先日、珍しい(?)骨折を経験しました。
転倒してから左肩が挙がらないという主訴で受診された患者さんです。


単純X線像では鎖骨遠位端骨折のようです。遠位骨片が小さいので、念のために3D-CTを撮像してみました。すると、どうやら肩鎖関節の関節内骨折のようです。



222 - コピー



しかし、私はいまだかつて肩鎖関節脱臼骨折をみたことがありません。そのような骨折型が存在しても不思議ではないのですが、不思議と診たことはなかったです。


半信半疑で手術を施行しましたが、やはり肩鎖関節の鎖骨側が上方に脱臼していました。術野から鎖骨の肩鎖関節関節面がニョキっと出てきたときには、さすがに少し驚きました。


骨癒合さえすれば予後は良いのでしょうが、遠位骨片が小さくて母指の爪甲ぐらいしかありません。遠位骨片の幅も薄いので骨癒合するか否かが
少し心配です。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です