整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

抜釘

壊死併発の頚部骨折は抜釘するべき?

このエントリーをはてなブックマークに追加


1年前のことですが、50歳台の患者さんが転倒して大腿骨頚部骨折を受傷しました。単純X線像ではGarden stage 3でしたが、若年だったのでハンソンピンで緊急手術を施行しました。


そして、術後3ヶ月後に股関節のMRIを撮像したところ、残念ながらtype C2の広範な大腿骨頭壊死を併発していました。受傷後5時間以内に手術を施行したのに残念です。


壊死を併発したのは仕方ないですが、内固定材を抜釘するべきか否かで迷っています。大腿骨頭壊死症でtype C2の場合、10年以内に50%程度の確率で大腿骨頭の圧潰を来たします。


今回の患者さんはやや大柄な男性なので、比較的早期に圧潰が発生することが予想されます。ただ、現時点では全く何の症状もありません。


下肢の骨折手術後の抜釘術は、術後1年前後で施行するケースが多いです。しかし、いずれ大腿骨頭が圧潰することが予想されるので、THAを施行する際に抜釘することも可能です。


また、現在挿入されている内固定材が、ある程度は壊死骨の支柱となっている可能性も否定はできません。抜釘によって大腿骨頭圧潰が発生すると患者さんとの信頼関係が損なわれます。


このようなことを検討した結果、現在大腿骨頭に挿入されている内固定材(ハンソンピン)は、抜釘せずにこのまま置いておくことにしました。


そして、将来的に大腿骨頭の圧潰を併発すればカットアウトするリスクがあるので、早々に抜釘術とTHAを施行する方針です。できれば長期間にわたって圧潰せずにもって欲しいものです。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が股関節外科の基礎および治療体系を学習するにあたり最もお勧めの書籍です。日本を代表する執筆陣が股関節外科に関するあらゆる事項を、非常に分かりやすく解説しています。この1冊があれば股関節外科のほぼ全ての疑問点を解消できると思います。


         




前腕骨は再骨折しやすい・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、アルバイト先で外来をしていると、前腕両骨骨折の抜釘術後の患者さんが同部位を再骨折して救急受診されました。抜釘後3週間ほどで転倒して手を付いたそうです。


今回は前回の骨折部位よりもやや中枢のスクリューホールを起点に骨折を併発したようです。抜釘して3週間で、再手術となってしまい非常に気の毒でした。


橈骨遠位端骨折後の掌側プレートの抜釘後に再骨折を来たした症例は経験ありませんが、今回の例も含めて前腕の骨幹部に近い部位での骨折では、再骨折する症例をよく見かけます。


これは前腕の骨幹部骨折だけではなく、尺骨短縮骨切術後の抜釘も含みます。また、非手術症例でも、前腕骨幹部骨折では再骨折する患者さんをよくみかけます。


このため、橈骨遠位端骨折以外の前腕骨骨折では抜釘しない方が良いのでは? と思うようになりました。抜釘する場合も、術後半年はブレース装着を推奨した方がよいかもしれません。


とにかく前腕骨骨折は再骨折しやすいので、骨癒合を得られたからと言って無罪放免ではなく、骨折後(抜釘術後)半年ぐらいはフォローするぐらいの気持ちが必要なのでしょう。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。



                                             

                                  
AO法骨折治療




フックプレートの抜釘で痛み消失

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日は鎖骨外側端骨折後の抜釘術でした。
抜釘した内固定材料はクラビクルフックプレートで、HOMS技研のHAI肩鎖関節プレートです。


形状がアナトミカルでシンセスのクラビクルフックプレートよりも薄いのがメリットです。鎖骨プレートは皮膚直下に設置するのでプレートの厚みは重要なポイントです。


クラビクルフックプレートを用いた骨接合術は簡便で、鎖骨外側端骨折の治療は非常に容易になりました。しかし、やはりフックを肩峰下に挿入することは術後の肩関節痛の原因となります。


今回の方も肩関節を挙上すると、かなり肩関節の痛みがありました。しかし、抜釘後に病室で家族に術後の説明をした際、少し肩を挙上してもらうと痛みは随分軽減したとおっしゃられました。


まだ手術直後にも関わらず、肩関節可動域も若干改善しているように見えました。そして本日に術後回診した際には、明らかに肩の痛みは軽快して関節可動域も広がっていました。


やはり、フックによる肩関節痛がかなりあったようです。術式が簡単で成績も安定しているのでフックプレートを選択してしまいますが、抜釘時期を少し早めた方がよいのかもしれません。



※ クラビクルフックプレートを用いた鎖骨遠位端骨折の手術記録のテンプレートが必要な方は、私の
運営するサイトから自由にダウンロードしていただけます。ただし、手術記録のテンプレートはあくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行っていただけますよう重ねてお願いいたします。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。



                                             

                                  
AO法骨折治療




気付いて良かった・・。抜釘の落とし穴

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、大腿骨転子部骨折に対してCHSで骨接合された方が転倒されて、骨幹部骨折を受傷されました。このCHSは数年前に他施設で施行されています。


単純X線像上、このCHSの機種はCapturedに見えたので通常の六角ドライバーを準備してもらうつもりでした。しかし、単純X線像をよくみるとスクリューヘッドがスタードライブではないですか!


Capturedのスクリューヘッドはスタードライブだったっけ?と思い、メーカーに確認したところ、やはり六角ドライバーとのことです。そしてよくみると微妙にCaptuerdと形状が異なる気がしてきました。


そこで、その病院に問い合わせてみたところ、JMMのCHSであることが判明しました。知らずにCapturedのドライバーしか準備していないと抜釘できずにエライことになるところでした・・・。


他施設施行症例の抜釘は、いつもヒヤヒヤします。何と言っても情報が不足していることに加えて、今回のような思いがけない落とし穴が潜んでいる可能性があるからです。


それにしても今回は気付いて良かったものの、首の皮一枚で助かったようなものです。今後も他施設施行症例の抜釘は注意していきたいと思います。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。



                                             

                                  
AO法骨折治療




抜釘時の折損スクリュー対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の金曜日に脛腓骨遠位端骨折の抜釘術を行いました。
術後1年程度なのですが、脛骨はロッキングプレートでした。


通常のプレートであれば、スクリューが折損したり六角穴が潰れてもプレートを抜去できないことは無いですが、ロッキングプレートの場合には、スクリューが1本でも抜去できないとプレートも抜去不能となります。


したがって、従来以上の注意が必要となりますが、抜釘時のスクリュー折損はある一定の確率で発生します。このような場合に活躍するのが、折損スクリュー抜去セットです。


これを準備しているか否かでは、折損発生時の対応方法が大きく異なります。先週の症例でもスクリューが既に折損していましたが、折損スクリュー抜去セットを準備していたので数分で抜去できました。


尚、折損スクリュー抜去セットには下記状況に対応できるデバイスが揃っています。
 ① スクリューの六角穴が潰れた時 
 ② スクリューが折損して先端が骨内に残った時 


事前に使用方法を予習しておくと、スクリューが折損するトラブルが発生してもスムーズに対応できます。特にロッキングスクリューの抜釘時には必須のアイテムだと思います。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

       
       総論   (診察・診断、治療全般、骨折・外傷、周術期管理)
 

       各論   (手の外科、肩関節、脊椎、股関節、膝関節、足の外科、腫瘍)

       その他 (関節リウマチ、痛風・高尿酸血症、骨粗鬆症、専門医試験)



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。