整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

TKA

脳内手術ができれば技術維持は容易

このエントリーをはてなブックマークに追加


今週はかなりバタバタしていました。
先週末から、北海道での飲み会BBQ+プライベート旅行+営業回りをこなしています。


火曜日の夜遅くに帰宅したのですが、翌朝はアサイチで人工膝関節全置換術(TKA)がありました。体力的にちょっと限界かも...。


しかし、臨床医であるからには患者さんの手術を蔑ろにするわけにはいきません。私は、いくら手慣れた手術であっても、術前のイメージトレーニングを自分に課しています。


具体的には皮膚切開から閉創までをリアルに頭の中でイメージして、脳内で手術を行うのです。例えば TKAであれば、10分ほどかけて「1症例を執刀」します。


もちろん、脳内手術なので場所や時間の制約はありません。先日の症例では、空港からの帰りの電車の中で行いました。


そして当日アサに画像を確認して、再度脳内で手術を行います。この作業によって、どんなに忙しくて余裕の無いときでも、ほぼベストの状態で手術に臨むことが可能となります。


もちろん、才能のある人はこんなことをしなくてもハイパフォーマンスを維持できるでしょう。しかし、私のような凡人は、努力しなければ手術技術を維持できません。


ちなみに私が詳細な部分まで脳内手術が可能なのは、THAと TKAだけです。定型的手術だからこそ可能なのですが、脳内手術が可能になれば技術の維持は容易だと感じています。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です






TKA: 同側の骨折既往歴は要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、人工膝関節全置換術(TKA)を施行しました。この患者さんには同側の大腿骨近位部骨折の既往歴があり、かなり変形癒合しています。


高度の骨粗鬆症がベースにあるので、大腿骨近位部骨折術後はイベニティを投与していました。膝関節の単純X線像でもかなりの粗鬆骨のようです...。


骨脆弱性の強い患者さんの TKAは慎重に施行する必要があります。このため、執刀開始から慎重に展開して、可能なかぎり骨切り部や軟部組織に負荷がかからないようにしました。


この症例の難しい点は粗鬆骨であることだと思っていましたが、それ以上に大変だったのは大腿骨近位部骨折術後であるため、股関節の 3Dのアライメントが異常であったことです。


おそらく、大腿骨頚部が後捻しており、しかも内反までしています。術前計画ではミクリッツラインを受傷前の大腿骨頭位置に設定しました。


そのような対策をしていましたが、実際に術中で困ったのは、大腿骨頚部が後捻しているために大腿骨が過度に外旋していることです。


展開そのものが難しく、骨切りの角度や回旋決めでも難渋して、2時間を超える手術になってしまいました...。前日に筋トレを頑張り過ぎたこともありヘロヘロです(苦笑)。


やはり、同側に骨折の既往があると、予想外(?)のピットフォールが出現するようです。これからは骨折などの異常な既往症がある場合には、より注意しようと思いました。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です






TKAはTHAよりも減少している?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


新型コロナウイルス感染症による受診抑制は、まだまだ続いています。整形外科分野では、不要不急と思われる人工関節手術や麻痺以外の脊椎手術で顕著です。


日赤、医療センター、市立・都道府県立病院といった公的基幹病院であっても、これらの予定手術が減少しているため患者数減少に苦しむ医療機関が多いです。


このため、これまであまり対応してこなかった大腿骨近位部骨折等の外傷まで積極的に扱っているようです。そのしわ寄せは、周辺の場末病院にまで及びます。


そんな中、同じ人工関節でも膝関節と股関節では減少具合が異なるようです。具体的にはTHAの減少は軽微であるものの、TKAの減少が大きい施設が多いです。


理由は定かではありませんが、膝関節は装具などで何とか我慢できる人が多いことが要因かもしれません。股関節では装具といっても杖ぐらいしかありませんから...。


膝関節と股関節では、日常生活の不便さの度合いが異なるのでしょう。このため、膝関節外科医は、股関節外科医と比較して苦戦している人が多いことが予想されます。


このような状況を観察していると、今回のコロナ禍は医療業界の状況も大きく変化させるのかもしれません。関節外科医も将来のことを考えなければいけませんね...。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




手術で調子が悪いには理由がある!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、人工膝関節全置換術(TKA)がありました。最近ではつとめて、術中にマイルストーンを設定してリズミカルな手術になるように心掛けています。


しかし、マイルストーンに固執し過ぎることはあまりよく無いことに気付きました。自分の調子が悪い時にマイルストーンに固執し過ぎると、どうしても手術が雑になるからです。


そして定型手術の場合、自分の調子が良いか否かは、視点がどこにあるのかである程度判断しています。この場合の視点とは物理的な視点ではなく、精神的な視点です。


調子が良い時は、自分のアタマの少し上ぐらいから全体を見渡して手術を施行している感覚になります。もちろん手先に集中していますが周囲にも気を配れている状態です。


一方、調子が悪い時は術野しか見ることができません。上から全体を見ている感覚にどうしてもなれないのです。こういう時は要注意だと考えています。


狭い範囲にしか気を配れていないときには何か思いがけないことが起こりがちだからです。では、どのような時が調子悪いのでしょうか? 私の場合は下記のごとくです。


  • 前日に多飲した
  • 睡眠時間が短かった
  • 前日に脂っこいものを大量に食べた
  • 2件目以降の手術
  • 不慣れな手術


自分の不摂生がバロメーターになることが多いので分かりやすいかもしれません。やはり、手術をするからには、前日から体調管理しなきゃなと改めて思いました(苦笑)。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です






定型手術ではマイルストーン設定を

このエントリーをはてなブックマークに追加


人工股関節全置換術(THA)や人工膝関節全置換術(TKA)は定型的な手術です。もちろん、中には難症例がありますが、ほとんどの症例は決まった手順で進んでいきます。


人工関節全置換術はインプラントという大きな異物が体内に留置されるため、感染対策からもできるだけ手術時間を短縮化することが望ましいです。


ただ、やみくもに手術時間短縮化を目指してもなかなか結果が出くいです。このため私は手術工程のマイルストーン、およびクリアする時間を事前に設定することにしています。


例えば TKAであれば、手術時間1時間30分ぐらいがまずまずの時間だと思います。それでは1時間30分で終了するにはどうすれば良いのでしょうか?


TKAは大腿骨と脛骨の処理が交互なのでマイルストーンを決めにくいです。このため私はインプランテーション開始をマイルストーンにして執刀開始から1時間を目標にしています。


このペースだと、だいたい1時間30分程度で手術を終了することが可能となるからです。漫然と手術をするよりも、マイルストーンを設定する方が安定的な手術が可能です。


特に、人工関節前置換術等の定型的な手術に関しては、マイルストーン設定は相性が良いと感じています。関節外科の先生は一度試されてはいかがでしょうか。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。