整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

東証

外貨資産への最強の投資ツールは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

外貨投資に対する私見 のつづきです


FXの次は現物の外貨ですが、国内で外貨預金として所有するメリットはあまり無いと思います。これは、①売りと買いのスプレッドが大きい ②送金コストが高い ことが理由です。


国内ではメリットがありませんが、海外の銀行に送金するツールとしての利用法はあります。ただし基本的に利息はほとんどつかないので、資金を寝かせておくだけの状態になりがちです。


もちろん、海外証券会社の口座内に現金をプールしておくことは、海外投資を行う上では必要不可欠です。このように現物の外貨は、あくまで投資のツールと割り切る必要があると思います。


さて、次はいよいよ東証に上場している海外ETFです。私の中では、金融のプロ以外の一般の方が海外投資を行う上で最も推奨される手段だと考えています。


東証に上場している海外ETFは流動性にやや難があるものの、取引コスト・維持コストとも非常い安価です。そして2014.9月現在ではメジャーなジャンルの投資対象をほぼカバーしています。


国内株式やETFと同様の気軽さ・コストパフォーマンスの高さで、全世界のさまざまな投資ジャンルにアクセス可能であることは、個人投資家にとって非常にメリットが大きいと考えています。


個別ETFは上場廃止リスクが存在しますが、そのマイナス面を考慮してもメリットの方が大きいです。したがって、この円安局面で個人投資家が選択するべき最有力候補と言って良いでしょう。


最後にゴールド(金)ですが、特に現物は究極の無国籍通貨であり、特に政治的な混乱期には威力を発揮します。デメリットは維持管理コストや売りと買いのスプレッドが大きいことです。


ゴールド(金)のETFは、維持管理コストや売りと買いのスプレッドをほぼ無視できるメリットがありますが、最大の問題点は現物の金の裏付けが無い銘柄があることです。


ゴールド(金)のETFは、ゴールド(金)というよりは、どちらかと言えば海外ETFに近い性格の投資対象だと言えます。現物の管理が煩わしい方はETFを選択すればよいでしょう。


以上を総括すると、資産保全が目的であれば東証に上場している海外ETFを、手元資金は潤沢ではないが円安の流れに乗りたいのであればFXを選択するのが妥当ではないでしょう


※ 既に数億円以上レベルの金融資産を所有している場合には、海外生保もお勧めです。
   商品の豊富さを考えると、このジャンルのみ国内よりも海外に優位性があると思います。



                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




2013年 東証大納会の雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、2013年の日本時間帯での最後の株式市場が終了しました。1年を通じた総じて強気な相場が大納会でも継続して、特に不動産・J-REITが最後まで買われて終了した感があります。


   参考: 
2013年 東証大発会の雑感


2013年の大納会となった30日の東京株式市場は、9営業日続伸した。日経平均株価の終値は、前週末比112円37銭高の1万6291円31銭となりました。  


昨年の大納会終値と比べると、5896円高となり、56.7%も上昇しています。私の周囲でも財布のヒモもかなり緩んでおり、世の中はなかなか2年前と比較して明るくなっている印象です。  


政治の決断が、かくも大きな影響を国中に及ぼすことに今更ながら驚きました。しかし、日米欧3極の中央銀行が揃って超金融緩和を継続する歪は、根雪のように重く堆積し続けています。


民間から中央銀行に移された債務問題が表面化することは、「いつ発生するのか?」だけの問題です。このことに関しては、
国家は破綻するを一読することをお勧めします。



                       


                
国家は破綻する――金融危機の800年



ハーバート大学のカーメン・M・ラインハートとケネス・ロゴフ教授の評価は
ビジネスインサイダー誌で学生にメッタ切りにされて地に落ちましたが、それでも国家は破綻するは国家破産研究の教科書だと思います。


X デーが到来するのが来年なのか数年後なのかは分かりませんが、巨大な経済的津波に対する対策を日々考えています。


それにしても、こんな終末思想的なことを考えている勤務医などほとんど居ないでしょうね(笑)。杞憂に終われば良いのですが、備えあれば憂い無しかなと思っています。



                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




2013年 東証大発会の雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加


今年の大発会(1月4日)はなかなかの好スタートでした。円安の進行や米国の財政の崖に一旦2ヵ月の猶予ができたことなどが原因ですが、株価が騰がることに悪い気はしません。


安倍政権が発足して半月ですが、ユーフォリアが日本の株式市場に蔓延しているように思います。ニュースでも連日の株式市場の好調が伝えられるため、思わず株式を買い増したい衝動に駆られます。


しかし、このように株式市場がユーフォリアに覆われている状況で買いに行くと、その時は成功するかもしれませんが、中長期では負ける可能性が高くなります。したがって、ストック型企業(※)の逆張り投資家である私はいつも我慢しています。


株式の順張り投資の最大の欠点は、市場が好調なときにはどんどん利益がでるので、麻薬的な快感を覚えてしまうことです。株価が永遠に騰がり続けることはありえないので、順張り投資では絶対に撤退を考える時期が到来します。


しかし、一度体で覚えてしまった麻薬的な快感を御するのは並大抵のことではないので、市場が崩壊するときに大きな損失を被ってしまうのです。 もちろん、判断基準が麻痺してしまって撤退時期自体を判断できないことも多いです。


そうは言っても、手持ち株式の含み益が大きくなっていくことだけに満足することは案外難しいものです・・・。 私の年初の誓いの一つは、「 今年は絶対に日本株式を買うことを我慢する 」という、昨年と真逆の誓いでした(笑)。

 

 

※ 異論はあると思いますが、日本における代表的なストック型企業は、電力、J-REIT、製薬、通信、食品だと考えています。

 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。