医試験)



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。