整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

THAのカップのリーミング角度

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前中の手術は人工股関節全置換術(THA)でした。
小柄な方だったのでカップの操作を若干やりにくかったです。


通常、カップのリーミングは目指すべき設置角度(外側傾斜角40度、前方開角20度)で行います。私も、カップの設置角度を前方開角20度にすること自体には異論はありません。
しかしリーミングの角度に関しては、全例で前方開角を20度にすると掘削方向が正中から外れるリスクがあると考えています。


寛骨臼の前方開角は平均すると20度前後ですが、なかには10度や30度の方もいます。
仮に寛骨臼の前方開角30度の方に20度でリーミングすると、寛骨臼前方がより掘削されます。
反対に寛骨臼の前方開角10度の方に20度でリーミングすると、寛骨臼後方がより掘削されます。


したがって私は術前CTで寛骨臼の前方開角を測定しておき、その角度でリーミングするよう心掛けています

TKAのパテラ置換のメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は人工膝関節全置換術(TKA)のパテラコンポーネント・インサートの再置換術でした。
パテラを置換するか、非置換かは意見の分かれるところですが、最近では置換派が優勢のようです。


パテラ置換のメリットは、レトロパテラペインの消失、パテラトラッキングの改善です。
一方、デメリットは膝蓋骨骨折併発のリスクです。


膝蓋骨骨折を併発した際には、かなりの確率で偽関節化します(50%以上)
また、術後感染が併発する率も驚異的に高く、これも50%程度あるようです。
一度置換した膝蓋骨は非常に血流が乏しくなっていることが原因と推察されています。


しかし、パテラを置換するとレトロパテラペインを訴える方は居なくなるので、切れ味が良いのは確かです。手術の切れ味が良いので、最近では私もパテラを置換するようになりました。
しかし、膝蓋骨骨折をきたした場合、対応策で頭を悩ませることになるのでしょうね。



骨粗鬆症治療における骨代謝マーカーの使用法 2

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日記載したように骨代謝マーカー測定目的は、①治療薬の選択 ②治療効果の判定 です。


①治療薬の選択

治療開始前に骨吸収マーカーと骨形成マーカーを同時に測定します。
主に見るのは骨吸収マーカー(尿中NTX)です。


骨吸収マーカー上昇 ⇒ ビスホスホネート>SERM(エビスタ
®、ビビアント®
骨吸収マーカー低下 ⇒ テリパラチド(フォルテオ®、テリボン®))


ほとんどの症例で骨吸収マーカーは上昇しています。
尿中NTX>55nmol BCE/mmol Crではかなり骨吸収が強い状態と考えられ、ビスホスホネートを開始します。


②治療効果の判定

通常、骨形成マーカーよりも骨吸収マーカーの方が早期に大きく変動します。
したがってここでも骨吸収マーカーの動きに注目します。


尿中NTX 30nmol BCE/mmol Cr程度に維持することを目安にします。
この際、骨形成マーカーが下がりすぎると、骨代謝が低下しすぎていることになります。
テリパラチドへのスイッチを検討するべきでしょう。


活性型ビタミンD3製剤(エディロール®等)は、ビスホスホネート・テリパラチドに併用すると効果が期待できます。




  ★★ 良本さえ知っていれば、配送料無料であらゆる医学書を購入できます ★★
 

                  





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。