整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

医師の理想的なキャリアパスを考えてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

理想のキャリアパスを考えてみた


最近、医師としてマンネリ化してきたことを自覚しています。病院では人工関節の定期手術と週2日の外来をこなす9時5時勤務の生活。


一般的にはハイポに分類される生活かもしれませんが、(おそらく)ダメ医者のレッテルを貼られているわけではありません。むしろ対外的には要職とみなされる可能性もあります。


さらに資産形成に成功したおかげで、経済的自由と(比較的)時間的自由を満喫している...。医師としては理想形の一種かもしれません。


割と行き当たりばったりでここまでやってきたので、現在の自分の姿を重ね合わせて理想のキャリアパスを考えてみました。



医師としての最終ゴール


せっかく苦労して手に入れた医師という職業。もちろん溢れる才能で苦も無く医師になった人も居るでしょうが、凡人の私は常軌を逸した勉強量で医学部受験を勝ち抜いてきました。


このため医師と言う職業に誇りを持っています。せっかく医師になったのだから何かを成し遂げたい。おそらく医師であれば誰もが思うであろうことを私も目指していました。


目指す目的はもちろん職業人として優れた医師です。私の場合は外科系だったので、とにかく手術がうまくなりたかったです。そのために症例を
ガツガツ獲得していきました。


たくさんの症例を担当してたくさん手術することを最優先にしていたので、卒後7年間ぐらいは脇目も振らずに臨床に邁進していました。


絵に描いたような世間知らずの医師ですが、オマケとして知らぬ間に結構な金額のタネ銭が貯まっていました。そりゃ、全然お金使わずに仕事ばかりしていたから当たり前ですね。


やはりその道を究めるには若い時代にハードワークするに限ると思います。少なくとも職業人として優れた医師になるにはコレしか道はないでしょう。


もちろん、臨床医ではなく研究面で優れた医師に成ることもほぼ同じやり方です。とにかく若い時代にハードワークするのが鉄則です。



職業人としての充実感と人生の充実感


職業人としての充実感は優秀な医師になることで達成できます。それでは人生の充実感はどうでしょうか? 実は人生の充実感は職業人の充実感とかなりオーバーラップしています。


オーバーラップしていない部分は、自由な時間、健康、人生の選択肢の多さなどでしょう。一方、自由な時間や人生の選択肢の多さは、資産形成で得られるモノと密接に関係します。


このように考えると人生の充実感を目指すには、職業人としての充実感と資産形成の成功で、おおむね達成できる可能性が高いことが分かります。


一見すると両立が難しそうな2つの目標ですが、実は意外とカンタンに両立できる可能性があります。何故なら、若い時代のハードワークで自然にタネ銭が貯まるからです。


若い時代のハードワークは全てを解決する?


若い時代のハードワークで、
職業人としての充実感と人生の充実感の両取りができる...。こんなことを言うと「何寝ぼけたこと言ってるの?」と言われそうですね。


もちろん、単にハードワークするだけではいけません。ハードワークに「節約」というエッセンスが必要です。ありがちなのはハードワーク後に散財するパターンだからです。


ハードワークのストレス解消に毎晩飲みに行ったり高級車を買ったりするヤツですね。これでは、せっかくハードワークしても底の抜けたバケツ。資産形成のタネ銭は貯まりません。


一方、若い時代のハードワーク+節約が揃えば職業人としての充実感と人生の充実感の両取りが見えてきます。そしてハードワークの時期が終わる頃に投資の勉強を開始するのです。


こんな感じのキャリアパスで、職業人+人生の充実感の美味しいところ取りができるのではないでしょうか。ピンと来た人は是非実践してくださいね!







医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




東京医科歯科と東工大には日本を背負ってほしい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとびっくりするニュースが飛び込んできました。東京医科歯科大学と東京工業大学が統合に向けての協議を始めたそうです。





医療業界的には、なかなかエポックメーキングなニュースだと思いました。ご存知のように、東京医科歯科大学はバツグンの立地なのですが、東大や慶応ほど知名度がありません。


旧帝国大や旧六医大のような歴史的背景が無いこともあり、実力に比べてプレゼンスが高いとは言えない状況が続いています。単科大学であることも不利な条件でしょう。


それが今回の東京工業大学との経営統合で一気に全国区の大学に躍り出ることになります。東京医科歯科大学OBがどのように感じているのか分かりませんが傍目には良さげです。


さて今回の経営統合の背景には、日本の研究力の底上げがあります。バラバラでいるよりも、2大学の力を結集した方が世界と戦える確率が上がります。


学問とは無縁な場末病院医師の無責任な希望として、東京医科歯科大学と東京工業大学には研究面で日本を背負って頑張ってほしいと思いました。完全に他力本願ですが(苦笑)。


さて、今回は東京医科歯科大学でしたが、類似ケースが他でもドミノ倒し的に発生するでしょう。地方ではすでに単科医大の大部分が総合大学に吸収合併されています。


今後は都市部の単科医大においても、この流れが加速するでしょう。実質的には変わらないでしょうが、OBの立場では大学名の変更には一抹の寂しさがあるかもしれません。


単科医大は、独立独歩で独自ブランドを築いてきた大学が多いです。このため、吸収される単科医大にとっては、ブランド力が落ちると感じるケースもあるでしょうから...。






医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




理論的にはブレーキをぶっ壊した投資が正解なのだが...

このエントリーをはてなブックマークに追加

インフレと為替が踊っています。
昨夜の NY市場は、インフレの鈍化を受けて大幅上昇で終了しました。


7月のインフレが鈍化したといっても、8月10日に発表の米国消費者物価指数(CPI)は前年同月比で8.5%上昇としています。


たしかに、約40年ぶりの高値だった2022年6月のCPI 9.1%からは鈍化していますが、まだまだ予断を許さないレベルです。


それでも米国株式市場は、FRBが比較的小幅な利上げに軸足を移すのではないかという観測が強まって全面高でした。


そしてこの影響は為替にも影響を及ぼしています。ドル円は 133円台にまで急落しました。米国のCPIの動向に一喜一憂している金融市場です。


さて、私たちが注視するべきは、米国の CPIだけではありません。そこから波及する各種金融資産への影響にこそ、私たちには直接的な影響があります。


代表的なものは株価と金利です。もし本当に CPIが天井を打ったのであれば、米国の金利上昇スピードは緩やかになります。これは日本国債への金利上昇圧力の緩和を意味します。


現時点で日本国債の発行残高は1000億円を軽く超えています。そして YCCのため、既に国債市場が機能を停止して久しいです。


国債市場を日銀が完全掌握すれば、金利上昇を永久に封じ込めることができるため何の問題も無いのはないのか? そのような感覚に陥りがちなのは私だけではないはずです。


しかし現実には、今年の3月以降で観察されたように、国債市場が機能停止して官製相場になっても、為替で調整されることになります。現在の円安相場ですね。


日銀は事実上の国債引受けをしているので国債市場を掌握していますが、国債市場で調整できなくなった金利は、為替市場で実質金利として調整されることになります。


この点で現状に大きな歪が発生しているのですが、私たちとしては座して見ているワケにはいきません。下手すると大惨事に巻き込まれる可能性があるからです。


一方、うまくやれば巨大な資産を形成できる可能性もあります。それは金利、それも変動金利が今後も長期に渡って低位安定する可能性に賭ける方法です。


具体的には巨大なレバレッジをかけて不動産などを購入して、インフレで実質的な負債が減少していくのを待つという戦略です。


現時点では勝率が高そうに見えますが、当然のごとくリスクも巨大なので実践する人は(医師では)少数派ではないでしょうか。


この投資(投機)戦略にもっとも適しているのは、守るべきものの無くて一攫千金を目指す人だからです。


実は、私もコレを実践してみたくてウズウズしています。しかしチキンなので、手堅く、しかもレバレッジをほとんどかけられていません。


逆に実質的無借金なので、やりたいこととやっていることの乖離が激しいです。ブレーキをぶっ壊してアクセル全開の不動産投資家を見ていると、ある意味羨ましいなぁ...。







管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。