整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

恒大集団のデフォルトリスクに投資家としてどう臨む?

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の恒大集団のデフォルトリスクが世界の市場を揺さぶっています。恒大集団に代表される中国の不動産大手は総じて苦境に陥っています。


その直接的な理由は、不動産バブルを抑えて所得格差を縮小するという中国政府の意向です。政治的意思が働いているので恒大集団の力だけでは如何ともし難い状況と言えます。


恒大集団が破綻すれば中国経済にも甚大な影響を及ぼす可能性があるにもかかわらず、中国政府が恒大集団の救済に躊躇するのは不動産バブルの存在です。


中国の不動産バブルは「灰色のサイ」と言われており、高い確率で深刻な問題を引き起こすと考えられるにもかかわらず軽視されがちなリスクとみなされています。


現時点の状況ですが、恒大集団が 9月22日に社債の利払いを23日に実行すると発表したため、世界の株式市場は若干戻しています。しかし危機が完全に去ったわけではありません。


中国政府が政策変更しない限り恒大集団が現在の状況を維持できる可能性は低く、どのような形で処理されるのかが今後の焦点です。


管理されたデフォルトになるか否かは中国政府の意向次第です。恒大集団のデフォルトが恐れられているのは、その金額ではなく簿外債務の存在を噂されているからです。


もしリーマンブラザーズのように巨大な簿外債務があれば、2008年のリーマンショックのように金融市場に巨大な影響を及ぼします。


しかし国家統制の強い中国では、政府が簿外債務が存在するか否かを把握している可能性が高いと思われます。そうであれば野放図なデフォルトに至る可能性は低いはずです。


このため 2008年リーマンショックを超えることは無いと考えています。そうであれば更に株価下落が進行した場合は、比較的早い段階から資金を投入する可能性を検討しています。


従来の私であれば買い出動は数年に一度程度でした。しかし、全通貨の価値は下落すると考えているので、早目にモノに変換する方針に変更しています。


半年~1年程度でこの戦略変更の是非を検討しますが、現時点ではさらに株価が下落した場合には恒大集団のデフォルトリスクを取りに行こうと思います。


ただし、私の大局観はこちらでご紹介したように全くアテになりません。通貨価値下落は加速しない可能性もあるので投資判断は自己責任でお願いします!






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




子育てを応援する理念は起業家の心を浄化する?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業を始める最も大きな動機は金銭的問題や怒りであることが多いと言われています。自己実現や社会的弱者救済等を大義名分に掲げる人が多いですが、実際には少し泥臭いのです。


かく言う私も経済的利益を得るために起業し続けていることは論を俟ちませんが、事業が軌道に乗り始めると、少しだけ別のことを考え始めるようになります。


具体的には、ほんの少しだけ社会貢献的な意図が芽生えてくるのです。しかし決して強固で大々的に宣伝できるようなものではなく、ほんとうにちっぽけなシロモノです。


私は日本という国や社会が好きなのですが、大きな問題がたくさん転がっています。その中のひとつは少子高齢化でしょう。人口減は国家や民族の興亡にかかわる由々しき問題です。


もちろん私のようにちっぽけな存在が社会に対してできることはほとんどありませんが、多少なりとも少子高齢化に貢献できることは存在すると考えています。


それは子育てする人を応援する場を創ることです。少子高齢化となる原因のひとつは現代社会では子育てがとても難しいことが挙げられます。


子どもを連れているだけで理不尽な差別を受けることも多々ありますが、それ以上に子育てしていると経済的に苦しくなるという現実があります。


このような子育てによる経済的苦境を回避するために、子育てしながらでも自分のペースで働ける環境を提供することに社会的意義があると思うのです。


コロナ禍でリモートワークが市民権を得ましたが、この流れは子育て世代にとって好ましいと思います。問題は子育て中の人がリモートワークできる場がまだまだ少ないことです。


現状で私が提供できるのはたかだか10名分ぐらいの場に過ぎません。しかし順調に事業規模を拡大することで場の数が拡大します。


本当にちっぽけな数ではあるものの、子育てしながらでも気兼ねなく働ける場を提供できるのはとても嬉しいことです。


子育て支援をできる場をできるだけたくさん提供できることを事業の副題にしていると、お金儲けするんだ!という欲が多少は浄化されて事業に注力できる気がします(笑)。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




科の選択はある程度テキトーでも問題無い?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

隣の芝生は青く見えるではないですが、自分と違う科を羨ましいと思ったことがある方は多いことでしょう。しかし整形外科に関してはその割合は少ないかもしれません。


なぜなら整形外科は、
  • 領域が広いためツブシが利く(関節外科、脊椎、関節リウマチ、リハビリテーション)
  • 医学の進歩が著しい領域が多い(脊椎、関節リウマチ)
  • 全身管理する機会が稀なので業務がラク
  • 手術はそこそこ大きく見えても実はシンプルなものが多い
  • 体力的にキツクなると整形外科を引退しても整形内科に転進できる
  • 開業が容易
などのように他に例を見ないほど多くのメリットがあるからです。


このため私の中では名より実を取って医学部を第一志望にした高校生だった自分と同じぐらい、医学部 6回生の自分の判断に拍手を送りたいと思っています。


しかし医学部を第一志望にした判断は結果的に正解だったものの、まともな思考過程で正解に至ったわけでは全くありません。このことは整形外科を志望した判断も同じです。


少なくとも私が整形外科を選択したときには、脊椎外科や関節リウマチが現在ほど隆盛を極めるとは誰も予想できませんでした。


自分の将来に関しては皆真剣に考えて学部や科の選択をしますが、未来は不確実であるためその判断の成否は運任せの割合が高いと思います。


起業や投資であれば世の中の変化を都度感じ取ってピボットすることで軌道修正しますが、学部や科の選択ではピボットが容易ではないことが大きな問題点だと思います。


このため学部や科の選択に関しては、運を天に任せて進みたい道を選択するという、起業や投資では考えられないような行動もあながち間違いではないと感じています。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。