整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

電力株

5年前の投資行動が実を結ぶ?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

電力株が復配しています。私は2012年の電力危機の際に、当時のフリーキャッシュフローのかなりの部分を割いて、暴落する電力株に買い向かいました。


2013年10月には取得価格の2倍にまで株価が上昇しましたが、この時点では復配の兆しは全くありませんでした。しかし、2016年から、続々と復配&増配が始まりました。

  • 東京電力      0円 /    0%
  • 中部電力    30円 / 2.97%
  • 関西電力    25円 / 2.89%
  • 中国電力    50円 / 5.08%
  • 北陸電力    35円 / 3.98%
  • 東北電力    35円 / 6.47%
  • 四国電力    20円 / 1.95%
  • 九州電力    15円 / 1.87%
  • 北海道電力    5円 / 0.80%
  • 電源開発    70円 / 3.99%


上記は私が所有する電力株の2017年3月期の配当状況、および購入株価に対する配当利回りです。トータルでの配当利回りは2.91%です。


さすがに、生活できる金額の配当ではありませんが、2012年当初の配当利回りがほぼゼロであったことを考えると、道半ばとは言え、かなり復配されているなという認識です。


原子力発電比率の高い北海道電力・関西電力・九州電力の3社の暴落度合いが凄まじかったので、特にこの3社の比率を高めて、私はいつもの集中投資を敢行しました。


株価的にはとっくにリバウンドしているのですが、復配速度はかなり緩やかです。しかし、ここにきて関西電力を筆頭に増配幅が大きくなりました。


九州電力と北海道電力は、ようやく出血が止まった段階ですが、今後の増配に期待しています。最終的に、2011年の震災前レベルまで増配すると各電力株の利回りは6%になる予定です。


安定的なこれらの銘柄群でこの利回りを確保できれば、なかなか美味しい話だと思います。もちろん、このようなチャンスの窓が開くことはめったにありません。


しかし、ストック型銘柄が何らかの理由で暴落した際には、業界全体が消える可能性が無い限り、思い切って踏み込んでみるのもひとつの手だと思います。


そうは言っても、実際に2012年の状況で電力株に資金を投入することは、かなりの覚悟と勇気が必要でした。しかし5年の歳月を経て、少しずつですが果実を得始めています。


このような投資手法は、世間一般で行われている投資法とは似ても似つかない手法で、実践している人は皆無に近いと思います。


しかし、2013年10月6日のブログの最後に書いているように、私は2012年当時から復配後の電力株ATM化を目的に、捨て値で投げ売りされていた電力株を大量に拾い続けました。


そして、2012年に拾い集めた電力株を、単に証券会社に眠らせているわけではありません。電力株を「有価証券担保」にして、旧帝国大学附属病院前のコインパーキングを購入しました。


有価証券担保の掛目は時価の60%ですが、株価が大幅に上昇しているため、担保余力も増大しています。つまり、①大きな含み益 ②銀行融資の担保 ③配当 の3度おいしいのです。


5年前の自分の投資行為が実を結びつつあるのを見るのは、なかなか感慨深いものがあります。まぁ、普通に考えるとちょっと常軌を逸した時間感覚なのでしょうが・・・





★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



2012年の電力株投資の検証結果は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は2012年7月~11月の電力危機の際に、電力株を大量に購入しました。
しばらく鳴かず飛ばずだったのですが、最近になってようやく株価が復調してきました。


日本株式全体では、中国やギリシャ問題のため株価は軟調です。そんな中、私のポートフォリオの20%ほどを占める電力株だけは順調に推移しています。


投資を開始して3年目でようやく芽が出てきたのですが、現時点での投資成績を評価してみました。下表の右の数字は、購入価格に対する7月24日の終値ベースの倍率です。   


         東京電力    1.99 倍 
         中部電力    1.96 倍    
         関西電力    1.77 倍    
         中国電力    1.90 倍    
         北陸電力    2.19 倍    
         東北電力    3.26 倍    
         四国電力    1.98 倍    
         九州電力    2.06 倍    
         北海道電力   2.41 倍    
         電源開発    2.49 倍 


購入価格の3.26倍と東北電力のパフォーマンスの良さが光りますが、残念ながら200株しか所有していません。東京電力と東北電力はリスクが高いため株数を増やす勇気が無かったのです。


一方、原子力発電所を所有していない電源開発は、電力危機においても高株価であったため所有株数が少ないのですが、その他の銘柄はすべて1000株以上所有しています。


電力株投資を検証した結果、リスクが高い銘柄のパフォーマンスが光っていました。最もハイリスクな東京電力が1.99倍と低パフォーマンスなのは、怖くて購入時期が遅かったためです。


東京電力に関しては株価的にはまだ現時点でも購入するチャンスがあるのかもしれませんが、賠償金の問題のため買い増しには二の足を踏んでしまいます。


ここで思い切って踏み込んでいくのも一法かもしれませんが、どうもそこまで私には度胸は無いようです。円の減価とともに賠償負担が軽減される可能性もあるのですが・・・


以上をまとめると、10銘柄中1~2銘柄ぐらい破綻しても、購入価格が安ければ全体でみれば十分に利益を出せることを再認識しました(幸い、実際は破綻ゼロでした)。


やはり投資の世界では、「絶対損するのはイヤ!」という心情では儲けることは難しいようです。稼ぐためには、労働して額に汗をかくか、投資で心に汗をかくか、のどちらかなのでしょうね。


★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



電力株祭り、再び!

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月から軟調だった電力株ですが、4月1日に北海道電力が日本政策投資銀行に500億円規模の資本支援を要請したというニュースをきっかけに電力株の大幅下落が始まりました。


渦中の北海道電力を筆頭に、関西電力・九州電力等の原発依存度の高い電力株は軒並みバランスシートの毀損を疑われており、株価は大きく下落しています。


3月時点では北海道電力が軟調な理由が分からなかったのですが、思いっきりインサイダー情報の漏洩だったようです(笑)。個人は、投資の世界の最底辺であることを再認識しました。


それはともかくとして、今回の下落は電力株を底値で購入する絶好のチャンスかもしれません。私は、2012.7月~11月までの4ヶ月間に、沖縄電力を除く全ての電力株を買いまくりました。


株式投資において私は、逆張り+ファンダメンタル重視の”超長期投資家”です。目的は配当などのインカムゲインで、ターゲットは財務状態の良いストック型企業です。


ストック型企業とは、営業努力とはあまり関係なく継続的な売上が立つ企業です。私がストック型企業とみなしている業界は、電力・ガス・鉄道・食品・通信・不動産・(J-REIT)です。


これらの業界の企業はデイフェンシブ銘柄とも呼ばれており、成長性は無いが抜群の安定性がウリの銘柄です。よほどのことが無いかぎり倒産は考えにくいので、株価は常に割高です。


ストック型企業の倒産は考えにくいので、何らかの原因で株価が大きく下落した時は、数十年単位の超長期の視点からは絶好の買場である可能性が高いと考えています。


確かに北海道電力の財務状況は非常に醜くく、ファンダメンタル的には最悪な状態です。しかし、なにしろ電気は生活必需品なので倒産は考えにくいです。


現状では各社とも財務状況が悪化しているので、既存株主無視の虐殺的増資の可能性を否定できません。しかし、虐殺的増資が無く、原発が再稼動した場合には株価は大きく復活します。


私は2008年10月~2009年3月に暴落したJ-REITを大量購入して、配当収入だけでリタイア可能になりました。今回は2012.7月~11月に買い足りなかった電力株を追加購入しようと思います。


尚、投資は自己責任で御願いいたします。リスクが極めて大きいので、少なくとも現時点で電力株を買い推奨している人は皆無です。暗い夜道に居るような状況で、活路を全く見出せません。


常識的には極めて見通しが暗く、投機的な要素が高いです。そのような状況を理解したうえで、私は買おうと思っていますが、お金をドブに捨てようとしているだけなのかもしれません(笑)。



                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




2013年 東証大発会の雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加


今年の大発会(1月4日)はなかなかの好スタートでした。円安の進行や米国の財政の崖に一旦2ヵ月の猶予ができたことなどが原因ですが、株価が騰がることに悪い気はしません。


安倍政権が発足して半月ですが、ユーフォリアが日本の株式市場に蔓延しているように思います。ニュースでも連日の株式市場の好調が伝えられるため、思わず株式を買い増したい衝動に駆られます。


しかし、このように株式市場がユーフォリアに覆われている状況で買いに行くと、その時は成功するかもしれませんが、中長期では負ける可能性が高くなります。したがって、ストック型企業(※)の逆張り投資家である私はいつも我慢しています。


株式の順張り投資の最大の欠点は、市場が好調なときにはどんどん利益がでるので、麻薬的な快感を覚えてしまうことです。株価が永遠に騰がり続けることはありえないので、順張り投資では絶対に撤退を考える時期が到来します。


しかし、一度体で覚えてしまった麻薬的な快感を御するのは並大抵のことではないので、市場が崩壊するときに大きな損失を被ってしまうのです。 もちろん、判断基準が麻痺してしまって撤退時期自体を判断できないことも多いです。


そうは言っても、手持ち株式の含み益が大きくなっていくことだけに満足することは案外難しいものです・・・。 私の年初の誓いの一つは、「 今年は絶対に日本株式を買うことを我慢する 」という、昨年と真逆の誓いでした(笑)。

 

 

※ 異論はあると思いますが、日本における代表的なストック型企業は、電力、J-REIT、製薬、通信、食品だと考えています。

 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。