整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資

金融資産投資は物件購入に通じる?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は資産形成を行う上で、金融資産投資・不動産投資・ビジネスの三つの手法を通じて実践しています。この中でも一番最初に取り組み始めたのは金融資産投資です。


金融資産投資は始める際のハードルが低く、比較的誰でも気軽に始められることがポイントです。2001年に金融資産投資を開始した当初は、確固たる投資戦略はありませんでした。


いろいろな本を読んで投資戦略をつまみ食いしながら試行錯誤していました。しかし本を読んで仕入れた知識も実際にはあまり役に立つことはありませんでした。


理論と現実には大きなギャップがあったのです。ビギナーズラックで200万円ほど利益をあげたものの、その後は鳴かず飛ばずでくすぶっていました。


しかし、2002~2003年、2008~2009年、2012年といった大きなイベントが発生した時に超長期逆張り投資を敢行することで、それなりに満足のいく成績をあげるようになりました。


現時点では特に金融資産投資について何かを行っているわけではないのですが、いつも虎視眈々と市場にチャンスの窓が開くのを待ち構えています。


このようなどっしりとした投資戦略を遂行できている理由は、私の金融資産投資に対する考え方が少し変わっていることが挙げられると思います。


一般的に、ほとんどの金融資産投資家はキャピタルゲイン目的です。しかし私はインカムゲインが目的なのです。もちろん、配当金やスワップポイント目的の投資家群は存在します。


しかし私の考え方は彼らと少し異なります。どういうことかと言うと、私の場合はインカムゲインを不動産で言うところの賃料に見立てているからです。


つまり、金融資産を購入するというよりも、むしろ小さな不動産を購入する、もしくは ATM を購入するという感覚なのです。


おそらく、私ほど徹底的に金融資産を購入すると言う感覚を意識の中からなくしている投資家はごく少数派なのではないでしょうか。


もちろん、株式投資の場合には銘柄の分析を行いますが、これは不動産の物件スペックを調査するのと同じ感覚です。


このように、割安になったインカムゲインを生み出すマシーンを買い集めるというのが私の金融資産投資戦略の概念です。


そしてこのことは、市場暴落の極期が過ぎ去ると大きなキャピタルゲインを得ることにもつながります。インカムゲインに見合うだけの価値を市場が再評価するからです。


投資対象を不動産にみたたてて購入していると、株価が上昇したからと言って利確してキャピタルゲインを得ようという感覚が希薄になります。


せっかく割安に仕入れた「物件」を売ってしまうと、「永久に」甘い汁を吸い続けようと思っている ATMが無くなってしまうからです。


市場では「利食い千人力」といく格言があります。キャピタルゲインを目的にしている場合には真実だと思います。


しかし、私のようにインカムゲインを極限まで追求している者にとっては、この格言は当てはまらないと感じています。







★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



ドルコスト妄信は地獄への道?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、ドルコスト方式を最善の投資方法だと思っている方への辛口ブログ記事です。昨今ではVT+ドルコスト平均法が投資の王道と言わんばかりの風潮です。


確かにドルコスト平均法で投資すると負けない確率が高くなります。しかし、それは絶対に勝てるということを意味するわけではありません。単に負ける確率が低くなるだけです。




素人が勝てる可能性は極めて低いという冷徹な事実


有り体に言うと、金融市場はプロが勝つ仕組みになっています。つまり個人投資家のような素人が何の努力無く勝てる可能性は、最初から極めて低いです。


このような冷徹な現実があることを、まず投資家は知っておくべきだと思います。基本的には金融資産投資においても素人は負けるという大前提があることを知っておくべきです。


勝利の方程式(VT+ドルコスト平均法)を敢行すれば金融資産投資で勝てるわけではありません。VT+ドルコスト平均法でも、低い勝率がほんの少し上がるに過ぎません。


このため手放しにドルコスト平均法を推奨することに私は否定的な見解です。ドルコスト平均法で結果を出すためには数年にわたる下落相場に耐えうる強靭な精神力が必要です。


そしてこの下落相場に立ち向かう精神的な負担は、経験したことがない人では分からないほど巨大なものです。


私の場合、2008年10月ごろから暴落するJ-REIT相場へ買い下がりましたが、戦いが終了した2009年3月までのたった6ヵ月間で精神的にボロボロになりました。


暴落の極期から参戦してもこの有様なので、天井圏の2007年からから大底圏終了の2012年まで5年間も買い続けるのは極めて精神的にタフな人でないと難しいと感じました。




その投資手法は机上の空論ではないのか?


現在の上昇相場が始まったのは2012年12月からです。本格的な下落相場が発生した2007年以前から投資の世界に身を置いている人は少数派と思われます。


多くの評論家がドルコスト平均法を推奨していますが、彼らの中で唯一耳を傾けていいのは前回下落相場の始まる2007年以前からドルコスト平均法投資を実践している方だけです。


それ以降に参戦した人もしくは単に生業として論評しているだけの人は、下落相場の極期にドルコスト平均法を敢行した経験がありません。このことは大きな問題をはらんでいます。


ドルコスト平均法は理論上は負ける確率が低いですが、実際に実行できるか否かは全く別問題です。ほとんどの人は途中で挫折するため、単なる高値掴みで終わります。


ダイエットと同じで、理論と実践は別物なのです。摂取カロリーを少なくして適度な運動をすれば減量できるのは皆知っていますが、実践できる人は多くないのと同じ理由です。


理論的に大丈夫だからドルコスト平均法を勝利の方程式だと勘違いしてしまうのは極めて危険です。ドルコスト平均法を採用してよいのは、極めて精神的にタフな人だけなのです。






★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



2018年 金融資産投資の総括

このエントリーをはてなブックマークに追加

早いものでもう年の瀬です。
2018年の東京株式市場(大納会)も終了したので、今年を振り返ってみたいと思います。


日経225は10月2日に 27年ぶり高値となる 2万4270円をつけたものの、終わってみれば-12%で 7年振りに下落しました。



参考:



日本株への投資は、2014.12.17にウクライナ侵攻でセリングクライマックスとなったロシア株式指数・RTS連動型上投信 (1324)を75円で1000株購入してから一度もありません。


その際には結局1000株しか購入できず、実際に日本株の本格投資を行ったのは、2012.7月の電力株投資まで遡ります。実質的に最近6年間は、日本株に全く投資していません。


今年は世界的にほぼすべてのセクターの金融資産が下落しましたが、私のメインポートフォリオである J-REIT・電力株が強含みだったので、日本株は+318万円でした。


  • 日本株 : +318万円
  • 外 貨 : -354万円
  • 外国株 : -603万円
  • 任意組合: -140万円
  • 日本株式配当: 349万円(税引き後)
  • 外国株式配当: 115万円(税引き後)



しかし全体では-315万円でした。配当で下駄を履かせてもらいましたが、それが無ければ-779万円でした。全く投資活動していないので仕方ないですが・・・


単なる株式相場の振幅に過ぎないので何の感慨も湧きません。しかし、世界的に株価が下落している割には被害が少なかったことは意外でした。もちろん単なる偶然です。




2018年の金融資産投資の成果を検証しましたが、やはり、ボラティリティが高くて不安定であるという印象です。金融資産投資を資産形成の中心に据えることはとてもできません。


しかし、超長期逆張り投資を敢行して底値で拾った銘柄がメインの場合には、今年程度の下落では前年比マイナスではあるものの含み損を抱えることはありません。


唯一の問題点は、私のように 6 年以上購入するチャンスが無くても平然としていられるか否かです。普通は、機会損失しているのではないかという焦燥感との戦いとなります。


この焦燥感に打ち克ってチャンスの窓が開くまで待ち続けることができるのであれば、ほとんど金融資産投資で勝ったも同然です。


そうは言うものの、そろそろ 6 年間の沈黙を破って、日本株にも投資したいと願っています。日本株・外国株とも配当利回りが異常に上昇しているからです。


もちろん、この配当利回りの異常上昇は将来的な株価下落を暗示しているのですが、ディフェンシブなセクターであれば検討に値すると考えています。


いずれにせよ、私の感覚ではまだまだ購入できるレベルではないので、2019年はもっと株価が下落することを期待して筆を置きたいと思います。





★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



ソフトバンク IPOをどう考える?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.19にソフトバンクの IPO があります。
私の周囲でもソフトバンクの IPO に参加しようという人が少なからずいます。


彼らの目的は 以下の三つに大別されます。
  1. IPO を用いたキャピタルゲイン目的
  2. 5%の配当狙いのインカムゲイン目的
  3. 株主優待目的


ソフトバンクの IPO は話題性充分で、一般の方でも知っているほどです。そこで、ソフトバンクの IPO に参加することが望ましいのか否かを検討してみました。


まず①のキャピタルゲイン狙いの IPO 投資ですが、これに関しては参加する価値はあると思います。もちろん半丁博打ではありますが、勝率は比較的高いのではないかと考えます。


ただ、これだけの大型上場なので、市場から吸い上げる資金量が半端ではありません。したがって、大幅に公募価格を上回ることは想定しにくいのでコツコツ派向けでしょう。


次に②の配当狙いのインカムゲイン目的の投資ですが、これについてはあまりお勧めできません。通信事業はストックビジネスなので、確かに収益性は安定しています。


しかし通信事業は許認可事業なので国の政策がもろに影響します。つまり生殺与奪権を国に握られているため、長期的には現在のような高収益を維持できる可能性は少ないです。


しかも配当性向は85%とかなり無理をした配当水準です。将来的にこの配当水準が下がることはあっても上がることは考えにくいです。


しかもこれほどの高配当を提示しなければいけないほど、プロの投資家目線ではソフトバンク株に魅力がありません。事実、今回のソフトバンク株は個人投資家がターゲットです。


機関投資家にとっては魅力が少ないため、やむを得ず情報弱者の個人をターゲットにしているというのが真相です。


孫会長の目的は、将来性が無いために不要となったソフトバンク株を現金化することです。そして、ここで得た資金を次の投資への見せ金にしようとしています。


つまり端的に言うと、情弱な個人からお金を集めて自分の事業の未来へ注ぎ込もうとしているのが今回のソフトバンク IPO の実態なのです。


③の株主優待投資に関しては議論するまでもありません。そもそも株主優待があるのか否かさえ決まっておらず、あったとしても株主優待は所詮おまけに過ぎないからです。

 
以上をまとめると、ソフトバンクの IPO に参加する場合には、投機と割り切って参加するのはアリですが、少なくとも投資家目線で購入するべきではないと考えています。


私の経験的な話をすると、今回のような「儲かりますよ~」的な雰囲気の中で購入すると、負けること必定です。


不動産とは違って、金融資産投資のようにプロが跋扈する弱肉強食のジャングルの中で利益を得るためには、PPIを飲みながら歯を食いしばって投資するしか方法が無いからです。






★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



iDeCoは万能選手にあらず!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のiDeCo の話題の続きです。
iDeCo は節税効果が高く高額取得者の利用率が高い金融商品(?)です。


このため、医師の間では iDeCo への投資は当然のように語られています。しかし、果たして本当にそうなのでしょうか?私は、皆がやることに対してすぐに疑ってかかる性格です。


普段はあまりその手の話題には乗らないのですが、若い医師が iDeCo を語っていたので思わず噛みついてしまいました。




iDeCoの最大の欠点は60歳まで引き出せないこと


iDeCoの最大の欠点は60歳まで引き出せないことです。このことに関しては諸刃の剣なのですが、ファイナンシャルリテラシーが高ければ高いほど不利に働きます。


何故なら、ファイナンシャルリテラシーが高い人は iDeCo の節税効果を上回る運用をすることが可能だからです。しかし、現実問題として該当する人はさほど多くありません。


では一体何が問題なのか? それは、喜んで iDeCo に加入するのは若い人に多い傾向があるからです。何故若いと iDeCo が不利になるのか?


 iDeCo を語るときに「節税効果」と「複利効果」が強調されます。複利効果に関しては運用期間が長ければ長いほど有利になります。それでは若い人の方が有利ではないのか?


複利効果に関しては、もちろん若い人が有利です。しかし、それ以上に途中で引き出せないデメリットの方が大きいと思うのです。


仮に30歳の人が iDeCo に加入した場合、解約できるのは60歳なので30年後となります。これほど超長期の間、自分の資金が引き出せないのは非常に大きな機会損失となります。




誰もが高率の節税をできるわけではない


更に言うと、いくら医師であっても30歳前後では所得もさほど多くないので「節税効果」については限定的とならざるを得ません。


私は、小規模企業共済や iDeCoが真価を発揮するのは所得税率+住民税率=43%以上からだと考えています。それ以下だと節税効果よりも機会損失の方が大きいと考えています。




このように考えると、
  1. 若くて
  2. 所得の高くない人

にとって iDeCo はデメリットの方が大きいように感じます。こんなことを書くと、またまた各方面からお叱りを受けそうですね・・・


しかし、あえて私は30歳台前後の人には iDeCo をお勧めしません。30年間も自己資金が凍結されるのは極めて不利だと感じているからです。


一方、50歳前の人であれば、iDeCo は強くお勧めします。これぐらいの年代なら10年ほどで解約可能だからです。


やはり手元に現金がある状態は最高です。このあたりを十分に理解した上で、iDeCo に加入するか否かを考えるべきでしょう。






★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。