整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

肺血栓塞栓症

災害対策に弾性ストッキング準備を!

このエントリーをはてなブックマークに追加


平成28年4月14 日からの熊本地震に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 今回の地震でも、あらためてエコノミークラス症候群が注目されました。


熊本地震では大きな余震が多発しているため、自家用車に避難して寝泊まりされた方も少なくありません。このような車中泊の被災者は、肺血栓塞栓症を併発する危険性が高まります。



肺血栓塞栓症を予防するために最も重要なことは積極的な運動や歩行ですが、避難している状況では現実的には難しいケースが多いです。


医師にとって肺血栓塞栓症はなじみ深い疾患ですが、病院内の予防措置と災害現場の予防措置は異なります。大震災にあたっては、多数の方が避難所生活や車中泊を余儀なくされます。


日本循環器学会を始めとする7学会(※)は、止むを得ず車中泊する場合や避難所の中で運動がままならない場合の予防法を広報したので、以下に要約してみました。



  • 弾性ストッキングを適切な指導の下、使用する
  • 長時間自動車のシートに座った姿勢で眠らない
  • 時々足首の運動を行う
  • ふくらはぎのマッサージを行う
  • 十分な水分を補給する
  • 可能であれば避難所で簡易ベッドを使用する


重要なのは、寝る際に足をできるだけ心臓と同じ高さに保つことだと思います。自動車のシートで寝る場合には、足元に台を置いてシートとの高さをそろえると良いそうです。


また、最も予防効果の高いグッズである弾性ストッキングは、非常用バッグ(災害用バッグ)の中に常備しておくことが望ましいでしょう。病院勤務であれば容易に購入できると思います。


災害現場では水の確保が難しいですが、弾性ストッキング+足を心臓と同じ高さに保つ+足の運動+下腿マッサージを心掛けることで肺血栓塞栓症をある程度予防することができます。




※ 日本循環器学会 日本静脈学会 日本心臓血管外科学会 日本血管外科学会 日本脈管学会 日本胸部外科学会 肺塞栓症研究会 の7学会





★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






急性期DVTには下大静脈フィルター(VCF)によるVTE予防が有用

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.45, No.50で、深部静脈血栓症(DVT)および肺血栓塞栓症(pulmonary thromboembolism: VTE) に関する記事がありました。

----------------------------------------------------------------------

急性期DVTには下大静脈フィルター(VCF)によるVTE予防が有用
第53回 日本脈管学会


福島県立医大心臓血管外科の若松大樹先生の発表です。


・ DVTの積極的治療はカテーテル中心だが、EBMが不十分との指摘がある

・ 今回、DVTへのカテーテル血栓溶解療法(CDT)や下大静脈フィルター(VCF)の成績を検討した

・ CDT 36例と全身性血栓溶解 72例の比較では、血栓縮小率が良好だったのはCDT群で75%、全身性血栓溶解群が25%と、有意にCDT群の成績が良好であった

・ VCFは永久留置型を72例、一時留置型を40例に用いた

・ 一時型の挿入期間は5.0±4.7日(4~12日)で、血栓捕捉率は13%だった

・ VCF群のVTE非再発率は一時型100%、永久型95%だった

・ ガイドラインでは、一時型の適応を数週間で急性VTEが予防できればよいとしているが、福島県立医大では1~2週間の範囲で考えている

・ VCFはVTE予防に効果的で、特に急性期DVTでは一時型が有効だった

・ CDTの適応はより限定されてきている

・ 急性期DVTの侵襲的な治療時にはVCFによるVTE予防が不可欠

----------------------------------------------------------------------


DVTやVTEは整形外科医にとっても、非常に関心の高い領域です。ただ、整形外科医がカテーテルを挿入して治療するわけではないので、いまひとつ具体的に治療法をイメージできていませんでした。


近位型DVTは頻度的に少ないため下大静脈フィルター(VCF)に至る症例はあまり多くないですが、急性期の近位型DVTでは一時型下大静脈フィルターが推奨されているようです。


※ 私の運営している
ホームページでVTEについてまとめています。

静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その5

このエントリーをはてなブックマークに追加

静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その4 のつづきです。



肺血栓塞栓症の可能性が高い場合は直接診断を確定できる造影CT、肺動脈造影、肺シンチグラフィを施行することが勧められます。



PTEの診断手順
        肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドライン2009年改訂版)


血液生化学検査

特異的な所見はありません。

 

胸部X線像

7割に心拡大や右肺動脈下行枝の拡張が見られます。

また、1/3には肺野の透過性亢進が認められます。

 

心電図

VTEに特異的な心電図所見は存在しません。

 

動脈血ガス分析

低酸素血症・低二酸化炭素血症・呼吸性アルカローシスが特徴的所見です。

 

肺シンチグラフィ(換気,血流)

換気シンチグラフィで異常所見がない部位に、血流シンチグラフィで楔形の欠損像を示します。
 


静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その6 につづく






日本整形外科学会静脈血栓塞栓症予防ガイドライン






静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その1

このエントリーをはてなブックマークに追加


師長さんから人工関節置換術後の肺塞栓症について、病棟勉強会を開いてほしいという要望がありました。せっかくまとめたので詳述します。

 

 

まず、人工関節全置換術後の合併症として、

① 深部静脈血栓症(deep vein thrombosis: DVT)が発生して、この塞栓子(血栓)が肺にとぶことで
  
肺血栓塞栓症(pulmonary thromboembolism: PTE)が発生します

 

 

肺血栓塞栓症+深部静脈血栓症は、連続した病態であるという考え方から、
これらを合わせて静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE)と呼びます

 

 

   ※ 肺血栓塞栓症+深部静脈血栓症=静脈血栓塞栓症



リスクレベルは下記のごとくです。
THAやTKA術後は、自動的に高リスク群となります。

リスクレベル



VTEの発生率です。
致死性PTEの発生率が意外なほど高いのが印象的です。
日米の人種差なのでしょうか?

リスクレベルとVTE発生率
                       第7回ACCPガイドラインより改変





静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その2 につづく


 



日本整形外科学会静脈血栓塞栓症予防ガイドライン



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。