整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

CF

大腸内視鏡検査の施行間隔は10年!

このエントリーをはてなブックマークに追加


私は数年前に、大腸がん検診の一環として CF を施行していただきました。ご存知のように CF の際には前日から前処置が必要で、かなり苦しい一日だったことを記憶しています。


CF 前日はほとんどトイレに入り浸り状態で、漏らしたりしないか心配で夜寝るのも不安な状況でした。。。


そして検査自体もなかなか精神的・肉体的な苦痛を味わうものであり、正直言ってそんなに再々と検査したいと思うようなものではありません。


しかし現在は食事が欧米化しているため、日本人の死因としても大腸癌は非常に大きなウエイトを占めています。


自分の身を守るためには、ある程度の頻度で CF を施行せざるを得ないと考えています。それでは一体、CF の施行期間感覚はどれくらいが妥当なのでしょうか?


お伺いした消化器内科の先生によってまちまちですが、だいたいの総意として 5年程度という先生が多い印象でした。


全米総合がん情報ネットワーク(NCCN)による大腸癌ガイドラインでは、CF の結果が陰性の場合には再検査の推奨期間を10年としています。


今ではこの推奨を裏付ける明確なエビデンスは存在しませんでした。ところが今回 JAMA Intern Medで、
CF の結果が陰性の場合は再検査の推奨期間が10年という結果がでました。


CF の陰性者を対象とした大規模な後ろ向きコホート研究で、10年後の大腸がん発生リスクは、検査を受けてない人の半分以下であったとの報告がありました。


この研究報告は、私にとっても非常に朗報だと感じました。CF を 5 年に1度受けていかなければならないというのは非常に憂鬱なものです。


しかし、5年毎ではなく10年毎であればまだ許容できそうな気がしたからです。ちょっと自分に甘いかもしれませんね(笑)






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






金融資産運用のトラックレコード

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、毎月月末に金融資産の時価評価を行っています。
そして前月と比べての増減を確認しています。


2013.6月に戸建を現金購入してからほとんど新規投資を行っていないのですが、金融資産の増減は比較的小幅に留まっています。


私の場合、株式や外貨の比率が金融資産の約8割を占めるので、市場の影響を非常に受けやすいポートフォリオです。このため、毎月のCFは小波程度の影響しかありません。


月間CFよりも、市場が3%上昇する方が時価評価上では影響が大きいのです。株式市場では3%程度の価格の増減は日常茶飯事で、1日の変動幅であることも珍しくありません。


2002年からの金融資産の時価評価の推移をグラフを確認すると、12年間で数回急激な金融資産の伸びを記録している時期があります。



チャート



グラフを眺めると、2009年と2013年に急激な増加していることを確認できました。私の中では2003~4年にかけても急激に増加したイメージでしたが、記録上は大した上昇ではないようです。


そして、この金融資産が急激に増加した時期は、数年にわたる長期の下落相場が大底を打って日本の株式市場が回復する時期に一致します。


2003年は2002年の金融危機からの回復過程、2009年は2008年のリーマンショックの回復過程、2013年は2013年のアベノミクスによる株価上昇が、金融資産が急激に増加した原因です。


私は超長期の逆張り投資家なので、大底に向かって優良銘柄の”追い込み”をかけます(表面的にはいわゆるナンピン買いですが、投資哲学が少し異なります)。


グラフを観察して分かるもうひとつのポイントは、2014年現在に近づくほど、金融資産の時価評価の振幅が大きくなっていることです。この理由は、単純に運用する資産総額の違いです。


不動産を購入する際にやむを得ず売却したこともありましたが、私は一旦証券口座に入金したお金は絶対に引き出ししないという鉄の(?)ルールを自分に課しています。


この10年以上に及ぶ金融資産運用の複利効果(※)が、グラフに端的に現れているのです。
※ 一般的な”複利効果”ではなく、私独自の投資哲学に基づく”複利効果”です


最近では時価総額の振幅が月間CFの数倍になることも珍しくないため、自分の精神力が追いついていないことを感じます。市場の動きに対して、完全な冷静さを保つことが難しくなっています。


市場が好調なときには私も太っ腹になり、下落局面ではナーバスになるのです。まだまだ修行が足りないようで、自分のコンテクスをもっと広げる必要性を感じています。




                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。