整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

セリクラはもう少し先か? まだ米国株式を買ってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週は、米国株へのインデックス投資派の人へエールを送る記事を書きました。そして今回は自分の投資スタイルで超長期逆張り投資家目線での投資戦略を考えてみたいと思います。


今年の米国株式市場は目を見張るような下落っぷりですが、実は下げ率はまだ大したことありません。株価が高値まで買い上がられているため下落幅は大きいです。


下落率は大きくないのに大幅に株価が下落しているように感じるのは、コロナ禍の短期間で大きく買い上がられたため意識が付いて行っていないからです。


つまり、まだコロナ禍前の株価水準がアタマに根付いているに株価が上昇してしまったため、株価の基準がリセットされていないのです。ここは冷静になるべきポイントです。


何が言いたいのかと言うと、超長期逆張り投資家にとっては打診買いする時期でさえないということです。まだ動くには早すぎると考えています。


私は毎日下落していく米国株を眺めていますが、決して暴落しているとは考えていません。単に下落しているだけです。その証拠に、VIXはまだまだ低水準です。


私が本格的に株式市場に参戦するタイミングはいくつかの要因が重なったときです。しかし、どの基準にも引っ掛かっていないのが現状です。


定性評価として下記3つを重視しています。
  1. NHKのトップニュースで株価下落がニュースになる
  2. 下品な大衆誌が面白おかしく株価下落を記事にする
  3. セリクラ感が株式市場に漂う


このうち最も難しいのは、3番目のセリングクライマックス感でしょう。何と言ってもセリクラ感は経験したことの無い人には分からないからです。


直近では2020年3月の4週目頃にセリクラ感を感じました。どんな感じかというと、買いのエネルギーを全く感じないものの売りが細って株価下落が鈍化する状況です。


そこに至るまでに何度も阿鼻叫喚の大幅下落が何度も続き、もうダメだとほとんどの市場参加者が力尽きます。その極限の状況で見えるかすかな光がセリクラを実感する瞬間です。


話を現在に戻すと、米国市場にセリクラ感は全くありません。完全にフツーの下落相場です。株価下落幅が大きいので騙されますが、実際には全然大した下落ではありません。


このため暇を持て余しつつ、私は米国株下落を毎日のように傍観しています。心の中では早く打診買いできる状況に至らないかなと願っていますが、そうは問屋が卸さないでしょう。


果たして打診買いを開始できるほどに米国株は下落してくれるのか? 更なる株価下落を期待しつつ、淡々と米国市場を注視していこうと思います。







医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




そろそろ終了? 人生でいちばん長かった旅行バブル

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍の旅行歴を大公開


先週は沖縄のハレクラニに滞在していました。ハレクラニは 8ヵ月ぶり。沖縄ではブセナテラス、リッツ・カールトン、そしてハレクラニがお気に入りです。


220625 - コピー



この 3つのホテルは甲乙つけがたいですが、最も新しいホテルなのでついついハレクラニを優先してしまいます。しかし、総合力ではブセナテラスが一番魅力的かもしれません。


今回は沖縄が梅雨明けするかどうかの微妙なタイミングかつ平日の滞在でした。それにもかかわらず、ほぼ満室ではないかと思うほどの大盛況です。コロナ禍は明けたのかも...。


当ブログでも度々ご報告していますが、私はコロナ禍で旅行に行きまくりました。ほぼ 2~3ヵ月に一度は長期旅行に出かけています。



2020年1月 コロナ禍発生
2020年2月 タイ(クラビ)
2020年5月 ビワイチ(琵琶湖を自転車で一周)
2020年7月 東北(青森、秋田県の温泉巡り)
2020年8月 沖縄(ホテル日航アリビラ)
2020年9月 北海道(飲み会、旭岳)

2021年4月 北海道(ニセコ)
2021年5月 黒部立山アルペンルート
2021年8月 北海道一周旅行(キャンピングカー)
2021年9月 四国・九州旅行
2021年10月 沖縄(ハレクラニ)

2021年1月 北海道(トマム)
2022年2月 東北縦断旅行(五能線~蔵王)
2022年5月 九州一周旅行
2022年6月 沖縄(ハレクラニ) ← 今回
2022年8月 先島諸島(石垣、西表、小浜) ← 予定



これだけ激しく旅行に出かけている人は滅多に居ないのではないでしょうか。勤務医としては驚異的なペースだと思います。



コロナ禍の旅行はバブルだった?!


パンデミックなのに頻回に旅行に行っている私はアタマのおかしい人なのでしょうか。まぁそういう説もありますが、本人的には極めて理性的かつ常識的な人間だと認識しています。


私は今回のコロナ禍をある種の「バブル」だと考えています。もちろん株式などの資産バブルを意図しているのではありません。コロナ禍を「旅行バブル」だと考えているのです。


コロナ禍でボロボロになった旅行業界がバブルなワケないだろう!というお叱りを受けること必至ですね。しかし私はいたって真剣です。


私がコロナ禍の2020~2022年を旅行バブルだと思っているのは、あくまでも旅行者の視点です。コロナ禍は旅行好き人間には絶好の機会を提供してくれました。


とにかく、どこに行っても人が居ない。しかも激安価格で旅行ができる...。インバウンドで日本中が湧いた時期からは想像もできないほどの好条件が出現しました。


しかもコロナ禍での旅行は、危機に瀕した旅行業界を救う大義名分まで立ちます。人助けのためにもコレは行くしかないでしょ! という状況だと判断しました。


もちろん、感染を広げてはなりません。しかしコロナ禍に旅行した人なら分かると思いますが、誰も居ないから感染しようが無いんです。


そして今回は、私の人生 2度目の旅行バブルでした。1回目は2008~2009年のリーマンショック時でした。この時は高級ホテルを中心に宿泊料金が暴落しました。


リーマンショック後の 1年間で、私は首都圏、関西圏を中心に数十か所のクラブフロア巡りをしました。2007年以前では想像もできないほど安価な価格でのクラブフロア三昧。


こんなチャンスは二度と巡ってこないだろうなと思っていたら、まさかのコロナ禍です。しかし、今回は感染対策のため、クラブフロアにチャンスの窓は開きませんでした。


その代わりに、有名観光地や人気の高級リゾートホテルを極端な割引価格で、しかもほぼプライベート感覚で楽しめるビックチャンスが到来しました。


例えば、2020年5月にはビワイチついでに京都の伏見稲荷の千本鳥居に行ってみました。文字通り人っ子一人居ない千本鳥居でフォトジェニックな写真を大量にゲットしました。


コロナ禍直前まで身動きとれないほど大混雑していた千本鳥居。おそらく未来永劫こんなチャンスは無いと思われます。これをバブルと言わずして何をバブルというのでしょうか。



旅行バブルもついに終了へ


コロナ禍が始まって2年半が過ぎようとしています。世界は正常化に向けて動いている。日本は最後尾に近いですが、それでも日常生活が戻りつつあります。


今回のハレクラニ滞在ではその思いが確信に変わりました。そろそろ旅行バブルも終了だな...。あとはインバウンドが戻ってくるまでの期間をできるだけ楽しむしかない。


今年の年末年始は微妙な感じだと考えています。まだ何とかインバウンド増加は回避できるかもしれないので、ニセコ等の外国人に人気のエリアは最後のチャンスかもしれません。


折しも極端な円安が進行しています。オーストラリア人はもとより、ほとんどの中国人よりも購買力が下かもしれません。そうなると国内なのにニセコに行けなくなります。


コロナ禍でチャンスの窓が開いていた旅行バブルが閉じようとしていることを明確に認識しつつ、最後の残渣をできるだけ楽しみたいと思います。


人の行く裏に道あり花の山は投資だけではありません。私たちに身近な旅行さえも、周囲の人と同じ行動を取らない方が良い結果を得られるのではないでしょうか。







医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




シロウトが語る骨折講義を聴いてみた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネットで興味深い動画チャンネルがありました。Dr.増井の骨折ハンティングです。ケアネットは同業他社と比べて、動画チャンネルが充実していることが特徴です。


さて本題のこの動画チャンネルですが、骨折の解説をしているのは、ナント整形外科医ではありません。増井医師は救急医のようです。ほー、どんな講義なのか興味津々ですね。


無料で閲覧できるお試し番組を視聴してみました。お題は脊椎圧迫骨折です。単純X線像だけでもL1は陳旧性で、椎体前方が微妙に膨らんでいるL2の新鮮圧迫骨折は分かります。


しかし非専門医がどうやってこのビミョーな画像を判定するのか? 結局、単純X線だけでは診断が難しいというオチに椅子から落ちそうになりましたが、実際こんなモノでしょう。


せめて腰椎側面像を座位と臥位で比較するなどの TIPSを教えてあげて欲しいところです。それはさておき、動画チャンネルの紹介文では下記メッセージが掲載されています。


こうした微妙な骨折の場合、診断に必要なのは骨折線の「イメージ」。 検査前に予想骨折線を引くことで、微妙な骨折が見えるようになるのです。



う~ん、かなりビミョーなコメントです...。さすがに非専門医が骨折の講義をするのはかなり無理がある企画ではないのか??? 


ここで、私たちと増井医師との差は何なのかを考えてみました。それはやはり圧倒的な経験量の差でしょう。整形外科専門医であれば、これまで何万枚もの画像を読影してきたはず。


この圧倒的な経験数が、素人とは別次元の世界を見せてくれるのでしょう。同じ画像を見ても「診ている」世界が違うのです。


ただし今回の動画チャンネルは、非専門医のニーズを意外と汲み取っているのかもしれません。私たちでは思いもつかない観点から骨折を語っているのはとても興味深いです。





管理人 お勧めの医学書

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です




整形外科研修ノート 改訂第2版



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。