整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

MIS

投球は7回以下100球未満で

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneで興味深い記事がありました。
高校野球のピッチャーには「7イニング以下100球未満」を推奨 です。




高校野球では、過度な投球数や連投に次ぐ連投などが問題視されている。山形大学整形外科の宇野智洋氏らは、山形県の高校野球投手を対象に、登板時における投球数やイニング数、投球時の痛み、投球パフォーマンスなどについてアンケートを実施した結果から、1試合で8イニング以上または100球以上の投球数で投球時の痛みが強くなり、投球の困難度が高くなること、いずれも満たす場合は要注意であることを、第89回日本整形外科学会で指摘した。



100球以上かつ8回以上だと投球時痛が強くパフォーマンス悪化  


宇野氏らは、山形県の高校野球選手1,191人を対象にアンケートを実施。そのうち、投手296人の回答から1試合当たりの投球数やイニング数、投球困難度として投球時痛、スポーツや楽器などによる機能障害の程度を自己評価するDisability of the Arm, Shoulder, and Hand(DASH)を投球に即して変更したもの(以下、DASH投球)、投球パフォーマンスについて検討した。  


検討の結果、1試合当たりの平均は、投球数は75±32球、イニング数は4.7±2.3イニング、投球時痛(痛みなし0点~最悪の痛み40点)は8.1点、DASH投球(困難なし0点~最困難100点)は19点、投球パフォーマンス(最良100%~最低0%)は67%であった。  」


投球数から、100球未満(250人)と100球以上(46人)に分けて投球困難度を見ると、投球パフォーマンスには差がなかったが、投球時痛は100球以上群では平均10.1点と、100球未満群の7.7点に比べて有意に高く、DASH投球も100球以上群では25点と、100球未満群の19点に比べて有意に高かった。  


イニング数から、7イニング以下(252人)と8イニング以上(44人)で見ると、DASH投球と投球パフォーマンスは両群に差はなかったが、投球時痛は8イニング以上群では11.1点と7イニング以下群の7.5点に比べて有意に高く、肩肘の投球時痛に関しても8イニング以上群では10.8点と7イニング以下群の6.4点に比べて有意に高いことが認められた。  


さらに、「100球以上かつ8イニング以上」の群(41人)では投球時痛が11.9点と、「100球未満かつ8イニング以上」または「100球以上かつ7イニング以下」の群(65人)で7.2点、「100球未満かつ7イニング以下」の群(190人)では7.5点であったのに比べて有意に高いことが認められた。肩肘の投球時痛もそれぞれ11.6点、6.2点、6.4点と、「100球以上かつ8イニング以上」の群で有意に高いことがわかった(図)。




図. 投球数とイニング数による全身および肩肘の投球時痛







整形外科医として外来をやっているからそう思うだけかもしれませんが、とにかく中学生や高校生で肘関節や肩関節に問題を抱える選手が多過ぎる印象を受けます。


今回の提言は、
「7イニング以下100球未満」と分かりやすいので、選手だけではなく両親や監督・コーチなどの指導者に対する啓蒙フレーズとしても適切ではないかと思います。


学生スポーツの現場では、こちらで紹介したようなことがまかり通っています。また、両親の視野が狭くなっていて、子供の将来まで見通せていないケースも散見します。



「スポーツ」という言葉の持つ美しい響きに惑わされがちですが、目先の試合結果ではなく前途有望な子供たちの将来の方を重視する風潮になってほしいものです。





★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
  


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



 






MIS-TKAの意義か、異議か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneで興味深い記事がありました。
MIS-TKAがもたらしたのは意義か異議か? です。




人工膝関節全置換術(TKA)を最小侵襲手術手技(MIS)で行うMIS-TKAが提唱され,10年余りが経過した。


術後の疼痛軽減,早期機能回復が期待され日本でも急速に浸透したが,手術時間の延長や手術視野の制限,それに伴う軟部組織の損傷など,問題点も指摘されるようになった。


また,大腿四頭筋を温存する,皮切長を必要最小限にとどめる,膝蓋骨を翻転しない─ことがMIS-TKAのおおよその要件とされるが,明確な定義はないのが実情であり,何をもってMIS-TKAとするのか,疑問の声も聞かれる。


第46回日本人工関節学会ではMIS-TKAの意義を問う特別企画が催され,豊富な手術経験を持つ4氏が,推進派と非推進派に分かれて議論を交わした。



  • さらなる低侵襲化に期待 ー杉本氏
  • "最小侵襲"から"最適侵襲"へ ー水野氏
  • "最小侵襲"から"最適侵襲"へ ー水野氏
  • 技量に応じた無理のないTKAが重要 ー西池氏





詳細はリンク先を読んでいただきたいのですが、さすがに初期の頃のように皮膚切開の長さ云々といった馬鹿げた議論はなされていません。


一応、上記の4名の先生方は
MIS-TKAの推進派と非推進派に分かれて議論されているのですが、結論はほぼ同じであると感じました。



  • 熟練した術者が行うMIS-TKAは悪くはない
  • 重要なのは「低侵襲」ではなく治療成績 


可能な範囲で低侵襲を目指すless invasive surgery(LIS)や、無理のない範囲で低侵襲を目指す"最適侵襲"など、先生方の言葉や立場は違えど、治療成績重視の点は同じです。



私自身は並みの技量しか持ち合わせていない整形外科医のなので、俗に言うMIS-TKAを志向することはなく、安全・確実・無理のない範囲での低侵襲を心掛けて手術を行っています。


手術技量の上達は持って生まれた才能の差が大きいと思います。凡人では努力しても到達できる点が見えてしまいます。このため私は、自分の能力内での最良の結果を目指しています。


大事なのはMISではなく、治療成績を上げることだと思います。MISは治療成績を上げるための要素のひとつであり、治療成績>MISの関係をはき違えないようにする必要があると思います。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です






TKA: 皮切の小ささは無意味

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の午前は人工膝関節全置換術(TKA)でした。使用機種は、ライト・メディカル(WRIGHT MEDICAL)のEVOLUTIONでした。なかなかデバイスが洗練されていて、使い勝手が良い機種だと思います。


さまざまなインプラントが発売されていますが、インプラント間(デバイス間)の差はマイナーチェンジ程度の差でしかないので、やはり術者の技量が手術成績に大きく影響すると思います。


一昔前に流行ったMISが今ではあまり顧みられることが少なくなった最大の原因は、侵襲の小ささに拘り過ぎて下肢アライメントや靭帯バランスのチェックが疎かになりがちな点だと思います。


昨日は12cm程度の皮切でしたが、やはり術野の展開が難しかったです。基本的には3名で手術を行っていますが、1名でも熟練していないドクターが居ると手術時間が延長してしまいます。


皮切が小さくなるほど、レトラクターの使用方法が重要となります。具体的には内側の展開を行う時には内側を中心にレトラクターを引いて、外側のレトラクターはほとんど抜けない程度に掛けているだけといった感じです。


MISは小さな皮切の手術ではなく内部の軟部組織に対する低侵襲手術であるとよく言われますが、インプラントを至適な靭帯バランスで設置するためには、軟部組織に侵襲を加えざるを得ません。


したがって、やはり分かりやすい”MIS”は、小さな皮切の手術ということになってしまいます。レトラクターの使い方次第でかなり皮切を小さくできますが、良い方向への長期成績には全く影響しないので、やはり普通に展開した方がよいかなと感じました。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                  

    
      人工膝関節置換術[TKA]のすべて-安全・確実な手術のために


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。