整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

資本

お金は塊になると変質する

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの方は、お金のことをお金と認識しているのではないでしょうか?
はぁ? 何言ってるの。お金はお金に決まっているだろう! という声が聞こえてきそうです(笑)


確かにお金はお金であり、それ以上でもそれ以下でもありません。しかし、資産形成を志す人は、これだけでは十分とは言えません。お金に対して別の視点を持つことは重要となります。


具体的にはお金を「資本」と見なす必要があります。「商品」と言い直してもよいかもしれません。つまり、単なるモノとの交換ツールではなく、収入を得るためのツールと考えるべきなのです。


例えば、銀行に預けている1000万円を単なる「貯蓄」と見なすか「資本」と見なすかで、資産形成のスピードが全く異なるものになります。


単なる貯蓄と見なしている場合には、ノロノロとしたスピードでしか残高は増えません。自分の余剰所得を積み上げるだけですから当然のことです。


しかし、資本と見なした場合には別の風景が広がってきます。銀行に預けている1000万円を、株式投資や不動産投資、そしてスモールビジネスを始めるための資本として利用するのです。


資本主義社会において、何かを始める際には資本が必須です。資本が無ければ、チャンスの窓が開いても、ただ指をくわえて眺めているしか方法がないです。


例えば、私は2016年だけでも下記の挑戦を行いました。
  1.  旅館業開業
  2.  レンタルバー開業
  3.  とある医療系スタートアップ開業
  4.  出版 (2017年2月ごろ発刊予定)


①は4000万円、②は500万円の費用が必要でした。③は法人設立+HP開設で50万円、④は自分の時間以外は資本は必要ありませんでしたが、基本的にはある程度の資本が必要です。


私はあまり気にしていなかったのですが、知り合いの先生に「趣味と実益を兼ねたBARスペースを開業したんですよ」と言ったところ、「先立つものがないオレにはできないなぁ」と言われました。


私自身は、「勇気と気合」で開業したつもりだったのですが、たしかに言われてみると、ある程度のまとまった資本が無ければ実現しなかった事業です。




さて、ここまででお金を単なるモノとの交換ツールではなく、収入を得るためのツールと見なすべきだと主張しましたが、実際には私も財布の中のお金を「資本」と見なしていません。


財布の中のお金は、単なる小銭です。では何を資本と見なしているのかというと、基本的に400万円の塊を1単位にして資本と見なしています。


お金は不思議なもので、少額では単なるモノとの交換ツールでしかありませんが、塊になると収入を得るためのツール(資本)としての機能が付加されます。


400万円という金額に論理的な説明をすることはできませんが、私がこの金額を1単位と見なす理由は、私のエリアでは築古木造戸建投資を開始する費用の上限に近似するからです。


つまり、400万円あれば金融資産投資やスモールビジネスはもちろんのこと、小さいながらも不動産投資も開始できることが大きな理由なのです。


2015年の産金株投資では2単位、2016年の欧州銀行株投資では1単位、レンタルバー開業では1単位の資本を投入したことになります。ちなみに旅館業も開業費用は1単位でした。


このようにお金を塊にすることで、単なるモノとの交換ツールではなく収入を得るためのツール(資本)を手に入れることが可能となります。


表面上は、銀行口座に貯蓄する行為と全く同じなのですが、「資本」を手に入れるために努力しているというマインドを持ち続けるべきだと思います。





★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



医師が目指すべき経済的目標

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は日整会に出席していましたが、神戸までの移動時間で比較的まとまった時間を取ることができたので、収益について考えてみました。


まず、”収益”の定義ですが、私は ”事業や仕事を通じて社会に与えた利益が、その対価としてお金に置き換わったモノ” という意見を採用しています。


医師は自分の診療の対価としてお金を稼いでいると思いがちですが、突き詰めて考えると給与や医療報酬は”自分が社会に与えた利益の対価”なのです。


医師は勤務医・開業医に関わらず、自分の知識・経験・時間と引き換えにお金を稼いでいます。一般の労働者よりも時給単価が高いですが、収益の上限は時間によって制約されます。


企業の株主・不動産所有者などの資本家は、自分の持つ資本と引き換えにお金を稼いでいます。この場合、収益の上限は資本の大きさによって制約されます。


病院経営者・会社経営者は、組織や仕組みを通じて社会を効率化する利益の対価としてお金を稼いでいます。収益の上限は、仕組みを通じて提供する効率化の程度によって制約されます。


著作権やライセンスなどの知的財産権所有者は、知識や経験と引き換えにお金を稼いでいます。収益の上限は、知的財産が社会に資する利益の大きさによって制約されます。


このように考えると、最も貴重な資源である有限の”自分の時間”を引き換えにしない収益源は、①資本 ②組織・仕組み ③知的財産権 を元にした収入であることが分かります。


世襲を考慮しない場合、まず自分の知識・経験・時間(主に時間)を提供して社会に利益を与えることで対価としてお金を稼がなければならないことがほとんどです。


しかし、いつまでもこのような有限の資源である”自分の時間”にばかり頼っていると、社会に貢献できる量はたかが知れています。


そこで、医師として知識・経験・お金を蓄えてくると、①資本 ②組織・仕組み ③知的財産権を利用して社会に恩恵を与えることを考える必要があります。


この中で最も難易度が高いのは、②の組織(病院経営や多店舗展開のクリニック)構築です。これはかなりの才能・情熱・運が必要なのですが、①は②や③ほど難易度は高くありません。


したがって、医師としてそこそこのレベルに到達した方は、”資本”の代表である株式投資や不動産投資に目を向けることは合目的なことだと思います。


そして、この段階をクリアした方は、②もしくは③のレベルを目指すことも検討するべきだと思います。 医師は固い収入を確保しやすいので、②や③も比較的低リスクにチャレンジ可能です。



                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。