整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

オミクロン株猛威の中であえて旅行の話をしてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

オミクロン株が猛威を振るっています。幸いにも重症化率は高くないようですが、2類相当では医療機関をはじめとする社会インフラ系業種への負担は半端ではないですね。


さて今月の
ケアネットの連載企画第 52回ですが、 そろそろ旅行に!本当にお得な航空券の予約法教えます です。



log_carenet



おいおいオマエ、この時期に何言ってるの? という声が聞こえて来そうですね(苦笑)。あまりのタイミングの悪さに恐縮してしまいます。


実は今回の原稿は昨年の 8月に公開予定でした。原稿を書き上げたのが 6月だったのですが、まさかの(?)第5波襲来によって公開が延期されました。


新規感染者数が落ち着くのを待っての公開予定だったのですが、ものすごいバットタイミングでの公開となってしまいました。


実は年末ぐらいからオミクロン株が出てきはじめたため、美人担当者様から公開延期の連絡が来るのではないかと少し不安に思っていました。


しかし今回は何とか公開される運びになったようです。もしかしたら私に気を遣ってくれたのかもしれません。そうだとしたら非常に申し訳ないですね...。


ただ、オミクロン株が猛威を振るっていると言っても、明けない夜はありません。2年前と比べても、ワクチンや治療薬があるので戦うための武器はそろっています。


ウィズコロナの時代はもうすぐだと思います。その時には今回の連載内容も役に立つのではないでしょうか。3分で読了可能なので、ぜひ訪問してくださいね!





管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




THAのポリエチレンライナー交換では22mmのトライアルヘッドを準備しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、人工股関節全置換術後のポリエチレンライナー交換がありました。たかがポリエチレンライナー交換と思いがちですが、初回手術よりも難しいので注意が必要です。


ポリエチレンライナー交換が難しい理由は、主に下記の2点に集約されます。

  1. 人工関節周囲の軟部組織を切離するので易脱臼性が出現することがある
  2. ステムネックが邪魔になってポリエチレンライナーを設置することが難しい


①に対してはリップ付きのポリエチレンライナーや従前よりも長いサイズの骨頭を使用することで対応可能ですが、過度に軟部組織を切離することを避ける必要があります。


問題は②なのですが、患者さんの体型によっても難易度が異なります。筋肉量の多い患者さんではステムネックの邪魔度合いが増加してとてもやりにくいです...。


ネックを前方や下方に排除するためには軟部組織に大きなダメージを与えてしまいます。これを防ぐためにはネックをポリエチレンライナー内に「整復」した状態で操作します。


この際には、ショートサイズの 22mmのトライアルヘッドを準備するとよいです。トライアルヘッドをステムネックに装着してポリエチレンライナー内に「整復」してしまいます。


ネックを直接ポリエチレンライナー内に「整復」してしまうと、ポリエチレンライナーが傷だらけになってしまいます。このためトライアルヘッドを保護材として利用するのです。



昨今では 22mm骨頭を使用する症例はほとんどありません。28mmが最小サイズなので、22mmのトライアルヘッドならポリエチレンライナーとの間にかなり余裕ができます。



さらにショートサイズなので、比較的余裕をもってポリエチレンライナーの操作ができます。と言ってもなかなか難しいのですが、再置換術なので仕方ないですね...。







管理人 お勧めの医学書

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




個人医師が発信力を維持する方法論

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はかなりの量の文章を日常的に書き続ける生活を送っています。常に締め切りに追われていることに気付いたので、実際にどれぐらいの文章を書いているのか確認してみました。


  • 当ブログ:毎日(30本)
  • 展開中ビジネスのブログ:週1回(4本)
  • ケアネット:月1本
  • m3.com:月1本
  • 日経メディカル:月1本


上記の合計は 37本/月になります。これってなかなかの数字ではないでしょうか?我ながらよくこんなに文章を書いているなと感心しました。


ケアネット、m3.com、日経メディカルは原稿料をいただいているため、ブログの10倍ぐらいの時間を投入しています。ビジネスブログも集客の一環なのでなかなかハード...。


気を抜けるのは当ブログぐらいなのですが、毎日更新なのでそれなりにハードではあります。さて日常診療、事業展開、投資をこなしつつ、いかにしてこれだけの量をこなすのか?


そのコツは下記のごとくです。
  • 日頃からネタを書き留めておく
  • 気分が乗ったときに一気に文章化する
  • とにかく書いてみる
  • 書き上げた文章は一晩寝かせて翌日に校正する


だいたい上記のような手法で、多忙な物書きライフを何とかやりくりしています。最も重要なのは「とにかく書いてみる」です。


10年近くこんな生活を送っていますが、勝手に筆がすべる的な場面にはほぼ遭遇しません。いつも途方に暮れながら書き始めるのですが、とにかく書いてみることが重要です。


ゼロから1を造るのは大変ですが1を2にするのは比較的容易です。「とにかく書いてみる」はゼロから1を造るに相当します。最も難しいステップをクリアすることが秘訣です。


才能に乏しいため人を惹きつける文章を書くことはできません。このため、書き上げた文章を一晩寝かせて翌日に校正することで、せめて読み易い文章にすることを心掛けています。


これらはすべて自分の経験則ですが、ベースになるのはさまざまな書籍から得た知識です。医者にもかかわらず、文章を書くノウハウ本をたくさん所有しているのです。


その割には文章が下手だという指摘には耳を貸しません(笑)。ここまでして文章を書き続ける目的は、何も発信しなければ世の中に居ないことと同じだと思っているからです。


情報を発信することには巨大なメリットがあります。展開中のビジネスが成功しているのも、地道に情報発信を続けていることが最大の要因だと思っています。


医師は医学の世界に閉じこもっている人が多いです。論文を書くのも良いですが、それだけでは閉じた世界への限定的な情報発信に留まります。


特に大学病院の主要ポストや公的基幹病院のトップの医師は、医学という閉じた世界の外にもっと目を向けてもよいのではないでしょうか。得るものはとても大きいと思います。






医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
210318
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。