整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

特発性脊柱側弯症

側弯症患児をいつリリースするか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近、ちょくちょく側弯症のフォローアップをする機会が増えました。
私は非脊椎外科医なのですが、地域の知り合いから頼まれるケースが増えているのです。


一般の方の立場では脊椎外科医であるか否か等は関係なく、
気軽に相談できる整形外科医であれば誰でもよいという腹積もりなのでしょう。


そうは言っても、他人様の(妙齢?)のお嬢様をフォローするわけですから、こちらとしてもそれなりの緊張感をもって診察しています。


潜在しているかもしれない神経学的異常や筋・系統疾患を除外して、特発性(=原因不明)と診断した患者さんは、Cobb角によって、下記のようなフォローを行っています。


 ① Cobb角 15度以下 → 6ヵ月毎の経過観察 
 ② Cobb角 15~25度 → 3ヶ月毎の経過観察 
 ③ Cobb角 25度以上で発育が1年以上見込まれる例は装具療法導入


症例数的には②が多いのですが、3ヶ月毎といっても冬休み・春休み・夏休みに絡めて再診予約しています。経験的にはそれぐらいの頻度であれば大事には至らなさそうです。


ちなみに主治医・患者さんとも、リリースできる時期が待ち焦がれますが、この際の判断指標のひとつは、Risser 分類(
Risser sign)です。



Risser signとは、骨盤の腸骨稜にみられる骨端核を用いた小児の骨の成長の評価方法のひとつです。骨端核が全く出現していない状態がgrade 0です。


                        

Risser sign


The Scoliosis Research Society (SRS) のホームページから転載


上図のように上前腸骨棘から腸骨稜の1/4までがgrade 1、1/2までがgrade 2、全域にわたり腸骨と癒合したらgrade 5で、骨の成長が停止したと判断され、装具治療終了となります。


ちなみに装具療法は側弯の矯正効果をあまり期待できず、側弯が増悪することの防止効果が目的となります。したがって側弯が増悪する前に治療開始することがポイントになります。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        

側弯症はなかなか送り出せず・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日は非骨化性繊維腫(NOF)の患者さんを送り出したことを報告しました。
一方、この年代では骨腫瘍と同様に側弯症も長い年月をかけてフォローしなければなりません。


良性骨腫瘍と異なり側弯症はかなりプレッシャーを受けます。何故なら学校の検診でセレクトされてくるので、装具療法を開始するCobb角25度まであまり余裕が無い症例が多いからです。



潜在しているかもしれない神経学的異常や筋・系統疾患を除外して特発性(=原因不明)と診断した患者さんは、Cobb角によって、下記のようなフォローを行っています。


  1. Cobb角 15度以下 → 6ヵ月毎の経過観察 
  2. Cobb角 15~25度 → 3ヶ月毎の経過観察 
  3. Cobb角 25度以上で発育が1年以上見込まれる例は装具療法導入


多くの症例は②のCobb角が15~25度なので、3ヶ月毎に経過観察せざるを得ません。このため、経過観察している患児の数が多く、私の中でも緊張感のある(?)症例となります。


しかも、Risser grade 4までは簡単に行くのですが、4から5にはなかなか至らないため、「もう卒業」の時期がなかなか来ないのです・・・



ちなみに、Risser signとは、骨盤の腸骨稜にみられる骨端核を用いた小児の骨の成長の評価方法のひとつです。骨端核が全く出現していない状態がgrade 0です。


                        

Risser sign


The Scoliosis Research Society (SRS) のホームページから転載



上図のように上前腸骨棘から腸骨稜の1/4までがgrade 1、1/2までがgrade 2、、全域にわたり腸骨と癒合したらgrade 5で、骨の成長が停止したと判断され装具治療終了の指標となります。


ちなみに装具療法は、側弯の矯正効果をあまり期待できず、側弯が増悪することの防止効果が目的となります。したがって側弯が増悪する前に治療開始することがポイントになります。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        

腹壁反射は家族で練習するのが吉

このエントリーをはてなブックマークに追加


この季節になると、ちらほらと側弯症の学校検診に引っ掛かった中高校生が受診します。私は側弯にはやや苦手意識があるので、慎重に診察することを心掛けています。


側弯症例の80-90%は原因不明の特発性脊柱側弯症です。しかし特発性(=原因不明)と診断するには、潜在しているかもしれない神経学的異常や筋・系統疾患を除外する必要があります。


神経学的異常所見を発見するためには、腹壁反射が有用です。もし腹壁反射が片側のみ消失している場合には、MRIを撮像して脊髄空洞症を除外しておく必要があります。


腹壁反射は、腹壁の皮膚を周辺部から臍に向う方向に軽くさすると腹壁筋が収縮する反射です。錐体路の障害によってこの反射が消失するので左右差があるのかを確認します。


腹壁反射自体は簡単な手技なのですが、あらかじめ家族のお腹で慣れておいた方が良いかもしれません。私も子供のおなかを何度もさすって腹壁反射の練習をしたものです(笑)。


側弯の患児で腹壁反射に左右差があった経験は無いですが、もし明らかなに腹壁反射に左右差があるようであれば、MRIを撮像して脊髄空洞症を除外しておきましょう。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。




                     


                  
Critical thinking脊椎外科



                        

側弯症の定期診察の実際

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日はアルバイト先での外来でした。
側弯症で定期受診している学生さんが再診しました。


昨日に施行した単純X線像では、Cobb角 23度でした。3ヶ月前はCobb角 20度だったので、3ヶ月毎の経過観察を行っているのですが、胸椎カーブが僅かに増悪している印象でした。


潜在しているかもしれない神経学的異常や筋・系統疾患を除外して特発性(=原因不明)と診断した患者さんは、Cobb角によって、下記のようなフォローを行っています。


 ① Cobb角 15度以下 → 6ヵ月毎の経過観察 
 ② Cobb角 15~25度 → 3ヶ月毎の経過観察 
 ③ Cobb角 25度以上で発育が1年以上見込まれる例は装具療法導入


常は3ヶ月毎といっても冬休み・春休み・夏休みに絡めて再診予約しています。しかし今日の方は、Risser grade 4ではあるもののCobb角 23度なので、次回はきっちり3ヶ月後に予約しました。


ちなみに、Risser signとは、骨盤の腸骨稜にみられる骨端核を用いた小児の骨の成長の評価方法のひとつです。骨端核が全く出現していない状態がgrade 0です。


                        

Risser sign


                The Scoliosis Research Society (SRS) のホームページから転載


上図のように上前腸骨棘から腸骨稜の1/4までがgrade 1、1/2までがgrade 2、、全域にわたり腸骨と癒合したらgrade 5で、骨の成長が停止したと判断され装具治療終了の指標となります。


ちなみに装具療法は、側弯の矯正効果をあまり期待できず、側弯が増悪することの防止効果が目的となります。したがって側弯が増悪する前に治療開始することがポイントになります。




★★  追加募集決定! 2015年5月23日 医師のための資産形成セミナー 神戸  ★★


2015年5月21日~24日に神戸市で開催される第88回日本整形外科学会学術総会に合わせて、管理人による 医師のための資産形成セミナー を開催いたします!


2015神戸セミナー


当セミナーは、経済的自由の獲得を目指す医師向けに開催するものです。 私が監修した
資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負しています。


しかし、文書だけではどうしても100%の事柄を伝えることはできません。 本セミナーでは、資産形成マニュアルで伝えきれなかったことや、2015年現在の推奨方針を中心にお話しします。 


セミナーの特典として、29800円で販売中の 資産形成マニュアル に加えて、当日のセミナー映像および講演で使用したスライドを、動画とPDF形式で無料で配信する予定です。


学会会場からポートライナーで20分の神戸の中心地・三宮でセミナーを行うので、夕方のセッション終了後でも参加いただけます。 本セミナー終了後には懇親会もご準備いたします。


学会3日目の夜を、ご一緒に神戸の街で過ごしませんか? もちろん、整形外科以外の科の先生方のご参加も大歓迎です。それでは皆様に会場でお会いすることを楽しみにしております。


側弯の定期診察は長期休暇ごとに

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前はアルバイト先での外来でした。
年始ではありますが、学生にとっては冬休み期間中です。


このため、定期受診の学生さんが何名か再診されました。その中の1名は、側弯症の定期診察でした。側弯症例の80-90%は原因不明の特発性脊柱側弯症です。


潜在しているかもしれない神経学的異常や筋・系統疾患を除外して特発性(=原因不明)と診断した患者さんは、Cobb角によって、下記のようなフォローを行っています。


① Cobb角 15度以下 → 6ヵ月毎の経過観察 
② Cobb角 15~25度 → 3ヶ月毎の経過観察 
③ Cobb角 25度以上で発育が1年以上見込まれる例は装具療法導入


今日の方は、Cobb角が20度だったので②に該当します。したがって、3ヶ月毎の診察なのですが、やはりきっちり3ヶ月毎ではなく冬休み・春休み・夏休みに絡めて再診予約しています。


ちなみに装具療法は、側弯の矯正効果をあまり期待できず、側弯が増悪することの防止効果が目的となります。したがって側弯が増悪する前に治療開始することがポイントになります。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。




                     


                  
Critical thinking脊椎外科



                        

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。