整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

欧州銀行株

欧州銀行株はもうダメかも・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただいま、ロンボク島でダラダラしていますが、毎朝の習慣は欠かさずに続けています。
昨日のニューヨーク市場の動向、および欧州銀行株の値動きのチェックです。


2016.6.24のBrexitに端を発した欧州銀行株の下落は、2016.7.7(木)に小規模なセリング・クライマックスに達しました。7.8(金)に私はセリクラが発生していることに気付きました。


週末に市場動向と個別企業の財務状況を検討した結果、週明けの7月11日のニューヨーク市場で、NYSE上場の7銘柄を合計で約4万8000ドル購入して橋頭保を確保しました。


橋頭保確保時には、どれだけ欧州銀行株が下がるか皆目見当つきませんでした。我ながら、かなり勇気のある投資決断だと思いましたが、どうもその後が続きません。



キャプチャ



上記は、先ほどクローズしたNYSEの直近株価です。軒並み購入時よりも上昇してしまっています。全体的に言うとまだ8%の上昇なので、ここから株価が下落する希望を捨てきれません。


しかし、NYSEの市場マインドはそれほど悪くなく、銀行セクターのみどんどん下落していく雰囲気は無さそうです。このままでは7月11日の一発だけで投資終了という可能性も出てきました。


私の金融資産投資手法は、恐怖に打ち克ってどんどん下落していく金融資産を買い下がっていくスタイルです。このため、価格上昇局面で買い上がることは、自らに厳禁しています。


最も有望視(?)しているドイツ銀行株に対してはまだ希望を捨てきれていませんが、このまま産金株のように傍観するしかない状況に追い込まれる可能性が高くなってきました。


あぁ、またつまらない日常が戻ってきそうです・・・




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



欧州銀行株に本格参戦!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.6.24のBrexitに端を発した欧州銀行株の下落は、2016.7.7に小規模なセリング・クライマックスに達しました。セリクラ発生に気付いた私は、先週末に投資の是非を検討しました。


投資するべき時期と判断した私は、週明けの7月11日のニューヨーク市場がクローズするまでに、下記の7銘柄を購入して橋頭保を確保しました。合計で約4万8000ドルの投資金額です。



キャプチャ




今回も2015.8月の産金株と同様に、一銘柄あたりの購入上限を400万円程度に設定しています。これからは10%ずつの株価に刻んで購入しようと思います。


ちなみに前回は橋頭保の価格が低すぎてユニット数が増えずに悔しい思いをしました。今回はその反省を生かして、初期投入金額をやや多めにしてみました。


予想以上に株価が下落した場合は地獄を見ることになりますが、HSBCなどの配当は定期預金の利息と同様に考えて、暴落時の心の拠り所にしようと思います(※)。


どこまで株数を増やすことができるかは現時点では判断できませんが、年間配当150万円ぐらいまでユニット数が増えれば理想かなと思っています。


2002年のブルーチップ、2009年のJ-REIT、2012年の電力株、2015年の産金株に続く格安資産取得のチャンスなのか、はたまた投資資金を全て溶かしてしまうかは分かりません。


銀行のバランスシートは一般事業会社と異なりかなり特殊なので、私は銀行の財務評価にイマイチ自信を持てません。おまけに銀行株への投資はほぼ初めてなのでかなり不安です。


前回の本格投資からまだ1年しか経っていないことも気掛かりですが、今回も最後まで死力を尽くしてがんばりたいと思います。


※ 当然、業績悪化で配当は減配される可能性があります



注意!

現在の状況で、欧州銀行株に参戦することは絶対にお勧めできません。私は自分のことをリスクテイカーだと思っていますが、単なるバカである可能性が高いです(笑)。





★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



Brexit 第2幕の開演か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週は、欧州を中心に銀行の株価が下落しました。
英国がEU離脱を決めたことで、英国・欧州発の金融不安リスクが意識されているようです。


Brexit後の2週間で特に株価下落がきついのが英国とイタリアです。英国では不動産価格下落による関連融資の焦げ付き、イタリアでは不良債権問題の悪化が懸念されています。


英国では不動産への融資比率の高いロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)、バークレイズ(BCS)、ロイズ・バンキング・グループが30%前後下落しています。


イタリアでは不良債権問題の悪化が懸念されて、同国最大のウニクレディトが40%下落しました。加えて、ドイツ銀行株(DB)とクレディ・スイス(CS)は上場来安値圏に沈んでいます。  


なんだかワクワクしてきました!Brexit発生時は肩透かしをくらいましたが、やはり買場到来なのでしょうか?そこで、2016.7.8の欧州・米国市場が閉まってから欧州銀行株を調べてみました。


残念ながら、私はIB (Interactive Brokers) に口座を持っていないので、欧州株式市場に直接投資することができません。このため、NYSE上場の欧州銀行株のADRへの投資となります。



欧州銀行株のコピー



上記はNYSEで購入できる主な欧州銀行株です。下には日本のメガバンクを比較のために載せています。まず目を引くのが、ドイツ銀行とクレディ・スイスの酷さです。


両行とも巨額の損失を計上しています。ドイツ銀行は「今もっともヤバい銀行」と言われており、破綻する危険性が高いです。少なくとも、虐殺的増資が実行される可能性は高いと思います。


私の金融資産投資の手法は、個別銘柄を通じての業界全体への投資です。今回は、下記の銀行群を同額ずつ購入する計画を立ててみました。



安心な銀行群
  • HSBC(英国)
  • サンタンデール銀行(スペイン)
  • UBS(スイス)

ちょっと危ない銀行群

  • ロイズ・バンキング・グループ(英国)
  • ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(英国)
  • バークレイズ(英国)

かなり危ない銀行群

  • ドイツ銀行(ドイツ)
  • クレディ・スイス(スイス)


取りあえず投資対象候補を選別しましたが、橋頭保(投資開始株価)と1銘柄当たりの総投資金額を決めかねています。産金株投資では橋頭保が低すぎてユニット数が増えずに残念でした。


日本の証券会社を通じてNYSEのADRを購入する方法が簡単でストレスが無いのですが、手数料的にはマネックスとSBIが拮抗しています(SBIは7月11からマネックスレベルに値下げ)。


この場合、クレディ・スイスへは投資できませんので、最も危険な投資はドイツ銀行ということになります。ドイツ銀行の命運が投資成果を左右すると言ってよいでしょう。


感覚的には2015.8月時点の産金株よりも、現時点でのドイツ銀行にはアブナイ臭いが漂っています(笑)。現時点でドイツ銀行に資金を入れるのは相当勇気が要ります・・・


仮にドイツ銀行が無秩序に破綻すれば、リーマンショック級の激震となります。大人の常識では、無秩序な破綻は無いはずです。しかし、大人の常識に反してBrexitは発生しました。


ドイツ銀行最大のリスクは、ドイツの銀行であることです。EUを仕切っているのはドイツです。そのドイツ自身が音頭を取って、EU加盟国における国家による銀行救済を禁じています。


ドイツにどの程度の柔軟性があるのかで、瀕死の状態となったドイツ銀行の命運が決まります。フォルクスワーゲンの救済までさせておいて、今更はしごを外すマネを行うでしょうか?


常識的には「否」ですが、Brexitを見て世の中に絶対はないことを改めて知りました。無秩序に破綻すれば不動産購入も含めて総力戦となる可能性が高いです。 資金を温存するべきか??


今週はLINE株をプレイしようと思っていましたが、どうも欧州銀行株が臭ってきました。銀行への投資は結構コワいですが、この1週間ほど決行するか否かを熟慮したいと思います。



注意!

現在の状況で、欧州銀行株に参戦することは絶対にお勧めできません。どう考えても頭のネジが緩んでいるとしか思えないです。私自身、参戦するか否かを決めかねています。
 




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。