整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

骨移植

橈骨遠位端骨折で骨移植は必要か?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、橈骨遠位端骨折の手術がありました。
下の画像のように、かなり厳しい転位のある症例でした。


CT - コピー



今回は、末梢側骨片の海綿骨が圧壊しており、整復するとかなりの骨欠損が生じる可能性があります。このような症例では、骨移植するべきなのでしょうか?


手の外科医師にお伺いしたところ、
手の外科学会でも骨移植する派と骨移植しない派が真っ向から対立しており、結論が出ていないようです。


専門医レベルでも結論が出ていないようであれば、どちらでも問題無いということなのでしょうか?そうであれば、精神的プレッシャーから解放されます。



Xp - コピー



上記が術後の画像なのですが、少なくとも単純X線像では骨欠損はあきらかではありません。まぁ、絶対に骨欠損は存在しているはずなのですが、画像的には気にならないです。


今回の経験から、橈骨末梢側骨片の皮質骨まで粉砕しているため開窓しなくても骨移植できる場合を除いて、基本的には骨移植しない派に立ち位置を定めました。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








THA: 高度臼蓋形成不全+骨粗鬆症で骨質が不良な症例

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前は人工股関節全置換術(THA)でした。
かなりBMIが高く、おまけに高度の臼蓋形成不全+骨粗鬆症で骨質が不良だったのでカップの設置が難しい症例でした。


臼蓋形成不全が高度の場合、カップ上方に骨移植術を行う必要があります。しかし、ブロック+スクリューで骨移植しても吸収されてしまう確率が高いため、一般的には海綿骨をチップ状にして骨移植することが多いです。


では、カップの被覆度はどの程度まで許容されるのでしょうか?セメントレスカップは日進月歩なので、高度臼蓋形成不全股でのTritaniumやTrabecular metalの長期成績はまだ出ていないと記憶していますが、一般的にはカップの頂点を越えて寛骨臼に被覆されているのであれば固定性に問題が無いケースが多いです。


セメントレスTHAに関してはカップ・ポリエチレンとも進歩が著しく、一昔前であれば相当苦慮したであろう高度臼蓋形成不全+粗鬆骨の症例でも安全に手術できるようになってきたことを実感します。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術



若年者の特発性大腿骨頭壊死症(ION)に対するTHA

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前の手術は、人工股関節全置換術(THA)でした。
若年者の特発性大腿骨頭壊死症(ION)の症例でした。
以前にも記事を書きましたが、IONのTHAは通常のOAと少し異なったコツがあります。


ひとつめは、骨質が良好なため1mm のアンダーサイズリーミングでは、カップが打ち込めないことがあります。まず通常どおりに1mm のアンダーサイズリーミングでインプランテーションしてみて固定性が悪ければ、同サイズでリーミングします。特に寛骨臼縁が固すぎてカップを打ち込めない場合が多いので同サイズリーミングの際には寛骨臼の入り口部を主にリーミングする感覚です。


ふたつめは、IONのTHAではカップ上方と寛骨臼の間に間隙ができることがあります。
正常な寛骨臼は、前後の曲率半径よりも正面像での曲率半径の方が大きいためにおこります。
この場合には間隙に骨移植すればよいでしょう。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。