整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

橈骨頭骨折

橈骨頭骨折ではDTJスクリュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、橈骨頭骨折の手術を行いました。橈骨頭骨折は骨片が小さいため、内固定の際に一発勝負となることが多いです。このため、内固定材料の選択が重要だと思います。



CT - コピー



今回は、上図のような骨折でした。CT上は粉砕していないようです。橈骨頭骨折としては比較的イージーなタイプですが、一発勝負であることには変わりません。


今回選択したのはメイラのDTJミニスクリューです。DTJスクリューのメリットはこちらで紹介していますが、下記に再掲します。

  1.  ガイドワイヤーがしなりにくい
  2.  セルフタップで挿入できる


今回は、とくに②を重視しました。小さな骨片ではガイドワイヤー刺入後にドリリングすると、転位したり骨片が割れたりする危険性が高まります。



AP - コピー


LR - コピー



術後の画像は上記のごとくです。ガイドワイヤーを至適位置に刺入できると、あとはそのままスクリューを挿入するだけなのでストレスが少ないです。


特にメイラの回し者というわけではありませんが、手の外科領域の小さな骨折に関しては、なかなか良い内固定材料だと思います。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








橈骨頭骨折の経皮的骨接合術

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午後は橈骨頭骨折の手術を行いました。単純X線像では分かりにくいのですが、CTを再構成した前額断像では関節面中央のみが陥没しているタイプの骨折でした。


CT




比較的橈骨頚部の連続性は保たれていたので、橈骨頚部骨折と同様のK-wireを用いた整復・固定術を施行しました。今回使用したK-wireは2.0mmです。


まず、橈骨茎状突起先端の直上に約1cmの切開を加えて皮下を鈍的に剥離して橈骨茎状突起部を展開しました。橈骨神経浅枝損傷を避けるためにエアターニケットを使用します。


2.0 K-wireで皮質骨を開窓してから一旦抜去します。K-wireのお尻側の先が鈍な方を先頭にして、再度橈骨内に刺入します。この時にK-wireの先端を僅かに曲げておきます。



前腕AP




ハンマーで叩打しながら橈骨内を中枢方向に進めていきます。橈骨骨幹部を過ぎると急に抵抗が無くなり、あっという間に橈骨頚部に到達するので叩き過ぎに注意します。



Xp-AP




橈骨頚部に到達した時点で、先ほど曲げたK-wire先端の方向を微調整します。橈骨茎状突起部のK-wireの断端は皮下に埋没しました。橈骨神経浅枝に接触しないように位置を調整します。


今日の手術も10分程度で終了しました。低侵襲なのに得られるメリットが大きいので良い手術だと思います。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。



                                             

                                  
AO法骨折治療



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。