整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

年収

年収を簡単にアップする方法!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日読んだ書籍に、「普段お付き合いしている友人5人の平均年収があなたの年収にあたる」ということが書かれていました。そこで、本当にこの説が正しいのかを検証してみることにしました。


「身近な人」の定義は、少し難しいと思います。まず思い浮かぶのは職場の同僚などの仕事関係の人ですが、単に接触する機会や時間が多いだけの人は「身近な人」とは言い難いと思います。


気心の知れたプライベートでも付き合いのある人からからさまざまな影響を受けやすいので、同僚などとは関係なく最も影響を受けていると思う方のトップ5を思い浮かべてみました。


ストレートに年収を訊ねるほどデリカシーが無いわけではないのですが、仲が良いとだいたいの所得水準は分かります。すると、確かに5人とも私とほぼ同レベルの所得を得ている気がします。


確かに私の実感でも、「普段お付き合いしている友人5人の平均年収があなたの年収にあたる」という説はほぼ当たっているようなのです。


そして驚いたことに、普段お付き合いしている友人5人の中に同門の先生や大学の同期はひとりも居ませんでした。そういえば彼らとは最近疎遠になっていることに気付きました・・・。


別に避けているわけではないのですが、積極的にこちらからアプローチしようという気が起こらないことが原因かもしれません。話をしていても新しい発見が無いので、あまり面白くないのです。


この書籍では、「自分よりも平均年収の低い人とはあまり付き合わないようにすることで、自分の年収を上げることができる」 と説いていましたが、表面的には真実だと思います。


ただ実際には「平均年収の低い人とは付き合わない」ではなく、「惹かれるようにして興味を感じる人と付き合うと、彼らは自分よりも高額所得者だった」という流れではないでしょうか。


一般的には、勤務医であっても年収1000~1500万円程度はあるので、医師はいわゆる高額所得者です。しかしその中に埋もれていると、無意識にその程度の年収で満足してしまいます。


世の中、「類は友を呼ぶ」が真実なので、自分を引き上げるためには、まずは周囲の友人にも気を配る必要があるのかもしれませんね。




                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




勤務医の現実を理解する その2

このエントリーをはてなブックマークに追加


勤務医の現実を理解する その1 のつづきです。


私は病院勤務医なので、自分の置かれている状況を考えてみたいと思います。勤務医は年収1000~1200万円程度の方が多いと思います。これは全給与所得者のうち、上位5%程度に位置します(
統計元:国税庁 平成20年 民間給与実態統計調査結果)。


 

では年収1000万円の手取りはいくらかと言いますと、ざっくりですが700~800万くらいです。住居費や生活費を除くと自由にできるのは、年額で約300-400万円程度ではないでしょうか。子供が大きくなると、教育費も大幅に増えるのでほとんど家計に余裕が無くなります。


他の職種の方に比べると良い状況なのでしょうが、背負っている責任・労働量・訴訟リスクを考えると少し割りに合わないように感じます。ドクターは高給取りだからいいよね~とよく言われましたが、そんなに余裕があるわけじゃないんだけど・・・と思っていました。


その3 につづく

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。