先日、国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 運動器外科部長の酒井義人先生による慢性腰痛症の治療に関する講演を拝聴しました。


3ヵ月以上持続する腰痛が慢性腰痛症と定義されており、心理的・社会的な要因も加味されるため、急性腰痛症とは異なる治療アプローチが必要となります。


腰痛診療ガイドラインでは、NSAIDsは推奨度の第一段階に相当します。しかし、慢性腰痛では炎症の急性期ではないため、侵害受容性疼痛といえどもNSAIDsの効果は限定的です。


NSAIDsで効果不十分な場合は、第二段階の弱オピオイドを選択します。トラマドールがよく使用されますが、副作用に注意して慎重に増量していきます。


一方、神経障害性疼痛に対する薬剤であるプレガバリンも慢性腰痛に効果があります。慢性腰痛は侵害受容性疼痛だけではなく、神経障害性疼痛の要素も有することが多いです。


このため、プレガバリンは神経障害性疼痛の要素を有する腰痛に、オピオイドは侵害受容性疼痛の強い腰痛に効果的です。併用することで両薬剤の効果が得られます。


私は、両薬剤の副作用に眠気や嘔気があるので併用していません。しかし、今回の講演を拝聴して考え方を改めました。トラマドール+プレガバリン併用を試してみようと思います。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。