整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

集合知

組織は集合知である

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、神経伝導速度検査のことで不明点がありました。
具体的には、腓骨神経に対して inching 法を実践できるか否かについてです。


恥ずかしながら、私は神経伝導速度検査について表面的なことしか理解していません。実際に私自身が腓骨神経の神経伝導速度を計測した経験はないのです。


このため inching 法を腓骨神経で実施できるか否かを全く判断できませんでした。これに関しては、実際に検査を施行している技師さんに確認するとすぐに教えてくれました。


解剖学的に言って、腓骨神経では inching 法を実施することがかなり難しいようです。この辺りのことは教科書を紐解いてもなかなか分かりません。


このように医学の分野では教科書や文献は万能というわけではなく、その行間に埋もれている知識や知見は山のようにあります。


これらの知識や知見にアクセスするためには、やはり専門家に直接お伺いするのが一番です。 専門家とは、もちろん医師に限りません。このケースでは技師さんでした。


今回の経験から、病院勤めしているメリットのひとつを感じました。おそらく開業して独りでやっていると、今回のようなことを知るのに労力が要ったのではないかと思います。


人が集まっている組織という存在は、知識の集合体でもあります。 経済的に成功するには、おそらく組織から離れて独立するのが最善でしょう。


しかし、組織に所属する間は、医師として成長するためにも、集合知という大きなメリットを最大限享受することを考えるべきかなと思いました。






★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく実践的な医学書です。


 







金融資産市場から北朝鮮情勢を注視する

このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮情勢が緊迫化しています。9月3日に北朝鮮は、約1年ぶりとなる6回目の核実験を実施し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に成功したと発表しました。


北朝鮮の最大の目的は、金王朝の体制維持です。世界最貧国のひとつである北朝鮮が、周囲の大国に伍して生き残るためには、軍事力に頼るしかありません。


その軍事力も通常戦力では、在韓米軍および韓国軍には歯が立ちません。この劣勢を挽回する唯一無二の武器が核兵器です。このため、北朝鮮が核開発を放棄することはあり得ません。


そして、北朝鮮が米国本土を射程に入れるために必要な道具は、水爆とICBMです。北朝鮮のICBMはまだまだ性能が悪いのですが、水爆の破壊力の大きさがその欠点をカバーします。


つまり、多少的を外しても水爆は破壊力が巨大なので、米国本土に深刻なダメージを与えることが可能となります。この2つの道具を北朝鮮は、まさに手に入れようとしているのです。


米国を極度に敵視する国が、米国本土の中枢を破壊できる攻撃手段を獲得しつつあるということは、米国にとって国家存続が脅かされることを意味します。


ICBMが完成して実戦配備されたら、いくら米国でもなかなか手を出せません。そして、北朝鮮は、体制維持のための唯一無二の手段が核兵器です。


ここから導きだされる結論は、米国がこの危機的状況を回避するためには、軍事力行使しか選択肢が無いということになります。トランプ大統領でなくても、結論は同じでしょう。


問題は、どの時期にどの程度の戦争が起こるか? ということに集約されます。北朝鮮と米国の軍事力を比較すると、短期決戦になることが予想されます。


中露が参戦しないかぎり早期に終結しそうですが、問題は日本に類が及ぶのか否かです。米軍基地のある横須賀・横田・厚木が集中する南関東は、第一の攻撃目標です。


水爆をひとつ撃ち込まれるだけで、国家機能が麻痺してしまいます。小市民としては、まずは自分の身の安全を確保することを考えるべきでしょう。


実際に米国と北朝鮮が開戦した場合には、私は東証REIT指数に注目するつもりです。東証に上場しているREITのほとんどは首都圏に集中しています。


このため、南関東への攻撃確率上昇とともに、東証REIT指数は暴落する可能性が高いです。なぜ、攻撃前に東証REIT指数が暴落する可能性が高いのかはこちらをご覧ください。


確実な未来を予測できるわけではありませんが、合理的な市場が形成されている場合、多くは「集合知」が働きます。私は、集合知の力を信じているのです。


東証REIT指数の極端な暴落が発生した場合には、首都圏から一次的に退避することも検討する必要があります。もちろん完全な私の妄想であり、責任は持てないのでご了承下さい。


さて、第一には身の安全ですが、次は資産をどう守るのかも検討したいと思います。日本に北朝鮮の攻撃が及べば、国内資産の多くは暴落することが予想されます。


しかし、首都圏に水爆が投下されて国家機能が麻痺しない限りは、かなりの確率で円高に振れる可能性が高いです。円が安全通貨だから選ばれて買われるわけではありません。


平時は低金利通貨である円を売って、高金利の新興国通貨を買うポジションを採る機関投資家が多いです。一方、リスクオフとなると投資家はポジションの手じまいを迫られます。


つまり、リスクテイク姿勢が強い平時に構築されるポジションは、リスクオフになるとポジションを閉じることを余儀なくされるため、円が買い戻されて円高に振れるのです。


この場合、株式等の国内資産の逆行高になるかたちで円の価値が高まります。このような状況が発生すれば、勇気を持って外貨資産を買いにいくことを検討しても良いかもしれません。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。