整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

THA: カップ固定性は音で分かる!

このエントリーをはてなブックマークに追加


セメントレス人工股関節全置換術(THA)において、技術的な問題が発生しがちなのはカップ設置です。カップの固定性や固定角度の問題を経験した方は多いのではないでしょうか。


さて、そのうちカップ固定性に関してはセメントレスカップを選択するかぎりは100%回避することはできません。


しかし、カップをインパクションした際にカップの固定性はある程度判断できます。私の場合、カップの固定性は「音」と「ハンマーの手ごたえ」で判断しています。


特に「音」に関しては、ハンマーを叩打していると固定性を得られた瞬間に音が変化します。具体的に言うのは難しいですが、少し重い音に変化するのです。


この音の変化が分かると「ああ、今回のカップ固定性は問題無しだな」と判断することが可能です。音の変化を確実に聴取できたときには、ほぼ100%固定性がバッチリです。


一方、音の変化を聴取できずに最後まで軽い音が続く場合には要注意です。このような症例でもそれなりの固定性を獲得していることはありますが、イマイチなことが多いです。


このようなカップの固定性を獲得できた確証をえられない症例では、ホルダーを除去してから最初のスクリューを挿入するまで、素早い動作と細心の注意が必要です。


このように、カップ叩打時の音の変化は、カップの固定性を知る指標のひとつとして重要だと感じています。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




膝関節注射が関節内に入った証拠

このエントリーをはてなブックマークに追加


両側の膝関節注射を施行する際、私は座位のままFT関節外側から関節注射します。

私は「待ち時間ゼロ」の外来を目指しているので、スピーディーさを最優先しているからです。


しかし、関節内に確実に到達させることに関しては、膝蓋上嚢から注射するよりもFT関節外側から関節注射する方がやや難しいと思います。



そして、スベニールなどの高分子タイプのヒアルロン酸製剤を23G針で注入すると、指先の感覚だけでは本当に関節内に入っているのか分からない場合があります。


私は膝蓋骨下極の部位を参考にして関節注射していますが、解剖学的には関節内に入っていると判断しても、実際には滑膜内である可能性を否定できません。


滑膜内であれば患者さんがかなり痛がるのである程度は判断できますが、高齢者ではあまり痛みを訴えないこともあり、確実な判断方法ではありません。


このようにFT関節外側から関節注射する場合、私は注射針を抜く際の音で関節内に入っていたか否かの判断を行っています。周知のように関節内は陰圧です。


このため、勢い良く注射針を引き抜くと「プスッ」という小さな音がします。この「プスッ」という小さな音が聞き取れると、注射針が関節内に入っていたことが分かります。


ちなみに、この「プスッ」という小さな音を聴取できる確率は60~70%です。残りの患者さんは聞き取れないのですが、30%の患者さんの膝関節内注射を外しているとは思っていません・・・


 


       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
          
          整形外科研修ノート (研修ノートシリーズ)


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。