整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

IPO

ソフトバンク IPOをどう考える?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.19にソフトバンクの IPO があります。
私の周囲でもソフトバンクの IPO に参加しようという人が少なからずいます。


彼らの目的は 以下の三つに大別されます。
  1. IPO を用いたキャピタルゲイン目的
  2. 5%の配当狙いのインカムゲイン目的
  3. 株主優待目的


ソフトバンクの IPO は話題性充分で、一般の方でも知っているほどです。そこで、ソフトバンクの IPO に参加することが望ましいのか否かを検討してみました。


まず①のキャピタルゲイン狙いの IPO 投資ですが、これに関しては参加する価値はあると思います。もちろん半丁博打ではありますが、勝率は比較的高いのではないかと考えます。


ただ、これだけの大型上場なので、市場から吸い上げる資金量が半端ではありません。したがって、大幅に公募価格を上回ることは想定しにくいのでコツコツ派向けでしょう。


次に②の配当狙いのインカムゲイン目的の投資ですが、これについてはあまりお勧めできません。通信事業はストックビジネスなので、確かに収益性は安定しています。


しかし通信事業は許認可事業なので国の政策がもろに影響します。つまり生殺与奪権を国に握られているため、長期的には現在のような高収益を維持できる可能性は少ないです。


しかも配当性向は85%とかなり無理をした配当水準です。将来的にこの配当水準が下がることはあっても上がることは考えにくいです。


しかもこれほどの高配当を提示しなければいけないほど、プロの投資家目線ではソフトバンク株に魅力がありません。事実、今回のソフトバンク株は個人投資家がターゲットです。


機関投資家にとっては魅力が少ないため、やむを得ず情報弱者の個人をターゲットにしているというのが真相です。


孫会長の目的は、将来性が無いために不要となったソフトバンク株を現金化することです。そして、ここで得た資金を次の投資への見せ金にしようとしています。


つまり端的に言うと、情弱な個人からお金を集めて自分の事業の未来へ注ぎ込もうとしているのが今回のソフトバンク IPO の実態なのです。


③の株主優待投資に関しては議論するまでもありません。そもそも株主優待があるのか否かさえ決まっておらず、あったとしても株主優待は所詮おまけに過ぎないからです。

 
以上をまとめると、ソフトバンクの IPO に参加する場合には、投機と割り切って参加するのはアリですが、少なくとも投資家目線で購入するべきではないと考えています。


私の経験的な話をすると、今回のような「儲かりますよ~」的な雰囲気の中で購入すると、負けること必定です。


不動産とは違って、金融資産投資のようにプロが跋扈する弱肉強食のジャングルの中で利益を得るためには、PPIを飲みながら歯を食いしばって投資するしか方法が無いからです。






★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



お金をもっていることに価値は無い?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月4日に郵政グループ3社のIPOがありました。1987年のNTT以来の超大型上場です。国の威信をかけて、オールジャパン体制で売出価格割れを回避する意図を感じました。


ただし、売出価格割れの可能性は低いものの、10兆円を超える巨大な時価総額と本業の成長性の無さから、売出価格を大幅に上回る初値を付ける可能性は高くないと考えられていました。


しかし、蓋を開けると3社とも大幅に売出価格を上回りました。 終値ベースでの3社の時価総額を単純合算すると17兆4975億円で、国の威信をかけた大型上場は予想以上の成功でした。


さて、これだけ話題になった今回の郵政グループ3社のIPOですが、実は私もブームに乗ろうとIPOに初参加しました。しかし、私は下記の理由で郵政グループ3社を全く評価していません。


1. インフレに非常に弱い銘柄である
2. ビジネスモデルが貧弱
3. 親子上場である


①に関しては、郵政グループ3社で膨大な日本国債を保有しており、インフレが発生した場合に巨額の損失を計上する危険性が高いためです。


②に関しては官業の宿命で根本的な解決は難しく、③は企業統治に問題があります。 このため今回のIPOへの参加は「投資」ではなく「投機」となります。


世間では郵政グループの上場は、個人投資家の「投資」の起爆剤になると期待されています。しかし私の金融資産投資の判断基準では、郵政株は「投機対象」以外の何者でもありません。


私は金融資産・不動産とも「投資」を信条としており、ギャンブルや投機は行いません。お金を粗末に扱いたくないからです。しかし、確実に利益を見込める今回のような事例は例外です。


そして、「投機」デビュー戦の結果は、割り当てられた300株(約40万円)を初日に売却して6万円の利益を出して終了しました。実質的に30分ほどの作業時間で6万円の利益です。


下馬評通りに初値が売出価格を上回ったので今回の「投機」は成功裡に終わりましたが、やはりポイントはIPO投資の原則通りで、いかにして新規公開株の割り当てを増やすかでした。


私は複数のネット証券から合計30000株申し込みましたが、割り当て株式数はたったの300株でした。一方、知り合いは4000万円分の株式購入を証券会社から直接打診されたそうです。


ほぼ同じ立ち位置にも関わらず、10以上のネット証券の抽選に外れまくった私と、某国内大手証券会社から直接オファーのあった知り合いの差は一体何なのでしょうか?


ある一定のレベルを超えてくると「お金をもっていること」に価値は無く、「誰を知っているか」「何を知っているか」が重要になってくると思います。つまり私と知り合いの差は人脈の差なのです。


たとえば、不動産投資家のコミュニティー内では「お金をもっていること」は全く重要視されません。コミュニティーのメンバーは全員資産家なのでお金を持っていることに希少性は無いのです。


それよりも、「誰を知っているか」「何を知っているか」が非常に重要視されます。単に地主の家に生まれただけの人は、コミュニティー内では単なる「壁際の人」に過ぎないのです。


コミュニティー内でやりとりされる会話や情報の質は非常に価値が高いです。コミュニティーのメンバーが交流を深めながら、互いに恩恵を与えあって資産を拡大させていく様は圧巻です。


そして最も恩恵を受けているのは、情報発信して「人材のハブ」となっている方です。私は各種マニュアルで医師のための資産形成手法を公開していますが、あくまで基本知識だと思います。


基本知識を習得して自力である程度の資産を形成した上で、価値のあるコミュニティーのメンバーになることを許されないかぎりは、本当に鮮度の高い情報を得ることはできません。


そして、コミュニティーのメンバーになるためには「クレクレ君」ではダメで、自らの経験や知識を気前よく情報発信することが必要であることは言うまでもありません。


★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。