整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

経済的自由

経済的自由を得ても走り続ける理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週のブログに下記のようなコメントが付きました。



初めまして。いつも楽しく読ませて頂いております。
厳しいストレスにさらされているとの事ですが、自分の身を削ってまで多くのビジネスをされている理由はどこにあるのか教えていただけますでしょうか?

不動産などで、食べていけるだけの資産やキャッシュフローが築けたならば、それ以上ストレスやリスクを負わなくても悠々自適に生きていけるのではと思ってお聞きしました。

どこに最終到着地点を設定されているのか気になります。




たしかに、私も日々そのような疑問を感じていました(笑)。いい機会なので、自分の考えをまとめてみましたので、ご参考にしてください。


私が、経済的自由を得た後も、心身を削って(?)働き続ける理由は、ざっくり言って下記の4点だと思います。


  1.  ビジネスや投資が純粋に楽しい
  2.  常に泳いでいなければ死んでしまう性格だから
  3.  世の中の移り変わりが激しいので現在の資産規模では安心できない
  4.  変化するのが面倒、もしくは怖い


それでは、順番に説明していきましょう。



① ビジネスや投資が純粋に楽しい


まずビジネスですが、特にスタートアップを立ち上げることは、世の中にないサービスをゼロから自分で作ることなので、自分の作品を創り上げる感覚になります。


確かにビジネスを立ち上げることは、非常にストレスがかかってしんどい側面もあります。しかし、経済的な見返りもありますし、人との繋がりもできるので非常に愉快な体験です。


医療の世界だけでは出会うことのない方たちとの協業は素晴らしい体験です。あと、自分がどこまでやれるのかという挑戦でもあります。これらの体験は麻薬的で止められません。



② 
常に泳いでいなければ死んでしまう性格だから


これに関しては、私の性格の問題です。現時点では、確かに働くことを停止しても生活していくことは可能です。


先日の任意組合の総会で管理者がおっしゃられていましたが、この方は毎日1時間ほどしか働いておらず、それ以外の時間はずっと家でボーっとしているそうです。


実はこの方は私と同い年なのですが、あまりに暇すぎて死にそうだと嘆いていました。その日はうらやましいと感じましたが、本気でその立場を手に入れようとは思いません。


私は忙しいことはそんなに嫌ではありません。例えば医師を引退して、スタートアップを売却したとしても、不労所得だけでのらりくらり生きることには決して満足しないでしょう。


常に何かをしていなければ気が済まないという性格は本当に困ったものです。もちろん、こんな性格だから、たくさんの投資やビジネスを同時進行しているのだと思います。


ただ、他に打ち込めることが見つかれば、現在注力しているスタートアップを売却することを本気で考えるかもしれません。


例えばリーマンショックを超えるような大暴落が発生したら、ビジネスから投資の世界に戻ってくるでしょう。平時は、ビジネスを楽しみながら世の中を渡っていこうと思います。



③ 世の中の移り変わりが激しいので現在の資産規模では安心できない


単に資産があったり、お金を受け取る資格(年金のような)を持っていたりするだけでは、これだけ変化の激しい世界では、長い人生を安心して全うできるとはとても思えません。


おそらく、平均寿命を考えると私はまだ40年近く生きることになりますが、それだけ長期に渡る変化に耐えて、今の資産だけで暮らしていけるとは正直思っていません。


私は、攻撃は最大の防御だと考えています。つまり、常にキャッシュを生み出す能力を維持することが、経済的自由を維持する最大の武器だと考えているのです。


キャッシュを生み出す手段としては、自分の体を使って働くこと(例えば医師として働く)でもいいし、私のようにビジネス・不動産・株式からの収益で生きていくのもOKです。


これらのキャッシュを生み出す手段がすべて無くなったら、10億円あっても不安で眠ることができません。それだけ変化の激しい社会に対する恐怖感があるということです。



④ 変化するのが面倒、もしくは怖い


最後になりますが、実は4番目に挙げた変化に対する面倒くささ(もしくは恐怖)が、未だに働き続けるている最大の要因ではないかと感じています。


いろいろカッコイイことを述べてきましたが、リタイアを本気で実行することは結構面倒くさそうです。あと、一度リタイアすると社会復帰が難しくなる可能性が高いです。


今の生活に結構満足している身では、この快適でやりがいのある生活を劇的に変化させるインセンティブに乏しいです。ダラダラ働き続けている最大の理由はコレだと確信しました。



最後に


これらのことは、今回のコメントが付く前からときどき考えていたことです。幸い、今の私は、多くの医師が悩んでいるであろう経済的な問題とは無縁です。


それにも関わらず、最近までは当初のストイックな生活を漫然と続けていました。資産形成マニュアルで述べているような節約生活を卒業したのは約1年前です。


今では、平日も含めて気軽に食べ歩ています。旅行も積極的に行くようにしており、いろいろなイベントを企画して自分自身も楽しんでいます。


収入の10%以内の消費であれば大勢に影響を及ぼさないので、日々の食べ歩きや小旅行程度なら、事実上無制限で散財することが可能です。


必ずしも「経済的自由=リタイア」というわけではなく、「経済的自由=気兼ねなく人生を楽しむ」や「経済的自由=何人にも強制されない」というのが本筋ではないでしょうか。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




3つの収入源で経済的自由の獲得を!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。


さて、本日は元旦なので、今年の抱負を述べてみたいと思います。皆さまの将来に対する不安を取り除く一助になる、を1年の計にしたいです。


現状の私たちを取り巻く環境は、下記要因のため年々悪化の一途です。臨界点に達した時点で、ガラケーのように10年も経たずに世の中から駆逐されてしまう可能性さえあります。

  •  財政悪化に医療費削減
  •  医師数増加による競争激化
  •  AIの実用化による医師需要減少


少なくとも、現在60歳以上の医師のようなハッピーな状況が続くことは想像し難いです。では、どうすれば良いのか? 私は、経済的自由を獲得することが解決策だと考えています。


経済的自由に到達するには、医業に専念するだけでは不十分です。もし、医業のみで到達しようとするなら、医療制度が維持されている間に開業して蓄財するしか方法がありません。


ある意味、医師にとっては王道かもしれませんが、ゼロから始める場合には銀行融資の返済まで考えると、少し時間的余裕が少ないかもしれません。


私の理想は、収入源の多角化で経済的自由を得ようとする方法です。ここでいる収入源は下記のように3種類があります。

  1.  労働所得
  2.  投資からの収益
  3.  ビジネスからの収益


①は、勤務医であれば給与所得、開業医であれば経常利益に該当します。最初は、この収入がメインです。比較的安定した収入ですが、問題点は自分の時間の切り売りであることです。


自分の時間の切り売りなので、収入にガラスの天井があり、それ以上の拡張性は見込めません。また健康問題等で収入が途絶える可能性もあります。


②は、不動産や金融資産投資からの収益で、インカムゲインとキャピタルゲインから成ります。資産形成の王道ですが、専門性が高いことと参入時期を選ぶ必要があることが問題点です。


特に金融資産投資は、生まれ持った才能に依存する部分が多いため、投資による収益をメインに据えるには不動産投資を考える必要があります。


いずれも結果を出すにはそれなりのノウハウがあるのですが、そのあたりの知識や経験の習得の一助になりたいと思っています。


③は、仕組みを創ることができれば、②と同様に大きな収益を得ることができます。最近の傾向として、起業には資金がそれほど要らなくなっている点が挙げられます。


クラウドを中心とした各種ITサービスを利用することで、従来では考えられなかったローコストオペレーションが可能となりました。


問題点は、適切なキャッシュポイントを得る仕組みを創るハードルが高いことです。②とどちらのハードルが高いかは難しい質問ですが、やはり③の方が難易度が高いと思います。


ただ、医師にとって有利な点もあります。それは医療業界周辺には参入障壁のために、手付かずで「美味しい」領域が数多く転がっている点です。


特に、医療はイノベーションの中心的分野のひとつなので、知らないうちに自分が(ビジネスチャンスとしての)最先端に携わっているということもよくあることです。


②と違って必勝法が無いことが難点ですが、逆に言うと工夫次第で成り上がれる可能性も十分にあります。このあたりはサロン等で議論しながら試行錯誤するのもひとつの試みです。


このように3つの収入源を確保することで、経済的自由へ到達することが可能となります。ストックとしての資金も大事ですが、例え数億円あったとしてもそれだけでは不十分です。


単に銀行口座に眠っているだけの資金は、社会の変化に対して脆弱であり、その資金を利用する手法を知っていなければ絵に描いた餅に過ぎません。


そのような「知恵」を得る機会を、いろいろなチャンネルを利用して提供したいと考えています。今年も宜しくお願い申し上げます。





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




経済的自由(financial freedom)を目指して その5

このエントリーをはてなブックマークに追加

経済的自由(financial freedom)を目指して その4
 のつづきです。


そんなわけで、マイホーム購入の際には市況が悪すぎたため、初心者にも関わらずラッキーな買い物ができました。すっかり不動産の魅力に取り付かれた私は、バーゲンハンティングを狙って収益物件を探し始めました。


経験を積んで物件を見る目が肥えてくると、ツテを頼って川上の物件を探すようになりました。
しかし、川上の物件というのは良い物件ばかりではありません。
単に最初の客になるというだけなので、むしろ割高な物件も数多く含まれます。


ただ、他人の手垢がついていない物件や大幅値下げしたての物件なので、
たまにとても良い物件にめぐりあうとおいしい思いができるのです。


不動産というのは妖しい魅力があって、物件を1棟購入するともう1棟欲しくなります。
CFの管理と、自分の信用を毀損しないように注意していると、銀行もどんどんお金を貸してくれるので、ポートフォリオにおける不動産の占める割合が極端に大きくなってしまいます。


不動産は出口まで含めた周到な戦略を立てる必要があるので、あまりに規模を拡大しすぎるとリスクを制御できなくなる可能性があります。そんなことを考え出したため、とりあえず4棟目で購入をストップすることにしました。


私の目的は、収入源の多様化による経済的自由であって、資産規模の拡大ではなかったからです。

経済的自由(financial freedom)を目指して その1

このエントリーをはてなブックマークに追加


勤務医の現実を理解する その3 のつづきです。


大学卒業後は必死で働いてきたので、当時の私は医学以外のことをほとんど知らない世間知らずでした。ほとんど白紙の状態からのスタートだったので、まずは本屋さんに行って”株とはなんぞや?”みたいな本を買ってきました。


一読してみましたが、内容がさっぱり頭に入ってきませんでした。なんでこんな難しいものに皆は熱中するんだ?と言う感じでした。その本は半年ぐらい部屋の隅にほったらかしでしたが、正月当直をしたときにもう一度読んでみようと思う出来事がおこったのです。


それは卒後5年目の1月2日の当直でした。当時は野戦病院のようなところで働いていたのですが、24時間のうちで急患100名、頚髄損傷(C4 complete)+骨盤骨折、大腿骨開放骨折等々の対応をたった独りで捌かざるえない状況でした。一睡もせずに独りで、頚椎の脱臼整復→Haloベスト固定をしました。


体位変換時にときどき徐脈から心停止するので、その後はICUに1ヶ月間入りびたりで全身管理していました。レスピレーターで呼吸管理をしていたので喀痰取りをしているうちに、整形外科医なのになぜか気管支鏡ができるようになってしまいました・・・。


そんな生活に嫌気がさして、これは一生続ける仕事ではないなと思ったのです。いわゆるバーンアウトですね(笑)。引き継ぐような資産はゼロだったので、自分でなんとかするしかないというのが動機でした。今回は、真剣味が違ったので関連する書籍を読み漁りました。


そして満を持して日本の株式市場に参戦したのが2001年でした。折りしもアメリカ発のITバブルが弾けて世界的な株安がおこり、市場は超低空飛行でした。同年、9.11に同時多発テロがおこり、NYSE(ニューヨーク証券取引所)が閉鎖されるという前代見聞の事態まで体験しました。


さんざんな船出だったのですが、後から振り返ると非常にラッキーな状況だったのです。なぜなら全ての投資対象が割安で、まさに何を買っても勝てる状態だったからです。


参戦して2年ほどはひたすら下落する市場でしたが、その間大きな含み損を抱えながらも毎月コンスタントに財務状況の比較的良い大型低位株を買い増していきました。そしてついに2003年の5月、りそな銀行に公的資金が注入されて日本の株式市場が底をうちました。


そこからの急激な資産増大を身をもって体験できたため、逆張り投資を基本とするスタイルを確立しました。株をやったことがある人なら分かると思いますが、下落する株を持ち続けるのは本当につらいものです。このため、普通は順張りでいく人がほとんどですが、皆がやっていることを実行して成功することはまずありえません。


しかし、頭では分かっていても成功体験が無いと最後まで実行するのは至難の業なのです。そういう意味で、最初に成功体験できたのは(2年もかかっていますが・・・)本当に幸運だったと思います。


ここまで読むと、私が株式投資を勧めているように思うでしょうが、そういうわけではありません。私の入り口が、単に日本株式だっただけの話なのです。いわゆる資産形成においては、どんな方法であってもキャッシュフローの極大化を目指すことこそが真髄だと思います。


次週の日曜日につづく


※ まだ読んでいない方は、是非下記の書籍を一読することをお勧めします。
  ここからの話は、この程度の知識が無いと分からないと思います


                     
   
                  金持ち父さん貧乏父さん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。