整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

米国

米国で銀行口座開設するメリットは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のハワイ出張も終盤に近づいています。
「ハワイに行く」というとバカンスをイメージしますが、私はひたすら働いています(苦笑)。


実は4月2日にゲストハウスの最初のお客様がいらっしゃったのですが、なんとオーナーはハワイ出張で不在というありさまです。仲間を信じるしかない状況でした。


何とか無事に最初のお客様を受け入れることができたようでホッとしています。いやはや、こんな危ない橋は渡るものではありません。しかし考えようによっては自動運転化への第一歩です。


さて、今回は当たり障りの無い内容として、ハワイでの銀行口座開設についてご紹介します。2000年代初頭に海外銀行口座を開くことは非常にハードルが高いことでした。


このため数十万円の手数料を取る業者さんが跋扈していましたが、現在のハワイでは旅行者でもパスポートさえあればフラッと立ち寄って銀行口座を開設することができます。


ただ、2000年代初頭は海外でしか購入できない有利な金融商品があったので、苦労をして銀行口座を開く価値はありましたが、今では国内でも十分に購入可能なのでメリットに乏しいです。


では、なぜ今更ながら海外銀行口座を開くのか? それは日本の地政学的リスクを多少なりとも回避するためです。現時点で日本の安全保障上の最大の脅威は、お隣の中国です。


個人的にはAirbnbやゲストハウスで多くの旅行者を受け入れており、また過去に所有した賃貸マンションでは中国留学生が入居していました。彼らは非常にいい感じの方が多くて好印象です。


しかし、国家としての中国は、その膨大な人口の圧力が常に周辺諸国の脅威となっています。そして本格的な危機が発生した場合、華僑圏の香港やシンガポールはアテになりません。


最悪のケースを考えた際、中国の脅威を回避できるのは世界最強の軍事国家である米国以外は考えにくいです。米国に銀行口座を持っていると、有事に(金融)資産を移すことが可能です。


かなり妄想じみていますが、このような考えから米国の銀行口座を開設したのです。ただし、あくまで万が一のための保険なので、預入金額はたったの400ドルです(笑)


今回最も驚いたのは、米国の銀行ではインターネットでの送金ができないことでした。米国と言えば、2000年代初頭にインターネットバンキング革命が始まった震源地です。


米国から欧州オフショアを経て全世界にインターネットバンキングが普及しましたが、そのインターネットバンキングの聖地(?)でインターネット送金ができないとは・・・


まぁ、特に使用する予定の無い銀行口座なので、どうでもよい話ではあります。もし、米国に旅行に行く際には、時間があれば海外銀行口座の開設を検討してもよいかもしれませんね。




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



夜勤経験のある女性で卵巣がんリスク上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.46, No.20で、夜勤経験のある女性で卵巣がんリスク上昇 という記事がありました。

----------------------------------------------------------------------

夜勤経験のある女性で卵巣がんリスク上昇
Occupational and Environmental medicine (2013; 70: 231-237)


・ 対象は米ワシントン州の浸潤性上皮性卵巣がん患者1101例、上皮性境界悪性腫瘍患者389例、対照群1832例を対象に症例対照研究を行い、夜勤経験の有無と卵巣がんリスクの関連を検討した

・ 被験者の年齢は35~74歳

・ 浸潤性上皮性卵巣がん患者の26.6%、上皮性境界悪性腫瘍患者の32.4%に夜勤経験があった

・ 対照群の夜勤経験者は22.5%であった

・ 全体の夜勤経験の平均年数は2.7~3.5年で、その主な職種は医療関係、外食サービス、電話交換手であった

・ 解析の結果、夜勤経験と卵巣がんリスクとの間に相関がみとめられ、日中勤務のみの女性と比べて夜勤経験のある女性では、浸潤性上皮性卵巣がんリスクが24%、上皮性境界悪性腫瘍リスクが48%高かった

・ 夜勤経験と卵巣がんリスクとの関連にはメラトニンが関与している可能性がある

・ メラトニンはエストロゲンなどの生殖系ホルモンの分泌を調整しており、通常は夜間に産生されるが、夜間の照明により産生が抑制される

・ メラトニンには有害なフリーラジカルを除去し、体内の抗酸化物質の産生を促す

---------------------------------------------------------------------


夜勤の多い医療関係者には厳しい研究結果ですね・・・。私自身の感覚でも、夜勤や当直業務は「命を削りながら」敢行しているイメージですが、図らずも統計学的研究でも実証されてしまいました。


なかなか難しい問題をはらんでいるのでこれ以上コメントしようがないのですが、医療関係者の犠牲の上に現在の医療制度が成り立っています。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      



いじめによる影響は若年成人期まで持続

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.46, No.20で、いじめによる影響は若年成人期まで持続 という記事がありました。

----------------------------------------------------------------------


いじめによる影響は若年成人期まで持続
JAMA Psychology (2013; 70: 419-426)


・ 対象は米ノースカロライナ州の小児1420例(9歳、11歳、13歳)

・ 対象児は9歳から16歳の間に4~6回の問診を受け、直近3ヶ月間にいじめの被害者あるいは加害者になったことがあるか否かについて回答

・ アウトカムは若年成人期(19歳、21歳、24~26歳)にYoung Adult Psychiatric Assessment(YAPA)を用いて評価した

・ 若年成人になるまでフォローできた1273例のうち、いじめの被害者になったことはあるが、加害者になったことはない ⇒ 335例

・ いじめの被害者になったことはないが、加害者になったことがある ⇒ 112例

・ いじめの被害者にも加害者にもなったことがある ⇒ 86例

・ いずれも経験がない ⇒ 887例

・ 貧困・虐待・不安定な家族構成など、精神障害の発症に影響を及ぼす可能性のある因子を調整後、”いじめの被害者になったことがある”、もしくは”いじめの被害者にも加害者にもなったことがある”と回答した児では、いずれの経験のない児と比べて精神的な問題を抱えるリスクが高い

・ いじめの被害者になったことはあるが、加害者になったことはない
 ⇒ 若年成人期の全般性不安障害、パニック障害、広場恐怖症のリスクが高かった

・ いじめの被害者にも加害者にもなったことがある
 ⇒ 自殺念慮、抑うつ症状、パニック障害のリスクが高かった

・ いじめの被害者になったことはないが、加害者になったことがある
 ⇒ 反社会性人格障害のリスクが高かった

・ いじめは被害者だけでなく加害者にも悪影響を及ぼすことが示唆された


---------------------------------------------------------------------


今回の研究は「いじめは精神的苦痛を伴うものの、成人すれば乗り越えられる一過性の傷害」だとする従来の認識を覆すものです。


幸い、私自身はいじめと無縁の生活だったので、今までいじめ問題に関心がありませんでした。しかしこの記事を読んで社会全体として問題意識を持って対応するべき問題なんだなと感じました。





 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


    



カルシウムサプリメントの高用量摂取が男性の心血管疾患死リスク上昇と関連

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.46, No.13で、Caサプリメントの高用量摂取が男性の心血管疾患死リスク上昇と関連 という記事がありました。

----------------------------------------------------------------------

カルシウムサプリメントの高用量摂取が男性の心血管疾患(CVD)死リスク上昇と関連するが、女性ではその関連は認められなかった
JAMA Internal medicine(2013; オンライン版)


・ 対象は1995-6年に6つの州と2つの大都市圏で行われた米国国立衛生研究所(NIH)のAARP食事と健康研究に参加した388229人(男性219059人、女性169170人、50~71歳)

・ サプリメント非使用者と比べて、1000mg/日を越えるCaサプリメントを摂取していた男性の心血管疾患死亡リスクと心疾患死リスクは有意に高かった。

・ 脳血管疾患死は有意ではなかった

・ 女性においてCaサプリメントの摂取は心血管疾患死、心疾患死、脳血管疾患死のいずれとも関連が認められなかった。

・ Caサプリメントの摂が心血管疾患の罹患率や死亡率に及ぼす潜在的なリスクやサプリメント摂取による便益を評価するために、更に多くの大規模研究が必要である

・ 当面は低脂肪の乳製品や豆類、緑黄色野菜といったCaを豊富に含む食品を摂取することが安全である


---------------------------------------------------------------------


多ければ、多いほど良いといった考え方はCaサプリメントに関する限り破綻しているようです。やはり、サプリメントに頼るよりも食品からの摂取を心掛けたいですね。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      



米の人工膝関節全置換術施行数が過去20年間で2.6倍に

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.46, No.3で、米の人工膝関節全置換術施行数が過去20年間で2.6倍に という記事がありました。

----------------------------------------------------------------------

米の人工膝関節全置換術施行数が過去20年間で2.6倍に
JAMA (2012; 308: 1227-1236)


・ 米国ではTKAの年間施行数は約60万件で、1件当たりの費用は約15000ドルである

・ メディケア加入者集団におけるTKA施行回数とアウトカムが1991年から2010年にかけてどのように変化したかを検討した。

・ 初回TKAの施行例は、93230件(1991年)から243802件(2010年)まで増加した。

・ 再置換術の施行数は、9650件(1991年)から19871件(2010年)まで増加した

・ 初回TKA患者における肥満率は4.0%から11.5%に上昇した

・ 初回TKA患者の平均入院日数は、7.9日から3.5日に減少した

・ 初回TKA患者では、原因を問わない退院後30日以内の再入院率は、4.2%から5.0%に上昇した

・ 退院先の内訳は、自宅への退院と入院でのリハビリテーションが減少して、介護施設への退院と外来でのリハビリテーションが増加した。

・ 再置換術では、原因を問わない退院後30日以内の再入院率は、6.1%から8.9%に上昇した

・ 再置換術では、創傷感染症による再入院率が1.4%から3.0%に上昇した


---------------------------------------------------------------------


さすがに整形外科の総本山の国だけあって桁違いの手術件数です。米国におけるTKAの著明な増加は、安定した術後成績や肥満率の上昇などの複数の因子によるものなのでしょう。


私が気になったのは、平均入院日数の短縮と原因を問わない退院後30日以内の再入院率および創傷感染症による再入院率の逆相関関係です。さすがに平均入院日数を3.5日まで短縮するのはやり過ぎではないでしょうか。感染を併発すると、その患者さんの人生が一変します。私個人的には日本でTKAを受けたいですね。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。