整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

急性腰痛症

60歳台のぎっくり腰?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、外来をしていると60歳台女性が「ぎっくり腰」を主訴に初診されました。
60歳台でぎっくり腰??? 本当かな。。。


私の経験上、いわゆる「急性腰痛症」は若年者の疾患という認識です。今回の患者さんは、人を抱きかかえてから腰痛が出現したそうです。


教科書的には脊椎圧迫骨折を疑うべき状況です。しかし、身なりがしっかりして、いかにも若々しい外観の方だったので、どうも圧迫骨折とイメージが結び付きません。


単純X線像では明らかな骨折を認めませんでした。しかし、L4椎体前壁が僅かにくびれているようにも見えます。 L4に圧痛・叩打痛ともありません。疼痛はあるものの普通に歩行しています。 


う~ん、どうしよう。。。 かなり迷いましたが、過剰医療だったらスミマセンと説明した上で、思い切ってMRIを依頼してみました。


すると、やはりL4圧迫骨折だったのです。立ち上がれないほどの痛みではなく仕事もしていたようですが、れっきとしたL4圧迫骨折でした。さっそくフレームコルセットを採型しました。


今回の患者さんを経験して更に確信を深めましたが、60歳台以降で動作が制限されるほどの、若年者のような「ぎっくり腰」 という病態は稀なのではないでしょうか?



この年代以降では、いくらご本人が元気そうで軽微な外力であっても、「ぎっくり腰=急性腰痛症」ではなく、脊椎圧迫骨折を第一に考える必要があると思います。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です










その痛み、分かります・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の午前はアルバイト先での外来でした。
比較的若年者の急性腰痛症の方が受診されました。


私自身も、急性腰痛症の既往が2度あります。その記憶がまだ生々しく残っているので、このような方が外来に来られるとついつい感情移入してしまいます。


やはり、あの痛みを
自分でも経験していると、患者さんの苦しみが分かるんですね~。だいたいの治療の目処感も実体験としてリアルに分かるのでいちいち話が長くなります。


このような観点からは医師も病気をすることは一概に悪いことではありません。実は私は高校生の時に交通事故に遭って瀕死の重症を負ったことがあります。


上から言うと、硬膜下血腫、胸椎圧迫骨折、両橈骨遠位端骨折、膝蓋骨開放骨折と外傷のオンパレードでした。今にして思えば、いわゆる重症多発外傷ですね。


当時は非常勤の外科医しか居な小さな病院に収容されて2~3ヶ月入院生活を送りました。非常勤の外科医が多発骨折の治療を行うという今では考えられない状況でした。


この時には両側ともギプス固定だったので、とても不便だったことを覚えています。当時は最悪の出来事(今発生しても最悪ですが・・・)だと思いましたが、ある意味貴重な体験でした。


これだけ整形外科領域の外傷を経験したことのある整形外科医も珍しいと思いますが、今にして思えば患者さんの気持ちを理解する一助になったのかなとも思います。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
 一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。


                      

 症状と患者背景にあわせた頻用薬の使い分け―経験とエビデンスに基づく適切な処方





姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。


                       


       類似薬の使い分け―症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる



急性腰痛症を起こしてしまいました・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は外来でしたが、腰が痛くて途中で同僚に代わってもらいました・・・。自宅で歯磨きしている際に突然腰に痛みが走り、歩くのも難しいぐらいの痛みになったのです。いわゆる急性腰痛症ですね。


大学生のころに急性腰痛症を起こしたことがあるので、人生で2度目の”ぎっくり腰”です。
いや~、本当に痛いですね。


いつも急性腰痛症の外来患者さんに行っているように、ロキソニンを2錠とボルタレン座薬50mgを使用しました。少しましになりましたが、相変わらず歩行が難しいです・・・。


それにしても今回の腰痛は中腰になったわけでもなく、少し腰を捻っただけなのに激痛が走りました。椎間関節の中に出血でもおこったのでしょうか???


とりあえず、コルセット併用で本日のみロキソニン2錠を毎食後に服用しようと思います。
発症日が土曜日だったのでまだ良かったです。これが月曜日発症なら1週間地獄ですね(笑)。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

       
       総論   (診察・診断、治療全般、骨折・外傷、周術期管理)
 

       各論   (手の外科、肩関節、脊椎、股関節、膝関節、足の外科、腫瘍)

       その他 (関節リウマチ、痛風・高尿酸血症、骨粗鬆症、専門医試験)



脊椎由来の疼痛に対する治療法 その1

このエントリーをはてなブックマークに追加


やはり、整形外科の外来では腰痛・膝関節部痛・頚部痛・肩関節痛の方が圧倒的に多いです。


このうち関節由来の膝と肩は関節腔内注射を中心に治療していくので、効果が劇的にあることが多いです。しかし、脊椎由来の痛みに関しては関節由来ほどには効果的な治療法が無いのが現状です。


17年間、いろいろな方法を試してみましたが、最近では基本に戻って鎮痛剤が結構効果的かなと感じています。複合性局所疼痛症候群(complex regional pain syndrome:CRPS)の考え方に準じて治療を行おうしていたら、早期からの積極的な消炎鎮痛剤投与に行き着いたのです。ちなみにCRPSとは、1996年に国際疼痛学会がRSDから名称を変更したものです。


CRPSでは痛みのループができてしまって疼痛が慢性化するのですが、程度の差こそあれ誰でもこのような傾向はあるといわれています。つまり急性腰痛症や外傷性頚部症候群(いわゆる交通事故のむちうち)に対して、早期から積極的に消炎鎮痛剤を投与すると、局所の疼痛誘発物質が洗い流されて疼痛が慢性化しにくくなるという理屈です。


その2 につづく

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。