整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

最強の節税法を考えてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週号の週刊ダイヤモンドは節税特集でした。
税務署が狙う!富裕層 最強の節税 です。







永久保存版ほどの内容ではないですが、全体を網羅するうえではなかなか良い特集です。文章の稚拙さのために、節税スキームで理解することが難しい部分があったのが残念です。


現時点で節税を考えている人が新たに得る知識はありません。しかし、過去に有名だったプラチナフェニックス、名義変更、中古海外不動産等のスキームが丁寧に解説されています。


上記3つの節税手法は明暗が分かれました。プラチナフェニックスは逃げ切ったものの、名義変更は 2019年7月まで、中古海外不動産は無制限に過去へ遡及されてしまいました。


特に被害(?)が大きかったのは中古海外不動産だったようです。不動産投資としては全く割に合わない価格で購入した人が多かったため、甚大な損失を被ったようです。


やはり、①誰もが知っていて ②皆が殺到しており ③節税を除くと経済的合理性を欠く のすべてを満たしている中古海外不動産投資は、最悪の選択肢だったことが分かります。


結局、中古海外不動産投資で儲けたのは、海外不動産販売業者と 2020年までに売却して節税効果を確定した先駆者(?)だけだったようです。


希望の星(?)は仮想通貨のようですが、少なくとも国内業者はすべて塞がれています。海外業者は手付かずですが、国内に資金を還流させる段階で補足されてしまいます。


どうしても税金を払いたくないのなら、日本国籍を放棄することがベストですが、住み慣れた国を捨てるのは勇気の要る決断です。少なくとも今の私にはこの選択肢はありません。


ただし、財政破綻によって人心が荒廃した場合はこの限りではありません。絶対に日本に居なければならない状態でも無いので、最悪のケースでは日本国籍放棄も視野に入ります。




今回の特集を読んだ感想は、過去に遡及する最近の国税の強行な姿勢を鑑みると、リスキーな節税対策は墓穴を掘る可能性が高そうだということです。


適度な節税は必要ですが、常識の範囲に留める方が良さそうです。昨年はかなり納税して悶絶しましたが、納税してでも手残り資金を確保することが良いと考えることにしました。


今後の方針としては、個人所得をさらに削減して税負担そのものを減らすことです。貴重な自分の時間を費やしてまで所得を得ないのが吉です。無い袖は振れぬが最強でしょう。


一方、個人の分離課税と法人を最大限利用する方針とします。その意味で、相続を考えない場合は、個人所有の株式配当金は最強でしょう。税引き後の収益を株式に置換するのです。


法人も実質的には 3割近い税負担になるので苦しいですが、個人よりも幾分マシな状況です。資産は法人に集中させて、自分自身は稼がず所有せずがベストと考えています。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




求む! ビジネスパートナー【泌尿器科医師】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021/5/8 午後13時追記
現時点で4名の泌尿器科専門医の先生方からご連絡をいただきましたので募集を終了したいと思います。早々にありがとうございました!



今日は、泌尿器科領域のビジネスパートナー募集のお知らせです。これまでに何度か、現在展開している医療系事業のビジネスパートナーを募集してきました。




いずれの科もたくさんの先生方からご応募いただき本当に感謝しております。今回は、泌尿器科科の先生を募集したいと思います。


私たちのグループは創業して第 5期目に突入しました。コロナ禍にもかかわらず、今期は前年比で 1.5倍以上の年間売上が視野に入っています。


事業拡大に伴い、ご協力いただく医師数も増加しています。提携医師数が100名を突破するのも時間の問題となってきました。


今回は、私たちと一緒に仕事をしてくれる泌尿器科の先生を 2名募集いたします。募集要項は下記のごとくです。


  • 日本泌尿器科学会専門医
  • 医学博士が望ましいが必須ではありません



業務はクラウド上でのやりとりになるので、日本全国どこに住んでいる先生でも OKです。また、勤務医・開業医を問わず、副業的に参加いただくことが可能です。


時間の制約も無いので、空き時間や余暇に少しだけ参加していただくことも可能です。形態としては、ほぼ完全なリモートワークとなります。


個人はもちろんのこと、法人所有の先生も大歓迎です。個人所得税の支払いに辟易している先生であっても、法人経由での支払い OKなので節税効果も見込めます。


少しでも興味のある先生がいらっしゃれば、当ブログのメッセージ欄から連絡先を送信してください。折り返し私からメールさせていただきます。


我こそは! と思う先生は、是非私あてにご連絡いただければ幸いです。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




6センチルールに目から鱗

このエントリーをはてなブックマークに追加


日整会誌に興味深い教育研修講演がありました。
順天堂大学准教授の馬場智規先生のインプラント周囲骨折アップデート です。


馬場先生は大腿骨ステム周囲骨折に対する 
Baba分類で有名です。下図は International Orthopaedics (SICOT) からの転載で、ステムと大腿骨との固着部分に注目した分類です。




555 - コピー




さて、今回の教育研修講演では、Baba分類の解説はもちろんのこと、6センチルールが紹介されていました。6センチルールとは下記のごとくです。


210506 - コピー
日整会誌から転載


  • ステム周囲骨折では、ステムとプレートを6cm以上オーバーラップして固定(A)
  • 大腿骨遠位にTKAがある場合は、プレートとステムの間を6cm以上あける(B)



この手の骨折治療ではいつも気持ち悪さを感じていましたが、明快に6cm以上という数字を提示いただいたので、目から鱗でした。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。