整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

手技

瞬間接着剤を用いた爪修復のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の爪外傷の補足です。爪甲が割れたときにはアロンアルファ等の瞬間接着剤で修復しますが、接着剤の塗布方法に若干のコツがあります。


          
tsume







 


 (ファミリー薬局から抜粋)



まず、割れた爪同士をぴったり合わせます。すると2つの爪の間から血液もしくは淡血清の滲出液が爪表面に漏出します。これをガーゼ等でふき取って、爪甲表面が乾いた状態にするのです。


これは、瞬間接着剤と爪甲が直接接触して固定性を高めることが目的です。そして瞬間接着剤が固まるまで数分間は爪をぴったり合わせたまま圧迫力を加え続けて待ちます。


これは、瞬間接着剤が爪甲のみを架橋して、爪床に浸潤しないようにすることが目的です。”瞬間”接着剤といえども数分間は待つ必要があるのがピットフォールでしょうか?


表面が硬化すれば出来上がりです。塗布する瞬間接着剤の量が多すぎると、爪郭にこぼれたり固着するのに時間がかかるので、瞬間接着剤の量は少なめがよいと思います。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




自己血貯血のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は午後から自己血貯血を行いました。管理人の勤めている病院では毎週月曜日の午後から、人工関節全置換術施行予定の患者さんの自己血貯血を行っています。


ここ数年、毎週のように自己血貯血を行っているので、自己血採取の技術には相当自信を持っています。まあ、比較的どうでもよい範疇の技術に分類されると思いますが(笑)。


17Gという相当太い針で穿刺するので、太い静脈を捜す必要があります。血管が太い方は問題ないですが、太っている方では皮下のかなり深いところに静脈が埋没していることが多いので、穿刺は難しいことが多いです。


また、太っている方は静脈径も細い傾向にあり、整形外科医泣かせな方が多いのも特徴です。さて、静脈径の細い方に穿刺してうまく血管内に入っても、径が細過ぎるため貯血スピードが極端に遅くなるケースがあります。


このような場合には収縮期血圧と拡張期血圧の間の圧となることを目標にして、比較的緩く上腕を駆血します。すると、収縮期には上肢に血液が流入しますが拡張期には中枢に戻らないため、だんだんと血管が拡張していくので貯血スピードが上ります。


これでも貯血スピードが不十分な場合には、ベッドの高さを上げてやると気圧の助けによって貯血スピードが上がります。このような細かい工夫をしながら苦労して自己血貯血する場合も結構多いように感じます。


もちろん、貯血スピードは速過ぎると危険ですが遅すぎるとルート内で凝血してしまい、採取した血液が無駄になってしまうので注意が必要です。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

       
       総論   (診察・診断、治療全般、骨折・外傷、周術期管理)
 

       各論   (手の外科、肩関節、脊椎、股関節、膝関節、足の外科、腫瘍)

       その他 (関節リウマチ、痛風・高尿酸血症、骨粗鬆症、専門医試験)



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。