整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

求む! ビジネスパートナー【泌尿器科医師】

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は不定期の投稿で、ビジネスパートナー募集のお知らせです。今回は泌尿器科の先生を 1名募集したいと思います。


【これまでの医師募集履歴】


私たちのグループは提携医師数で160名弱と業界最大手です。整形外科、脳神経外科、脳神経内科がメインで、いくつかの領域で事業を展開しています。


社内医師は整形外科18名、脳神経外科6名、脳神経内科1名、耳鼻咽喉科1名、そしてスタッフは14名います。著書の商業出版も成功して、業界内の地位を確固たるものにしています。


名実ともに業界最大手なので全国から多数の依頼があります。文字通り「右肩上がり」の事業拡大に対応するため、以下の条件を満たす泌尿器科医師を1名募集したいと思います。


  • 日本泌尿器科学会専門医
  • 医学博士が望ましい


業務はクラウド上でのやりとりになるので、日本全国どこに住んでいる先生でも OKです。また、勤務医・開業医を問わず、副業的に参加いただくことが可能です。


時間の制約も無いので、空き時間や余暇に少しだけ参加していただくことも可能です。形態としては、ほぼ完全なリモートワークとなります。


個人はもちろんのこと、法人所有の先生も大歓迎です。個人所得税の支払いに辟易している先生であっても、法人経由での支払い OKなので節税効果も見込めます。


少しでも興味のある先生がいらっしゃれば、当ブログのメッセージ欄から連絡先を送信してください。折り返し私からメールさせていただきます。


我こそは! と思う先生は、是非私あてにご連絡いただければ幸いです。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




物価上昇に遅行する株価のステージはチャンスの窓かも?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍と前後して発生した地政学的変化。その大きな変化は、米中デカップリングでしょう。ロシアによるウクライナ侵攻やグローバルサウスの台頭は、枝葉の事象と言えます。


日本を取り巻く環境が激変して、良い面と悪い面が顕在化しつつあります。良い面は長期的には日本の地位が上がる、悪い点は短期的には通貨価値下落による社会構造の変化です。


私の中の大局観は上記のような感じですが、実際には自分が生き残らなければ話になりません。マクロの状況を理解しつつ、ミクロの戦術をどうすのか?


ミクロの戦術として、日本社会のインフレ進行と日本円の通貨価値下落にどう対応するのかについて考える必要があります。


現実問題として打てる手は限られています。その方法は、もちろん優良株式や好立地不動産のBuy&Holdです。減価していく日本円を借りて、現物を買うのがベストシナリオですね。


これからの日本社会で、これらの方法論が有効になる可能性が高いことは、広く認知されています。しかし実際には、山あり谷ありであることが予想されます。


具体的に言うと、右肩上がりが続くことはありえず、短期的な調整は100%起こるはずです。短期間の調整どころか、暴落や数年におよぶ下落・デフレ回帰もあるかもしれません。


しかし、超長期で見ると、インフレ+日本円の減価は不可避と考えています。そして、欧米を中心とした200年に及ぶ株式市場の歴史を見ると、株価は物価上昇の動きに遅行します。


その理由は、物価上昇の初期には企業の業績が悪化するからです。しかし数年して物価上昇に耐えうる体力がついてくると、最終的には物価上昇程度以上に株価は上昇します。


私たちが投資するのは、超長期での資産形成目的のはずです。そうであれば、数年単位のマイナスよりも10年後の大きな含み益を重視するべきでしょう。


そして、インフレが加速して企業業績が悪化するステージは、チャンスの窓が開いているとも言えます。この時期はバーゲンセールなので、株式を買い集める絶好の機会なのです。


そのようなチャンスが数年以内にやってくる可能性は非常に高いと考えています。今からタマを仕込んで置きながら、ワクワクして来たるべき時期を待ちたいと思います。





管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




ケアネット:となりのデキる奴を徹底的にパクれ! 成功の近道は『TTP』にあり

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、ケアネットで連載中の【医師のためのお金の話 第82回】が公開されました。となりのデキる奴を徹底的にパクれ! 成功の近道は『TTP』にあり です。




log_carenet



今回はやや抽象的な話ですが、成功のためには意外なほど効果的な方法です。私は比較的オールラウンダーだと思われていますが、その理由はほぼすべてをTTPで習熟したからです。


イノベーター理論で言うと、私が新規事業や投資に参入するタイミングは、イノベーターからアーリーアダプターのステージです。


アーリーアダプターはともかく、イノベーターのステージでは、参考になるような偉大な先人は居ないのでは? という疑問が湧きますね。


しかし現実には、イノベーターのステージであっても、
偉大な先人は存在します。どれほどニッチで「早い」ステージであっても、必ず先駆者は居るものです。


私の経験では、自分が世界で一番早かった!というモノは1つもありませんでした。そうであれば、偉大な先人を徹底的にパクるに限ります。


今回はTTPの実例として、不動産投資をピックアップしてみました。昨今の物件価格高騰をものともせずにウハウハな人を、TTPで自分もウハウハになった人の話です。


3分で読了できるので、ケアネット【医師のためのお金の話 第82回】となりのデキる奴を徹底的にパクれ! 成功の近道は『TTP』にあり で確かめてくださいね!






管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。