相互リンクいただいている「とぜんな脊椎外科医のブログ」で興味深い記事がありました。腰にとって一番楽な姿勢と一番きつい姿勢って?腰椎椎間板にかかる荷重の変化について です。


整形外科医として腰痛や下肢痛患者さんの診察を行う場面は非常に多いです。そしてその際に、どのような姿勢で居るのが望ましいのか? とよく訊かれます。


何となく座位は良くないと言っていましたが、今回のとぜん先生のブログ記事で非常にすっきりしました。やはり、座位はあまり腰には良くないようです。





日常生活動作における種々の姿勢でL3/4、L4/5椎間板にかかる荷重を比較を示した。 直立姿勢を100とした場合、

  • 背臥位 25(立位の1/4)
  • 側臥位 75(立位の3/4、背臥位の3倍)  
  • 立位 100(基準。背臥位の4倍) 
  • 立位前屈 150(立位の1.5倍、背臥位の6倍!) 
  • 重りを持った立位前屈 220(立位の2.2倍、背臥位の8.8倍!!)  
  • 座位 140(立位の1.4倍、背臥位の5.6倍) 
  • 座位前屈 185(立位の1.85倍、背臥位の7.4倍!) 
  • 重りを持った座位前屈 275(立位の2.75倍、背臥位の11倍!!)  





意外や意外と思われませんか? 座位ではかなり椎間板に負担がかかってます!! 背臥位が腰の椎間板にかかる負担がもっとも軽い姿勢です。


そして前かがみで物を持つ動作というのは本当に腰に悪いんだということがわかります。 たとえ座っていても、、、いやむしろ座位の方が悪い!!


出典は脊椎脊髄病専門医試験集でした。






患者にとって、座位が立位よりも腰に負担がかかることが一番の驚きのようです。長時間の座位は良くないですよと言っているのですが、具体的な数字があれば説得力があります。


とぜん先生のブログは、脊椎をあまり良く分かっていない私のような関節外科医にも、非常にためになる記事が多いです。非脊椎の整形外科医も要チェックですね!







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。