整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

椎間板

椎間板切除術後のコルセットは不要

このエントリーをはてなブックマークに追加


Medical Tribuneに興味深い記事ありました。
椎間板ヘルニア術後のコルセットは不要 です。



腰椎椎間板ヘルニア(LDH)の切除術(Love法)後に装着するコルセットの有効性については、これまで懐疑的な意見が多いが、明確に否定する報告はない。


そのため、同術後患者に対し慣習的にコルセットを使用している医療施設も少なくない。そこで済生会川口総合病院(埼玉県)整形外科部長の榊経平氏は、同院のLDH患者を対象に術後コルセットの効果を前向きに検討。


その結果、コルセット非使用患者と術後成績に差が見られなかったと第27回日本腰痛学会(9月13~14日)で報告した。



誰もが疑問に思っていて、半ば常識的な認識になっていた術後コルセット使用の有用性についての研究です。n数は少なめですが、患者さんにも資する研究だと思いました。


英語論文での類似研は 1例のみとのことです。このような半ば常識のことであっても、意外と研究としてしっかり事実が確認されていないことがあることにいつも驚きます。


このようなところに着目すると、労少なくして Quality journalにアクセプトされる可能性があるのかもしれません。いつもこのような着眼点で恐縮です...。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        

腰に最も負担のかかる姿勢は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

相互リンクいただいている「とぜんな脊椎外科医のブログ」で興味深い記事がありました。腰にとって一番楽な姿勢と一番きつい姿勢って?腰椎椎間板にかかる荷重の変化について です。


整形外科医として腰痛や下肢痛患者さんの診察を行う場面は非常に多いです。そしてその際に、どのような姿勢で居るのが望ましいのか? とよく訊かれます。


何となく座位は良くないと言っていましたが、今回のとぜん先生のブログ記事で非常にすっきりしました。やはり、座位はあまり腰には良くないようです。





日常生活動作における種々の姿勢でL3/4、L4/5椎間板にかかる荷重を比較を示した。 直立姿勢を100とした場合、

  • 背臥位 25(立位の1/4)
  • 側臥位 75(立位の3/4、背臥位の3倍)  
  • 立位 100(基準。背臥位の4倍) 
  • 立位前屈 150(立位の1.5倍、背臥位の6倍!) 
  • 重りを持った立位前屈 220(立位の2.2倍、背臥位の8.8倍!!)  
  • 座位 140(立位の1.4倍、背臥位の5.6倍) 
  • 座位前屈 185(立位の1.85倍、背臥位の7.4倍!) 
  • 重りを持った座位前屈 275(立位の2.75倍、背臥位の11倍!!)  





意外や意外と思われませんか? 座位ではかなり椎間板に負担がかかってます!! 背臥位が腰の椎間板にかかる負担がもっとも軽い姿勢です。


そして前かがみで物を持つ動作というのは本当に腰に悪いんだということがわかります。 たとえ座っていても、、、いやむしろ座位の方が悪い!!


出典は脊椎脊髄病専門医試験集でした。






患者にとって、座位が立位よりも腰に負担がかかることが一番の驚きのようです。長時間の座位は良くないですよと言っているのですが、具体的な数字があれば説得力があります。


とぜん先生のブログは、脊椎をあまり良く分かっていない私のような関節外科医にも、非常にためになる記事が多いです。非脊椎の整形外科医も要チェックですね!







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。