整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

成功者

周囲の人と違うことをする勇気

このエントリーをはてなブックマークに追加


アベノミクス以降の長期上昇相場のおかげで、「億り人」が注目されています。もう忘れた人も多いかもしれませんが、民主党政権時代の閉塞感とは打って変わりました。


さまざまな不安要素はあるものの、大きな流れとしては日本の状況は悪くありません。しかし好景気は、お金持ちをますます富ませて格差社会の拡大につながる可能性が高いです。


私は、資本主義社会の中で1代でお金持ちになることは、稼いだお金以上の意味と価値があると思います。もちろん、お金を多く持っていること自体は、額面以上の価値を持ちません。


しかし、成功者を観察すると、周囲の人とは違った人が多いです。彼らは、才能・目標設定の高さ・実現に向けての努力・ハングリー精神・好奇心が、周囲の人よりも桁外れに高いです。


つまり、成功者たちは稼いだお金ではなく、その存在自体に価値があると思うのです。日本で暮らしていると、「周囲の人と違うことをする」ということは、大きなリスクと感じるでしょう。


しかし、将来的に成功する可能性を少しでも高めたいのであれば、若い時から絶え間ない努力を続けることはもちろんのこと、「周囲の人と違うことをする」勇気も持ち続けるべきだと思います。


例えば、サラリーマン(医師なら勤務医)としての成功が出世することだとすれば、それは社長(医師なら大学教授や院長)まで登りつめる可能性に賭けることになります。


しかし、残念ながら社長に登り詰めたとしても、それほど金銭的な成功を得ることはできません。年収でいえば2000万~3000万円程度が、多くの会社(病院)の上限なのです。


しかも出世をするということには、大きな落とし穴があります。社内(大学や院内)での出世に人生を賭けるということは、本人の実力だけではなく運にも左右されます。


つまり、かなり低い確率の事象に人生を賭けるということだからです。私には、このアプローチはあまり適切な選択枝だと思えません。


優秀な若者が、サラリーマンとして生涯で得るリターンと、どこかのタイミングで起業(医師なら開業)することによって得られるリターンでは、後者の方がリターンが高いと思います。


話が脱線しましたが、私達が資本主義社会で生活をしている以上、お金を稼げるかどうかは、その人が成功者かどうかということを判断する重要な指標のひとつです。


言い換えると、成功者の持っているお金には、額面以上の意味と価値があると思うのです。では、俗にいう不労所得(?)で得たお金はどうなのか?


お金には色がありません。例えば朝から晩まで一生懸命働いて稼いだ給料も、投資家が株式の売買で稼いだ利益も、大家さんが得る家賃収入も、お金としての違いは無いと思います。



なぜなら、どの例も、時間・体力・思考力・決断力等の自分の持つ能力を使って取り組んだ結果として稼いだお金だからです。


したがって、稼ぎ方による優劣について(体を動かして稼いだお金が最も尊い等の)感情を挟む余地は無いのではないでしょうか。



だからこそ、どんな分野であっても成功を目指すことは、稼ぐことも含めて意味と価値があることだと思うのです。


そして、若い時から絶え間ない努力を続けることはもちろんのこと、「周囲の人と違うことをする」勇気を持ち続けることが、成功への近道だと思います。





★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







時代背景が成功者を生む

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットで情報を取る方が効率が良いため、私は読売や朝日新聞などの一般紙を購読していませんが、全国賃貸住宅新聞という不動産賃貸の業界新聞は定期購読しています。


現時点では、特定の業界情報をインターネット上で収集することは難しいため、記事のクオリティにかなり問題があるものの全国賃貸住宅新聞を定期購読しているのです。


全国賃貸住宅新聞の2015.8.24号に不動産投資家の近況を伝えるコーナーがありました。顔見知りの不動産投資家や大家さん方もちらほら載っていたので興味深く拝読しました。


不動産投資の内容もさることながら最も興味深かった点は、現時点でそれなりに成功している不動産投資家は、2009~2011年にかけて不動産投資を始めた方が多い点です。


私のように2004年ごろから開始している方は少数派のようです。何故、2009~2011年組が強いのか? その理由を考察する上で、2008年のリーマンショックは外せないでしょう。


バブル崩壊後に不動産価格が最安値をつけたのは2003年ごろです。その後に都心を中心にミニバブルが発生して2006~2007年に不動産価格はひとつのピークを迎えました。


そして、2008年に発生したリーマンショックで不動産ミニバブルは脆くも崩壊します。ただし、絶好のチャンス到来かと思われましたが、物件価格は2003~2004年ほど安くなりませんでした。


そして2012年末に自民党政権が誕生してから日本経済は息を吹き返します。その波に乗って不動産価格も2006~2007年のミニバブル越えを果たしました。


2003~2004年頃ほどではないものの2009~2011年に割安に物件を購入した層が、2013年以降の不動産価格高騰期に物件を売却することで巨額のキャピタルゲインを得ました。


つまり、今回の記事に載っていた方は、この時代の波に上手く乗ることができたのです。では、なぜ2003~2004年ではなく、2009~2011年なのでしょうか?


それは銀行融資のハードルが2003~2004年に比べて2010~2012年で大幅に下がったからです。物件価格は多少割高なものの、銀行融資にチャンスの窓が開いたのです。


このように2000年以降の不動産業界では目まぐるしくチャンスの窓が開閉しています。2003~2004年や2009~2011年参戦はOKですが、2006~2007年や2013年~参戦はイマイチです。


インバウンドのように(※ 私のポジション・トークです)のように現在進行形でチャンスの窓が開いている分野はありますが、2015年現在で不動産に関してはかなり微妙な状況だと思います。 


これは、百戦錬磨の不動産投資家といえども、昨今の物件価格上昇のあおりで物件の仕入れが2009~2011年ほど上手くいっていないことからも読み取れます。


参戦する時期で投資の成果は大きく異なります。つまり、マルコム・グラッドウェルが 天才! 成功する人々の法則 で述べているように、時代背景が成功者を生んでいるのです。


米国のように超長期にわたって不動産相場が強気に推移する可能性も否定はできません。しかし、初心者であればあるほど、過熱した市場に近づかいない方が無難だと思います。



                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。