整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

電子カルテ

古い! 電子カルテの自院所有

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、診療部会があり 電子カルテの改修が議題に上がりました。電子カルテ機能のちょっとした変更なのですが、サーバーの追加購入も含めて費用が数千万だそうです・・・


目が飛び出そうな金額の見積もりだったので、会議では電子カルテの改修はなかなか難しいのではないかという雰囲気になっていました。


電子カルテの改修と言っても、素人目ではさほど大きな変更ではありません。この程度の変更に数千万もかけるなど、普通に考えるとバカバカしい話です。


ご存知のように、銀行の勘定系システムは従来の IT ベンダーに一括お任せの自社所有から、 Amazon AWS 等を用いたクラウド上で運用する勘定系環境へ移行中です。


ソニー銀行が先陣を切ったようですが、3大メガバンクの全てがワーキンググループを立ち上げており、金融庁も旗を振っています。


高いセキュリティー水準を求められる銀行の勘定系システムでさえもクラウドに移行しようとしているときに、病院の電子カルテが従来の古びたシステムのままとは驚きです。


他業界の動向に疎すぎるのではないのか?という疑念が湧きました。電子カルテなどという何の収益も生まないモノに対して大金を投じるのはいかがなものでしょう。


電子カルテもクラウドへ移行する方が、今後のメンテナンスも含めてよほど良いのではないかと感じました。


確かに銀行の勘定系システムのような巨大市場ではないですが、何と言っても医療機関は銀行と比べて数が圧倒的に多いです。


セキュリティの問題は、銀行の勘定系システムを見ると分かるように解消されています。あとは、この分野に参入するサプライヤーの問題だけではないでしょうか。





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




IT革命は医療生産性を向上させる?

このエントリーをはてなブックマークに追加


IT革命は生産性を向上させてきたはずですが、日本に限らず多くの先進国で成長率の鈍化や生産性の低下が議論の対象になっています。


経済協力開発機構(OECD)によれば、2001~07年と07~13年の7年間を比べて、労働生産性の伸びが低下した国は、先進国を中心とする34カ国中で32カ国にも及んでいます。


現時点では、IT革命で節約できた時間が所得の増加につながっているケースは限られているそうです。しかし、本当にIT革命で時間が節約できているのでしょうか?


卑近な事例で検討してみると、IT革命の申し子(?)である電子カルテとオーダリングシステムの普及で、紙カルテと比べてむしろ診療に時間がかかるようになったのではないでしょうか。


私はメインの勤務先以外にもいくつかアルバイトをしています。各病院は全く異なるカルテ形式ですが、最も診療スピードが早いのは紙カルテの病院です。


紙カルテは俯瞰性があり、患者データを立ち上げたり面倒なオーダリングをする必要が無いため、非常に迅速に診療が進んでいきます。


一見、電子カルテではコピペ機能が使えるので診療スピードが上りそうなイメージですが、便利なコピペ機能の足を引っ張るのに充分な雑務が付帯しています。


電子カルテは基本的に全ての処置・検査依頼・処方・病名入力を医師が行うことが前提のシステムになっています。医療クラークを導入すればマシですが、無ければ医師の業務が激増します。


電子カルテが威力を発揮するのは顔見知りの再診患者さんのみで、それさえも紙カルテと大差ありません。各病院とも新患患者さんに関しては忍耐力を試される場になっています(笑)。


ひたすら入力が必要な電子カルテ&オーダリングシステムにかなり慣らされてきましたが、全国的に互換性のある電子カルテで無い限り、導入のメリットは少ないのではないでしょうか。


このように医療の現場においても、IT革命は生産性を向上させたとはとても言えない状況です。少なくとも現状ではITゼネコンの肥やしにしかなっていません。


音声認識機能のある電子カルテやオーダリングシステムが登場すれば話は別ですが、少なくとも現在の「IT革命」は私たち医療従事者の生産性向上には全く役に立っていないと思います。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。