整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

民間医局

無料で医師賠償責任保険に加入!

このエントリーをはてなブックマークに追加


メインの病院のみの勤務であれば、仮に医療事故が発生した場合でも、その病院が加入している病院賠償責任保険で対応可能なことがほとんどです。


しかし、アルバイトに行っている場合には、アルバイト先で医療事故が発生した場合に備えて、医師賠償責任保険に加入しておく必要があります。


幸い、私はまだ一度も医師賠償責任保険のお世話になったことはないですが、不可抗力の事故も多いのでアルバイトをするのなら医師賠償責任保険への加入は必須だと考えています。


この医師賠償責任保険は結構高価で、1事故について最大2億円の支払限度額を確保しようとすると、団体割引の利く民間医局などで申し込んでも保険料は年間46,000円程度掛かります。


仮に20年間保険料を支払い続けた場合、総額が100万円近くになってしまいます。米国と比べると破格に安い保険料らしいのですが、それでも100万円という金額にはげっそりします。


そこで、医師賠償責任保険の保険料を安くする方法が無いかを調べたところ、意外なところに抜け道があることを発見しました。その方法とは「日本医師会」に入会することです。


日本医師会は、47の都道府県医師会から構成されており、それぞれの医師会は独立した法人組織です。まず地区医師会と都道府県医師会に入会した上で、日本医師会へ入会します。


日本医師会医師賠償責任保険の保険料は日本医師会の会費の中から自動的に支払われますので、同会の会員が損害保険会社と個別に保険契約の手続きを取る必要はありません。


保険会社から損害賠償金として支払われる補償限度額は1事故あたり最大1億円、年間1億円となっており、訴訟費用、弁護士費用等の訴訟費用は別枠となっています。


もし、勤務先の病院が日本医師会への加入を推奨しており、年会費(=16万円程度)を負担してくれるのなら、日本医師会へ加入することで医師賠償責任保険に無料で加入できるのです!


尚、下記の点には注意が必要です。
① 日本医師会医師賠償責任保険の免責金額は100万円
② 日本医師会には医師賠償責任保険未加入のタイプがある


勤務先の病院が日本医師会の年会費を負担してくれるのなら問題無いのですが、負担してくれない場合には2割の団体割引が利く民間医局の医師賠償責任保険を推奨します。


最高の1事故につき最大2億円の支払限度額であっても、保険料は年間58,000円 → 46,000円程度となります。10分程度のネット上の手続で完了するという利便性もメリットですね。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




コストパフォーマンスの高い医師アルバイトを見つける方法

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日は医師のアルバイトについて考えてみます。
勤務しているメインの病院の状況に左右されますが、アルバイトは副収入として魅力的です。


アルバイトの取捨選択は、時間給に換算して考えるべきでしょう。 勤務地によって差が大きいでしょうが、私の居る地域ではおおよそ時給15000円程度です。当直の場合はこの半分程度です。


アルバイトは基本的に自分の時間の切り売りなので、低い時給は自分の生活を毀損していることになります。私なら寝当直以外は受けません。したがって可能な限り時給の高いアルバイトを選ぶ必要があります。


具体的に、夜診なら3万円/2時間、日勤なら10万円/8時間、当直なら7-8万円/10時間程度であれば、受けても良い条件ではないでしょうか。リスクと体力の消耗程度を考えるとこの程度が妥当かなと思います。



優良アルバイトを獲得するには?


一般的には勤務先で受け継がれているアルバイトを引き継ぐケースが多いと思います。しかしこの場合は玉石混在で、意外と条件の悪いアルバイトが多いのも現状です。


では時給の高いアルバイトをどうやって見つけるのでしょうか?私の場合は、民間医局 などの民間斡旋業者を使っています。 民間医局はレジナビなどで有名なメディカル・プリンシプル社が運営しています。



                   



このような斡旋業者から提供されるアルバイト情報は、条件の良くないものが多いと思われがちです。しかし、条件の良い案件は内輪だけで回されていると考えるのは早計です。アルバイトを募集する医療機関は、意外なほど医師にツテが無いのが実情なのです。



斡旋業者の選択は?


通常、医師を募集する医療機関は数社の斡旋業者にしか求人をだしません。したがって、医師アルバイト市場に出回る案件をできるだけ収集するには、多くの斡旋業者に登録する方が有利だと考えます。


斡旋業者はたくさんありますが、① メインの斡旋業者  ② その他の斡旋業者 に分けます。
①のメインには、力のある斡旋業者を1~2社選択します。メインの斡旋業者には本気度を示して頻回に接触することをお勧めします。


ただ、力があると言っても、メインの斡旋業者のみで全てのアルバイト案件をカバーしているわけではありません。そこで、メイン以外でも可能な限り多くの斡旋業者に登録しておく必要があるのです。もちろん、全て無料で登録することができます。



管理人のお勧めは、下記のごとくです。

  ① メインの斡旋業者
 
      民間医局

      医師バイトドットコム


  ② その他

      CBネット

      スマイルドクター

       リクルートドクターズキャリア

      MC-ドクターズネット

      メディカルNEXT

      メディカル・プラネット

      医療人材ネット



①のメインの斡旋業者ですが、民間医局 と 医師バイトドットコム をお勧めします。登録案件が非常に多く、定期的に医師求人情報が更新されています。


②のその他の斡旋業者に関しては頻回に接触する必要はありませんが、医師求人情報のメルマガを発信しているので、時間のあるときに目を通すとよいでしょう。


優良案件を逃さないためにも全ての斡旋業者に登録しておくことをお勧めします。これらの業者に登録しても最初にアポイントがあるだけで、ワンルームやマンション業者のようなしつこい営業はもちろんありません。


①②ともに言えますが、登録する際のメールアドレスは医師求人用のアドレスを用意するべきです。毎日、たくさんのメルマガが送られてくるので、メインのメールアドレスで登録すると管理が大変なのです。



斡旋業者との付き合い方は?


こちらが斡旋業者に本気度を示すと、次から次へとアルバイトの案件を紹介してくれます。本気度の示し方は、私の中では下記のような方法が効果的だと思います。直接紹介の案件では、5件に1件程度は検討に値する印象です。




 メールでの問い合わせ ⇒ 電話 の2段階で接触を試みる



やはり、メールだけのやり取りでは担当者の印象に残りにくいです。直接担当者と会うのがベストですが、少なくとも電話でのやりとりぐらいは行った方が良いと思います。



条件交渉は必須!


非常に大事な点ですが、先方の条件提示をそのまま素直に受け取ってはいけません。私たちも貴重な時間と引き換えにアルバイトをするわけですから条件交渉は必須です。ここで斡旋業者を使う真価が発揮されます。


医療機関との直接交渉ではカドが立つのでシビアな交渉は難しいですが、斡旋業者を間に入れることで思う存分に条件交渉が可能となります。もちろん交渉が決裂することもありますが、意に介する必要はありません。


時間的に考えて、アルバイトはせいぜい2ヵ所が限度です。つまり珠玉の1~2ヵ所の案件を獲得するために、検討と交渉を繰り返すのです。このプロセスは不動産を購入する場合と似ており、妥協することは大きな損失となります。


もし可能であれば、同じ勤務先の同僚医師とチームを組むと、優良案件を獲得できるチャンスが広がります。チームを組むことで時間の融通が利きやすくなり、検討可能な案件が大幅に増えるからです。


皆様が、優良アルバイトを獲得することをお祈りしています!



※ 管理人が運営する『 整形外科の歩き方』にも医師アルバイトの記事をまとめています。
  関連記事もあるので、ご参考にしていただければ幸いです。



勤務医で開業医並みに稼ぐ手法

このエントリーをはてなブックマークに追加


一人の整形外科開業医で達成できる経常利益は? のつづきです


高所得な勤務医として、下記のような勤務形態があります。開業医の平均所得である2600万円と比べてもさほど遜色無い数字だと思います。

 ① (手術症例を)集患できる能力が高いため、
    複数個所の病院から常勤医として給与を得ている。     
   例: 2000万円×2ヵ所=4000万円

 ② バイト医として生計を立てている。
   例: 10万円/日×6日×4週×12ヶ月=約3000万円

 ③ 民間の小規模病院のため、給与所得が高い
   +日勤のバイトを持っている
   例: 1800万円+10万円/日×1日×4週×12ヶ月=約2300万円


※ メインの勤務先が一般的なケースでは、さすがに開業医並みは難しそうです
 
 ④ 一般病院+日勤のバイトを持っている  
   例: 1200万円+10万円/日×1日×4週×12ヶ月=約1700万円


上記①②は体力的に永続性のある勤務形態では無いため、勤務医と比較した場合には安定性で開業医に分がありそうです。ただし、開業するには融資を受ける等のリスクがあるため圧倒的に有利とまでは言えないと思います。


上記②③は能力的なハードルは低いので、決断しだいで実現可能です。ポイントは平日に研修日を取ることです。ただし心理的に日赤や医療センターなどの急性期病院へ後戻りできないことが多いので、経験年数10年目以上のある程度の実力と経験を蓄積した医師の選択枝のひとつでしょう。


あと、②③では、
民間医局  医師バイトドットコム などの民間斡旋業者の助力が必須です。これらの業者に登録しても最初にアポイントがあるだけで、ワンルームやマンション業者のようなしつこい営業はもちろんありません。



           
          




結構、おもしろい案件を紹介してくれることがありますので、何社か登録しておくことをお勧めします。私は、両社に登録していますが、今も続けているペイの非常に良い日勤バイト1本と寝当直バイト1本は、民間医局 からの紹介でした。



尚、アルバイトに関してですが、医局の先輩から引き継ぐものより、条件の良い案件が紹介されることも多かったことを付け加えておきます。


私の運営する
ホームページに民間斡旋業者を通じてのアルバイト先との交渉方法のコツをまとめています。興味のある方はご参考にしてください。




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。