整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資

東芝に投資するべきなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

東芝がエライことになっています。
米国の原発事業の損失が、最大7000億円規模に膨らむ恐れが出たのです。


今回の特別損失に先立って、2015年には、経営トップの関与下に、2009年3月期から2014年4−12月期で、計1518億円の利益を水増しする 不適切会計 粉飾決算(※)が発覚しました。


この事件は、田中久雄社長、佐々木則夫前社長、西田厚聰前々社長の歴代3社長が主導していたようです。約7年間も、歴代社長が粉飾決算という犯罪に手を染めていたことになります。


東芝は、三井グループの構成企業で、家電・重電だけではなく重工業でも日立製作所や三菱重工と並んで3強の一角を占めています。昔から私は、憧れをもって東芝を眺めていました。


リーマンショック後に各家電メーカー・重電メーカーが苦境に陥っていた際にも、東芝は独り気を吐いていました。バランスシートもまずまず・・・。嘘だったんですね、全部。


もちろん、不運はあります。特に福島第一原発事故による原発行政の機能停止や、日本の原発の安全神話の崩壊は、原発メーカーとしては大打撃でした。


しかし、ライバルの日立製作所は、苦境の中でも大きな決意をもって事業再編を断行しました。これに対して、東芝は「優等生」という評でした。


数字が嘘だとは誰も疑いませんでした。経団連の会長を輩出する企業が、粉飾決算という犯罪行為に手を染めるとは、想像の範囲外だったのでしょう。


東芝の犯罪行為は、日本株式市場の信用を揺るがしています。信用を維持するためにも、米国のエンロンやワールドコム経営者のように、歴代3社長の実刑判決を望む声が多いです。




私は、金融資産投資では超長期逆張り投資を掲げています。そして、個別株を購入する際には、株価下落の原因を考えます。購入を検討する優先順位は次のごとくです。 

  1.  世界経済の危機
  2.  日本経済の危機
  3.  個別業界の危機
  4.  個別企業のスキャンダル
  5.  個別企業の経営危機   


最も安心して株式を購入できるのは①の世界経済の危機です。私が投資する時期は、①②③に限定しています。そして、③に関してはかなりの目利きが必要です。


例えば、消費者金融業界や光学カメラ業界など、政治やイノベーションのために業界そのものが消滅する可能性があります。一方、資源株や銀行株のように景気循環的な業界もあります。


今回の東芝は、④と⑤です。経営陣のモラルハザードおよび経営判断の稚拙さが原因なので、私の投資基準では不適格です。


過去には、オリンパスやシャープでも、同様のことはありました。オリンパスは復活して、シャープは小康状態です。底値で購入していれば大きな利益が出ましたが、私は後悔していません。


何故なら、これらの企業群の株式を購入する行為は、投資ではなく「投機」だからです。同様の投機を続けていると、確率的にはいつか地雷を踏むことになります。


自分の虎の子の資金を、そのような「浪費行為」に費やすほどバカげたことはないと思うのです。もちろん、東芝は日本を代表する企業です。政府も全面的にバックアップするでしょう。


今回の苦境も乗り切る可能性はゼロではありません。しかし、不正を隠匿する企業風土は簡単には変わらないのではないでしょうか? 私は、そんな企業に投資しようとは思わないです。


※ 大手マスコミは、「不適切会計」という言葉を使っていますが、明らかに粉飾決算です。




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



2016年 金融資産投資の総括

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、2016年最後の東京株式市場(大納会)が終了しました。1年を通じて不安定な相場展開でしたが、終わってみれば日経平均は+0.42%で、5年連続の上昇でした。


参考: 
2013年 東証大納会の雑感
2015年 金融資産投資の総括


新年明け早々から上海市場の下落に引き連れられて、東京株式市場も大きく値を下げました。世界を見渡しても好材料がほとんど無い中、日経平均は一時15000割れがありました。


6月には英国で予想外のBrexitが起こり、市場は暴落を演じました。そして極め付けは11月の米国大統領選です。まさかの暴言王・トランプ氏が米国大統領に選出されたのです。


このまま株式市場は大暴落かと思われますが、予想に反してラリーが続いています。今年ほど「専門家」と言われている人の予想が当たらなかった年は珍しいと思います。


かく言う私も、何一つとして事前予想が当たりませんでした。金融資産投資において、予想に基づいて投資することの難しさを嫌というほど思い知らされました。


しかし、予想は全て外しましたが、私の金融資産投資の成績はそれほど悪いモノではありません。まず、日本株は2015.12.30と比べて+2.3%です。ちなみに1年間の売買は”ゼロ”です。


購入時比では、J-REITは+162.3%、電力株は+48.6%です。J-REITはともかく、電力株はイマイチです。ただ、復配する電力会社が増えてきているのが救いです。


次に、今年に注力した欧州銀行株は、2016.12.30時点のUSDベースで+27.0%で、円ベースでは+45.2%でした。2016年7月16日に参戦なので約半年です。まずまずの成績ですね。


ちなみに、昨年に注力した産金株はUSDベースで+64.0%で、円ベースでは+57.1%でした。米国の金利上昇の影響でかなりヤラレてしまったようです。+400%は遠いですね(笑)。


以上、2016年の金融資産投資を振り返ってみました。まぁ、「投資」といっても眠い目をこすって欧州銀行株を数回購入しただけです。費やした時間は、研究も含めて2日程度です。


その意味では、金融資産投資はコストパフォーマンスが良好と言えます。ただし、これを資産形成のメインに据えるのは少し頼りないです。やはり、不動産が一番かなと思います。


といいつつ、この3年ほどは不動産を売却し続けているので、ポートフォリオがどんどん小さくなってきています。言動不一致とはまさにこのことですね(笑)。


何はともあれ、今年も1年お付き合いいただき、本当にありがとうございました!
来年も宜しくお願いいたします。





★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



産金株の時価が200%越え!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年2月初旬のブログで産金株投資が終わったことをご報告しましたが、4月に入っても相変わらず金価格のラリーが続いています。


主戦場がNY株式市場なので私は起床時に株価をチェックしているだけですが、5%近く株価が上昇している日が多かったため4月は朝起きるのが苦ではありませんでした(笑)。



キャプチャ



狂ったように株価が上昇している産金株の追い風を受けて、所有産金株の時価評価がついに200%越えを達成しました。2016.4.30時点で購入価格(USD)に対して+207.9%です。


尚、購入時の平均為替レートが1 USD=122.34 円に対して、2016.4.30時点では1 USD=106.37 円とかなり円高になっているので、円換算での含み益率は+180.7%となっています。


記録を確認すると、2013.5.15に打診買いしており、本格参戦したのは2015.8月上旬です。紆余曲折があったものの、11月頃にはユニット数が増えなくなったので実質的に4ヶ月間の戦いでした。


この半年近くは、株価の上昇を指をくわえて眺めているだけの状況です。嬉しいと言えば嬉しいですが、つまらないと言えばつまらない状況です・・・


私は金融資産投資からエンターテインメント性やギャンブル性を排除して「結果を出すこと」に集中しています。感情を排して自分の投資ルールに従って機械的なトレードに徹しています。


このため、一般投資家の方のように感情に任せて買い上がるという選択枝がありません。株価を眺めているだけではつまらないので、個別株の分析を試みました。


最も成績が良いのはKGCでABXやAUも悪くありません。一方、NEMやGGそしてGFIは成績がイマイチなようです。投資開始時期はほぼ同じにも関わらず、この差は一体何なのでしょうか?


まず、KGCは地政学的リスク、ABXは財務リスク、AUは地政学的リスクに加えて金鉱山の質に問題を抱えています。一方、NEMやGGは財務内容や地政学的リスクと無縁な優良企業です。


倒産の可能性が囁かれるGFIの株価が冴えないのは仕方無いですが、NEMやGGの株価上昇率が冴えないのは、最悪期においても相応に株式市場で評価されていたからだと思います。


このため、最悪期を脱して株価が上昇し始めても、もともと高い評価を受けているため、株価の上昇率が限定的になります。


一方のKGC・ABX・AUなどの”問題児”は、「じつは意外といいヤツなんだ!」と驚かれて評価がうなぎ上りとなります。このギャップが超長期逆張り投資家にとっての儲けのタネになるのです。


尚、私は基本的にbuy & holdなのですが、産金株に関しては購入価格の5倍程度から売却を開始して、最終売却価格のターゲットを購入時の10倍の株価に設定しています。


うまくいけば小さな収益1棟マンションをキャッシュで買えるぐらいの利益になる予定ですが、何年後になるか分かりませんし、採らぬ狸の皮算用となる可能性が高いと考えています(笑)。




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



資産形成で勝つ秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加

早いもので、もう年度末の時期です。
世間では四半期決算の締日が目前に迫っています。


そこで、私も金融資産運用の成績をまとめてみました。まぁ、運用と言っても実際には原油ETFを小額購入した以外は何もしていないのですが(笑)。


2016年に入って世界中の金融市場で激震が走りました。急激な株価や資源価格下落み見舞われて現在も回復していません。このため、ほとんどの方は冴えない成績ではないでしょうか。


私の金融資産ポートフォリオは教科書的なローリスク・ローリターンな内容には程遠く、極端に偏ったポートフォリオになっています。3月25日現在の時価評価を昨年末比で検証しました。


  • J-REIT 109%
  • 電力株   89%
  • 産金株 150% (為替の変動も円評価で調整済み)


全金融資産の時価評価では昨年末比の約115%で推移しています。TOPIXは約90%前後で推移しているので、J-REITと産金株が成績を押し上げていることが分かります。


特に何をしているわけではないのですが、中短期のトレンドフォロワーの投資家(世の中の大多数の投資家)と比較してそれなりに優れたパフォーマンスをあげている要因を考えてみました。


  1. 逆張り戦略のため購入価格が安価であり成績が下振れしにくい
  2. 心理面でのマイナス影響を受けない
  3. たまたま運が良いだけ


①こそ、私の金融資産投資戦略のキモです。相当売り込まれた時点で参入するので、多少のマーケットの悪化では株価が下がりません。


このため、倒産リスクさえ回避できればマーケットの地合が悪いときにもそれほど影響を受けないのです。もちろん、倒産リスクはある程度受け入れる必要はありますが・・・


一方、少しでも良い材料が出ると株価は高騰する傾向にあります。今回のケースでは産金株が該当します。相変わらず変動率は大きいですが、しばらく購入するチャンスは無さそうです。


②も意外と良い影響を与えます。逆張り戦略と言っても今回の下落程度の「小規模な」下落では購入できる機会はありません。したがって市場に揺れに右往左往することはありません。


基本的には、リーマンショック・同時多発テロ・東日本大震災レベルの極度の信用不安に市場が見舞われる時期に参戦することになります。


③に関しては充分にあり得ます(笑)。J-REITはマイナス金利、産金株はFRBの追加利上げ見送りの追い風を受けているだけです。逆に電力株は高浜原発の敗訴のため低迷しています。


総じてみると、日経225 ETFやTOPIX ETFなどの指数に投資していたとしても市場の荒波を避けることは不可能です。資産形成では常に自分を「少数派」にすることが勝つ秘訣だと思います。

 


★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



さようなら、産金株と金融資産投資・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年に入って金価格のラリーが続いています。原油市場と株式市場は世界中で総崩れの状況ですが、金価格および産金株は逆行高です。FRBが利上げを中止することが最大の要因です。


狂ったように株価が上昇している産金株の追い風を受けて、所有産金株の時価評価が水面上に顔を出しました。2016.2.6時点で下記のように購入価格(USD)に対して+28.5%となっています。


160206 産金株 - コピー


尚、購入時の平均為替レートが1 USD=122.34 円に対して、2016.2.6時点では1 USD=116.83 円と円高になっているので、円換算での含み益率は+22.7%となっています。


記録を確認すると、2013.5.15に打診買いしており、本格参戦したのは2015.8月上旬です。紆余曲折があったものの、11月頃にはユニット数が増えなくなったので実質的に4ヶ月間の戦いでした。


私は過去15年間に3回の大きな金融資産投資を行っています。今回は4回目の本格投資で、前回の2012年の敢行した電力株投資からは約3年ぶりの本格投資でした。


・ 2002~2003年   ブルーチップ銘柄
・ 2008~2009年   J-REIT
・ 2012年       電力株
・ 2015年       産金株 (NY株式市場)


しかし、今回は残念ながら(現時点では)過去最少の投資金額に留まっています。この理由は1回あたりの購入ユニット数が少なかったことと、予想よりも早く株価が下げ止まったためです。


一般的な順張り投資家なら、底値から20%程度上昇した現時点から投資開始するケースが多いと思います。しかし、私は超長期逆張り投資家なので、現時点での買い増しはご法度です。


俗っぽく言えば、こんなに高くなった株価では怖くて買えないのです。私は金融資産投資からエンターテインメント性やギャンブル性を排除して「結果を出すこと」に集中しています。


長期にわたって金融資産投資で結果を出し続けるためには、できるだけ感情を排して自分の投資ルールに従って機械的にトレードすることに徹する必要があります。


ちなみに、私の超長期逆張り投資における要点は下記のごとくです。

・ 断末期の悲鳴を上げていて、誰もが逃げ出している市場を発見する
・ その市場が将来的に消滅する可能性が無いかを検証する
・ その市場が10~30年来最安値に売り込まれるまで、じっと我慢する
・ セリング・クライマックスが発生した段階で投資を開始する(橋頭堡を確保)
・ 橋頭堡を確保した後は、感情を排して(恐怖を抑え込んで)機械的に買い下がる
・ 相場が大底を打って上昇に転じても、欲を出して買い上がらない


株価の下落とともに規則的に買い下がっていくスタイルの私の投資法において、時価評価がプラスに転じるということは、その投資が終了しつつあることを示唆します。


感情的にはもう少しユニット数を増やしたいところですが、 ここはグッと我慢です。機会損失は笑って誤魔化せますが、現実損失は顔がゆがみますから・・・


そして、心の中では産金株が再度下落トレンドに突入することを祈りつつ、相場を見守っていきたいと思います。 それにしても、次に金融資産投資を本格的に行えるのはいつになることやら・・・




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。