整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

MP関節ロッキング

MP関節ロッキングの診断方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、示指がいきなり伸びなくなったという主訴の患者さんが初診されました。診察すると、確かに示指のMP/PIP/DIPが屈曲したまま、動かなくなっています。


以前、MP関節ロッキングを治療したことを思い出しました。アレもたしか、示指だったような・・・。MP関節ロッキングとばね指のロッキングは似て非なる病態です。


とりあえず、スマホで過去に自分の書いたブログ記事にアクセスして概要をおさらいしました。結論的には、今回はMP関節ロッキングではなく、ばね指のロッキングでした。。。


MP関節ロッキングではMP関節が完全伸展が不能ですが、PIP関節およびDIP関節には可動域制限がありませんでした。


一方、バネ指によるロッキングの場合には、屈筋腱がA1 pullyで固定されるので、PIP関節、DIP関節とも動かせないです。


「バネ指によるロッキング」という診断がついたので、腱鞘内注射を施行しました。5分ほどして示指を伸展しようとしましたが、なかなか伸展しません。


エイヤッ!と伸ばすと、ゴクッという大きな音とともに示指が伸展するようになりました。いや~、心臓に悪いです。とりあえず、患者さんには腱鞘切開術を勧めておきました。


MP関節ロッキングとばね指によるロッキングの鑑別は、PIP関節やDIP関節が動くか否かで判断することがポイントです。珍しい病態ではないので覚えておいて損はないでしょう。




★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく実践的な医学書です。


 







手指のロッキングには注意を

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の外来で、中指のロッキングを主訴に患者さんが初診されました。
この方は50歳台の女性で、この2~3ヵ月で数回ほど中指の伸展が不能となったそうです。


今までは徒手整復が可能だったようですが、その日は全く伸びなくなったので受診されました。以前、
MP関節のロッキングを経験したので、少し身構えて診察を行いました。


身体所見では、MP関節・PIP関節・DIP関節ともに60度程度で屈曲しています。PIP、DIPとも動かせなかったので、どうやら屈筋腱がA1 pullyで固定されている通常のバネ指のようです。


一応、バネ指の診断でステロイド腱鞘内注射を施行して緩徐にマニュピレーションを施行したところ、ロッキングは解除されました。


自動で中指を屈伸してもらうと、A1 pullyでクリックを触知しました。やはり、バネ指のようです。MP関節のロッキングの場合には、当然A1 pullyでのクリックを触知しません。


両者は、ロッキング時のPIP関節およびDIP関節の可動域制限の有無で鑑別できます。バネ指ではPIP・DIP関節とも動かせないですが、MP関節ロッキングでは可動域制限が無いのです。


MP関節のロッキングの場合には、下手にロッキングを解除すると手術の際に難渋します。このため、初診時に正確に鑑別することが治療のポイントだと思います。



             ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。
特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく
実践的な医学書です。




                                                   

                                        
            
手の外科の実際                       私の手の外科―手術アトラス








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。