整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

MILD

棘突起をきれいに温存できた!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術 (muscle-preserving interlaminar decompression: MILD法)を施行しました。 今回の除圧高位はL3/4の1椎間でした。


最近では、手術時間の短縮(と言っても5分程度でしょうか)と、より後方成分を温存するため、上位椎の棘突起の末梢1/2を縦割して進入しています。



AP - コピー



術後は骨癒合を期待して、縦割した棘突起を縫合しています。上図は術後1週目の単純X線正面像ですが、L3棘突起はかろうじて判別できます。



LR - コピー
 



一方、こちらの側面像では、L3棘突起をきれいに温存できていることを確認できました!さすがにL4棘突起中枢側は少し無くなっていますが、執刀医的には非常に満足です。


私は脊椎外科医ではないので、適応のある症例のみを厳選して手術を行っています。そして、勤務先の病院に脊椎外科医は居ないので、単純な後方除圧術であっても慎重に施行します。


単なる後方除圧術なのにTHAやTKAよりもプレッシャーがかかって嫌なのですが、市中の小規模病院勤務のため、自分で対応可能な手術であれば逃げることはできません。


とは言っても、1時間ほど集中して手術するだけで患者さんの症状が劇的に良くなるので、ついつい手術予約を入れてしまいます。コストパフォーマンスの良い手術は辞められませんね(笑)。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 

    




低侵襲手術で照明器は有用でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前の手術は、筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術
(muscle-preserving interlaminar decompression: MILD法)でした。


今回の除圧高位はL4/5だけだったので、皮膚切開は3cm程度です。ただ、私が勤務する病院では顕微鏡や内視鏡が無いので、ルーペを使用して手術を施行しています。


正直、脊椎手術を行うのであれば手術用顕微鏡ぐらいは欲しいところですが、導入に数千万円単位の資金が必要であるため実行できていません。


しかしMILD法程度であれば、ルーペでもほとんど問題なく手術可能です。唯一不便さを感じるのは、術野の端まで光が届かないケースがあることです。


特に上位椎弓のlateral recessを掘削する際に、どうしても術野が暗くなってしまいます。そこで、サージカルスパインという会社のオーソライトというレトラクター用ライトを試してみました。



オーソライト




これは、テープ状になった光ファイバーをレトラクター等に貼付して術野を照らします。関節鏡で使用する光源を利用するので、ほとんどの施設で簡単に導入可能です。


サイズは巾16mmと9mmがあり、価格は16mm が定価 92,000円/5本、9mmが定価 120,000円/5本だそうです。光源に接続するライトケーブルは定価 118,000円です。


今回はlateral recess掘削の際にも良好な視野を確保できたので、あっという間に手術が終了しました。メーカー説明ではシングルユースですが、4回ぐらいはガス滅菌したいところです。


顕微鏡や内視鏡がある施設では不要ですが、ルーペのみの施設では有用だと思います。明日は人工股関節全置換術(THA)があるので、寛骨臼の処理の際に使用してみるつもりです。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 

                   
    


腰椎の手術―ベーシックからアドバンストまで必須テクニック (OS NOW Instruction)



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。