整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

帯状疱疹

痒いだけの帯状疱疹?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、入院中の方の左下腹部に皮疹ができて痒がっているとの連絡を受けました。診察したところ、発赤を伴う皮疹です。腰部から下腹部までの帯状皮疹です。


どうみても帯状疱疹のような・・・。しかし、疼痛はなく掻痒感のみとのことです。少し耳が遠い方なので、大きな声で何度も問いかけますが、やはり痒いだけで痛くはないとのことです。


疼痛がなくて痒みだけある帯状疱疹ってあるのか? と思いながらも皮疹は帯状疱疹っぽかったので、ゾビラックスを処方しました。


やはり、腑に落ちないので調べてみると、帯状疱疹でも稀に痒みだけの例があるそうです。そもそも、痒みも疼痛も自由神経終末で受容され、ともにC繊維で大脳皮質へ入力されます。


痒みと疼痛は全く同じ神経で感じているわけではないようですが、知覚神経の中でもかなりお互いに影響を及ぼしあっているそうです。


このため、通常は疼痛を感じる帯状疱疹であっても、痒みとして発症するケースもあるようです。退場疱疹=疼痛と思っていましたが、痒みや痛痒いというパターンも存在します。


特に高齢者などの免疫機能が低下している症例では、注意が必要なのかもしれません。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



帯状疱疹は赤い斑点に注目!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日から立て続けに片側腰背部のピリピリ感を主訴にした患者さんを診察しました。両名とも発症から2日ほどで、「腰痛」「背部痛」が主訴でした。


受付の段階では「腰痛」「背部痛」でしたが、よく問診を取ると痛みというよりも服が擦れたときに痛いという訴えでした。これは帯状疱疹の症状である可能性を考えなければなりません。


しかし、まだ発症から間が無いので、両名とも特に皮膚症状はありませんでした。たまたま近くに皮膚科医師が診察されていたので、思い切って相談してみました。


状況判断的に帯状疱疹が疑われても、やはり皮膚症状が出ていない患者さんに対して抗ウイルス薬を投与することはあまり無いようです。


それはそうだなと納得しましたが、その際に帯状疱疹についての簡単なレクチャーを受けました。私が見たことのある帯状疱疹は全て小さな水疱を伴う状態でした。


しかし、初期の段階では水疱ではなく、単なる赤い斑点だそうです。帯状疱疹というと、小さな水疱が無いか?を探していましたが、初期段階では水疱ではなく赤い斑点を探すべきなのです。


う~ん、そうなのか・・・。もしかしたら、帯状疱疹の初期段階の患者さんを見逃していた可能性を否定できません。これからは水疱だけでなく赤い斑点を探していこうと思います。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
 一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。








姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








帯状疱疹はワクチンで予防できる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneで興味深い記事がありました。
VZV特異的細胞性免疫の低下が帯状疱疹を招く です。




帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛(PHN)は激しい痛みをもたらす疾患だが,高齢化の進行で患者数が増え続けており緊急の対策が求められている。米国では高齢者の帯状疱疹予防に高力価の水痘ワクチンが用いられており,日本でも水痘ワクチンの適応拡大が申請中である。


水痘と帯状疱疹は同じウイルス(varicella -zoster virus;VZV)によって起こるとはいえ,病態の異なる2疾患がなぜ同じワクチンで予防可能なのか。その理論的背景として,香川県の小豆島で行われた大規模前向き疫学調査The Shozu Herpes Zoster Study(以下,小豆島スタディ)があった。


小豆島スタディは,小豆島の50歳以上の住民を対象に,2008年4月〜13年3月にかけて実施された。登録者をA調査の6,837人,B調査の5,320人,C調査の365人(60歳以上)に振り分けた。調査期間は登録時より3年間で,月1回,帯状疱疹症状の有無などを尋ねる電話調査を全例で行い,B調査では登録時の皮内テスト,C調査では登録時および1,2,3年後の皮内テストと血液検査を追加した。  


調査を行った3年間の帯状疱疹発症者は396人,年間発症率は1.07%だった。これは米国のOxmanらの報告に近似した数値である。PHNの発症者は56人で,帯状疱疹からの移行率は14.1%だった。性別では,男性137人(年間発症率0.83%),女性259人(同1.27%)と,女性の発症が多かった。年齢層で検討すると,男女とも70歳代にピークがあり,80歳以上で低下していた(図1)。


図1



皮内テストで紅斑長径を測定できたのは5,527例で,平均値は14.24mmだった。男女間で差はなかったが,年齢上昇にしたがって紅斑は有意に小さくなっていた(図2)。


図2


また,過去の帯状疱疹罹患歴で比べると,「なし」例で有意に小さかった。奥野氏はこれらの結果から「VZVに対する細胞性免疫は加齢で弱まり,帯状疱疹罹患で増強する」とした。


一方,C調査群では対照的な結果が得られた。いずれの検査法でも60歳代<70歳代<80歳代と,加齢に伴い液性免疫が有意に強まっていたのである。すなわち,VZVに対する細胞性免疫は加齢で弱まるが,液性免疫は増強することが確認された。


登録時の皮内テストで紅斑長径を測定した5,527人からは,期間中に170人が帯状疱疹を発症した。この発症の有無で平均紅斑長径を比較すると,発症者の8.411mmに対し未発症者は14.425mmと発症者の紅斑が著明に小さかった。両者の差は,性,年齢,帯状疱疹罹患歴を共変数とする共分散分析でも有意であった(P<0.0001)。PHNについて検討を行うと,発症者29人の平均紅斑長径は5.788mm,未発症者は14.285mmと,帯状疱疹と同様の結果が得られた。  


そこで,全例(5,527例)を紅斑長径5,10,15,20,25mmで6群に分け,帯状疱疹の発症率を比較した。すると,全例の発症率は1.03%だったが,5mm未満例は2.49%,25mm以上例は0.33%と,紅斑が小さいほど発症が多いことが確認された(図3)。同様に,PHNの発症率は全例では0.17%だったが,5mm未満例では0.61%と著明に高い値だった。この成績から,VZV特異抗原を用いた皮内テストが,帯状疱疹発症を予測するマーカーとなりうることが示された。






さらに,帯状疱疹発症者の皮膚症状と痛みの重症度をスコア化した検討からは,重症度と皮内反応(紅斑,浮腫)の強さが逆相関することが確認された。以上の結果は,VZV特異的細胞性免疫の低下が,帯状疱疹の発症と重症化,PHNへの移行に強く関わることを示唆している。加齢に伴い帯状疱疹の発症が増えることは広く知られ今回の研究でも確認されているが,VZVに対する細胞性免疫は加齢で低下し,液性免疫は逆に増強することが見いだされた。液性免疫が重要な水痘とは異なり,帯状疱疹の発症には細胞性免疫の低下が決定的である点が示されたのである。  


この点からは,帯状疱疹予防におけるVZV特異的細胞性免疫増強の重要性が見えてくる。2003年に高橋らは,50歳以上の被験者に水痘ワクチン(岡株,微研)を接種。前後で皮内テストを行った結果,接種前に陰性(紅斑長径5mm未満)であった被験者の88%が陽転し,66%が10mm以上になったと報告した。すなわち,水痘ワクチンがVZV特異的細胞性免疫を増強する点は確認されている。  


小豆島スタディと高橋らの成績から,水痘ワクチン接種が高齢者の帯状疱疹予防に有用であることが推測される。





帯状疱疹は、初診で整形外科医が診察することが多いです。今回の研究でも示されているように高齢者に多いので、頸椎症性神経根症・肋間神経痛・腰部脊柱管狭窄症と紛らわしいです。


また、帯状疱疹の既往がある待機手術の患者さんでは、術後に帯状疱疹を併発して帯状疱疹後神経痛(PHN)に移行する可能性があり、主治医としても気を使います。


以前、帯状疱疹の予防効果に期待して、みずぼうそう予防の水痘ワクチンをTHAの術前に施行したことがありますが、今回の研究はその妥当性を示唆しています。


高齢になるにつれて低下するVZVに対する細胞性免疫を補う意味でも、早く日本でも米国のように帯状疱疹ワクチンが承認されれば良いですね。




★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★



        





頭痛の鑑別には帯状疱疹も!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、私の受け持ちの80歳台の入院患者さんを回診した際に、ベッド柵で右後頭部を打ってから頭痛が続くと訴えられました。


診察しましたが、身体所見・神経学的所見とも特に異常をみとめませんでした。現時点では打撲なので様子を見ましょうと患者さんに説明しました。


翌日の回診の際に、今日は気が進まないのでリハビリテーションはお休みにしたいとおっしゃられました。この方は認知症もなく自分の意思ははっきり伝えることができます。


少しだけですが、いつもと異なる雰囲気に違和感を覚えました。その日はリハビリテーションを休むことを了承しましたが、明日はがんばってくださいねと伝えました。


そして翌日ですが、回診時にまだ頭痛が続いていました。今日もリハビリテーションを休みたいとのことです。う~ん、頭部CTを撮影した方が良いのかな? と思いながらベッドを離れました。


その後は他の患者さんの回診を続けていたのですが、ベテラン病棟看護師さんからPHSで連絡がありました。曰、右後頭部に多数の水疱形成を認めるとのことでした・・・


再度、患者さんを訪床して後頭部を診察すると確かに右半分だけ水疱形成しています。一見して帯状疱疹ではないですか・・・。


以前、脳神経外科から回ってきた大後頭神経領域の帯状疱疹をブログに記載しましたが、ベテラン看護師さんの指摘が無かったら私も同じ轍を踏んでしまうところでした。


エラソーに「脳神経外科医は頚部~後頭部の痛みは整形外科へという方程式に少しバリエーションを加えて欲しいと思いました」と述べましたが、私は不遜で思い上がっていたようです。



初心に戻って診療に対して謙虚になるとともに、コメディカルの協力は医療を安全に行う上では欠かせない要素であることを再認識しました。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
 一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。


                      

 症状と患者背景にあわせた頻用薬の使い分け―経験とエビデンスに基づく適切な処方





姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。


                       


       類似薬の使い分け―症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる



術前の帯状疱疹予防法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、人工股関節全置換術(THA)を施行しました。
OA自体は特に問題ありませんが、殿部に帯状疱疹後神経痛(PHN)を罹患していました。


PHNの痛みはリリカで充分にコントロールできています。しかし、手術によって免疫力が低下した場合には、術創部に帯状疱疹を併発する可能性があります。


術創部に帯状疱疹を併発した場合、術創部に水疱形成して感染の原因となり得ます。米国ではZOSTAVAXという帯状疱疹ワクチンが承認されており、60歳以上の方に接種されています。


日本では未承認なので帯状疱疹ワクチンを接種できませんが、みずぼうそう予防の水痘ワクチンでも帯状疱疹の予防効果が充分に期待できるそうです。


一方、術後の帯状疱疹併発予防にゾビラックス等の抗ウイルス薬を術前投与することも検討しましたが、さすがにやり過ぎだと思いこちらは断念しました。


幸い、術後に帯状疱疹を併発すること無く無事退院することなりましたが、水痘ワクチンを接種したからと言って完全に帯状疱疹併発を予防することはできません。


結果オーライだったのですが、今後このような症例に遭遇した場合にも今回と同じ対応でよいのか自信ありません。どなたかご存知の方がいらっしゃれば御教示いただきたいものです。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。