整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

自費

接骨院は炭鉱のカナリヤ

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日は、接骨院関連の話題です。
先日、多店舗展開している接骨院オーナーとお話する機会がありました。


接骨院の置かれている状況はこちらでご説明しました。平成29年4月から柔道整復療養費審査委員会の審査要領が改正されて実行に移されています。


事前予想ほどには劇的な変化は無いようですが、やはり徐々に悪影響が出ているとのことです。そして、10月1日付けで厚労省から下記のような通達が出ました。


  • 月10回以上、3ヵ月以上、多部位(3か所以上)は調査する
  • 上記患者が10名以上いる接骨院には監査が入る


接骨院では、私たちの医療業界とは異なり、カルテを記載していない施設も多いとのことです。こういったところは論外ですが、厚労省はカルテを鼻から信用していないそうです。


このため、カルテに記載していても、上記に該当する場合にはビシバシ監査に入るという「脅迫」が行なわれました。


先日もお話しましたが、私は接骨院に対してニュートラルです。むしろ、私たちの医療業界の「炭鉱のカナリヤ」と見なしてるため、その動向にかなり注目しています。


接骨院業界に起こっていることは、数年後の医療業界の姿だと思います。その視点で観察すると、接骨院の自費割合の高さが光ります。


保険診療に依存せずに自費診療がメインの整形外科クリニックはほぼ皆無だと思います。しかし、接骨院では世知辛い保険診療から離脱しつつある施設が多いです。


それほど保険診療の締め付けが厳しくなってきた証左ですが、逞しく生き残っている姿は賞賛に値します。果たして彼らと同じ状況に追いやられた時に私たちは生き残れるのか?


キーワードは自費だそうです。いかにして自費でも来てくれる患者さんを取り込むのかが大きな経営テーマとなっています。


特に整形外科開業医の先生方は、彼らの対応をつぶさに観察しておくべきでしょう。おそらく数年後の自分たちの姿を見ているのですから・・・






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






ピロリン酸Caの検鏡は保険適応外!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、アルバイト先で外来をしていると検査技師さんがやってきました。
膝関節偽痛風疑いの患者さんでオーダーした関節液の検鏡検査についての相談とのことです。


相談は、ピロリン酸カルシウムの有無を調べる関節液の検鏡検査は保険適応ではないため、患者さんの自己負担もしくは病院負担になるけどよろしいでしょうか? という内容でした。


ええっ!? ピロリン酸カルシウムの有無を調べる検査は保険適応ではないの? と驚きましたが、調べてみると確かに収録されていないようです。


今まで何の疑問も無くオーダーしていましたが、どうやら病院が負担していたようです。病院負担もおかしな話なので、患者さんに説明した上で了承いただいた方のみ施行することにしました。


そして、私のホームグランドの病院でも確認したところ、やはり病院が負担しているとのことでした。灯台下暗しとはこのことです。知らなかったのは私だけかもしれませんが・・・


検査費用は1000円とのことなので、その費用と診断価値を検討してみました。私の勤めている施設では外注になるので、検査結果が出るのは翌日以降になります。


化膿性関節炎か否かの判断は血液生化学検査・局所所見・ご本人の重篤感などである程度判断は可能です。私の場合、ピロリン酸カルシウムの有無はステロイド関注施行の免罪符です。


このように考えると患者さんや病院に負担してもらってまで行う価値があるのか微妙に思えてきました。しかし、検査費用は1000円なので、これで診断の精度が上がるのならアリとも思えます。


1000円のピロリン酸カルシウムの検査の適否は意外にも難しい問題かもしれません。他の先生方はどのように考えているのか興味のあるところです。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                            関節リウマチ治療実践バイブル


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。