経済的自由(financial freedom)を目指して その2 のつづきです。


経済的自由に到達するのに、ほとんどの方にとって避けて通れないものがあります。そう、それは不動産です。私の場合、不動産との出会いはマイホームでした。おいおい、マイホームかよ!というつっこみは無しでお願いします(笑)。


卒後7年目までずっと北国で生活しており、すっかり忘れ去られているのかと思っていましたが、医局からそろそろ戻っておいでという呼び出しがかかりました。その頃にはようやく少しの蓄えもできたいたので、ここはやはりマイホームだろという安易な考えで探しだしました。


となりの億万長者を読んでいたので、とりあえず教育レベルの高い地域で探したのですが、全くといっていいほど物件が見つからないんです。正確には売り物件自体はそこそこあったのですが、割高なものばかりでした。スーパーでも株式でも、特売には目が無かったので、割高な物件は全然買う気がしませんでした。


今でこそ見つからなかった理由がよく分かるのですが、世間知らずで何の人脈もなかった当時の私は、新聞の折込広告や住宅情報誌などでお宝物件を探し続けました。探し続けて半年でようやく見つけた物件が、なんと売り工場だったのです。


工場にはあまり買い手が居なかったようで、坪単価的には激安でした。おまけに2004年は都心の地価が底をうってからまだ1年あまりの時期でした。私の探していた地域にその影響が波及する直前の時期だったため、市場は冷えきっていたのです。


激安価格ではあったのですが、当時の私には現金で購入するほどの資力はありませんでした。したがって住宅ローンは必須だったのですが、工場なので融資を受けることができませんでした。何とかならないかと思い悩んでいた矢先に、ふと妙案を思いついたのです。


次週の日曜日につづく