整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼で伸展位固定する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、20歳ぐらいの男性が初回の膝蓋骨脱臼で初診しました。立ち上がろうとして踏ん張った際に脱臼してしまったようです。


膝蓋骨内側に腫脹・圧痛を認めましたが、来院時には自然整復されていました。それでもかなり痛そうです。単純X線像を確認すると、大腿骨膝蓋骨溝の低形成が著明でした。


joint laxity はまったく無くむしろ身体は固そうです。このため、大腿骨顆部(
大腿骨膝蓋骨溝)の低形成が膝蓋骨脱臼の原因と考えました。


画像的には習慣性脱臼に移行しやすそうな印象です。 初回の膝蓋骨脱臼に対する治療では、まず膝関節伸展位で2~3週間固定する保存治療を選択することが多いです。



膝関節を伸展位で固定する理由は、Q angle(通常20度未満で平均14度ぐらい)の影響で、膝関節を屈曲するにつれて膝関節外方への合力がかかるからです。


膝関節の屈曲角度が大きくなるほど、膝蓋骨が脱臼する方向(膝関節の外側)への力が加わります。 このため、膝関節の固定角度は伸展位が推奨されます。


また、膝蓋骨脱臼のために損傷した内側関節包や内側膝蓋大腿靭帯(MPFL)の修復を促す意味でも、膝関節外側への力があまりかからない膝関節伸展位での初期固定が有効です。


膝蓋骨の安定性は、TKAの最後のトライアルでパテラのトラッキングを観察すると、膝関節伸展位で安定して膝関節屈曲位にするほど易脱臼傾向が出現する様子でよく分かります。








★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です








膝蓋骨脱臼の保存治療のなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日、アルバイト先で外来をしていると膝蓋骨脱臼の方が受診されました。
今回が初回脱臼だったのですが、明らかに大腿骨膝蓋骨溝の低形成を認めました。


まずは保存治療ですが、一般的には2週間の膝関節伸展位での固定を施行されます。可能であれば免荷してもらい、等尺性大腿四頭筋訓練を行ってもらいます。


さて、ここで何故膝関節伸展位での固定かというと、Q angle(通常20度未満で平均14度ぐらい)の影響で膝関節を屈曲するにつれて膝関節外方への合力がかかります。


このため膝関節の屈曲角度が大きくなるほど、膝蓋骨が脱臼する方向(膝関節の外側)への力が加わることになります。


膝蓋骨脱臼のために損傷した内側関節包や内側膝蓋大腿靭帯(MPFL)の修復を促す意味でも、膝関節外側への力があまりかからない膝関節伸展位での初期固定が有効なのです。


これらのことは、TKAの術中において最後のトライアルでパテラのトラッキングを観察すると、膝関節伸展位で安定して膝関節屈曲位で易脱臼傾向が出現する様子がよく分かります。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です




                         

             
救急・当直で必ず役立つ!骨折の画像診断




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。