整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

鼻骨骨折をソツなく捌く方法論

このエントリーをはてなブックマークに追加

整形外科医であれば、全身の骨折が分かって当然。
どうやら、こういう認識の人は世間に多いようです。医療従事者も例外ではありません。


救急外来にはいろいろな外傷の人が来ますが、その中でも整形外科泣かせなのは、顔面骨骨折ではないでしょうか。顔面の骨折なんて、整形外科医に分かるワケ無いですね。


特に形成外科医師の居ない病院では、顔面骨骨折は形成外科の範疇だと言っても、「けいせい ≒ せいけい」というアホな思考回路で整形外科医に回ってきます。


ホント、みんなアタマの栓が弛んでいるんじゃないのか?と思うことが度々あります。しかし場末病院では断り辛いのも事実。泥縄式に顔面骨骨折の臨床経験を積むことになります。


先日診たのは、鼻骨骨折です。鼻骨って骨なのか?という疑問が湧きます。たしかに用語としての「鼻骨」は一般的です。しかし、遠い昔に習った記憶では、軟骨だった気がします。


正書を紐解くと、鼻骨は鼻の上部分1/3です。鼻の下部分2/3は軟骨でできています。たしかに自分の鼻を触ってみると、眼鏡のパッドが乗る部分は骨っぽいです。


そして、いわゆる「鼻」を形成している部分は柔らかいですね。肋軟骨と同様に軟骨なんです。さて、鼻骨骨折で困るのは、美容面の問題以外にも鼻詰まり(鼻閉)があります。


鼻骨骨折では、左右の鼻を分けている鼻中隔という壁の骨折を合併することが多いです。鼻中隔の骨折では、鼻詰まり(鼻閉)などの症状が残る可能性が高まるのです。


鼻の曲がる斜鼻(しゃび)、つぶれて低くなる鞍鼻(あんび)、鼻中隔という壁の骨折は、頭部CTで診断可能です。


とりあえず頭部CT撮像して、怪しければ形成受診を指示するという流れが、場末病院の整形外科医が生き残る方法論だと思います。






管理人 お勧めの医学書


豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です








激務で得る達成感は人生を狂わす原因になる?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の私は多忙を極めていました。
病院では人工関節などの予定手術に加えて、骨折手術も盛りだくさん。


おまけに入院の受け持ち患者さんが、いつまで経っても 20名より少なくなりません。しかも、不動産投資では2つの物件購入を同時進行で進めていました...。


事業では、日経メディカル連載に加えて、毎日のように新規コラム作成や既存コラムのチューンナップを続けています。過労死するんじゃないか? と思うほどの激務振りでした。


こんな話をすると、さぞ疲労困憊で精神的にもイカれているのではないかと思われるかもしれません。しかし、実際には「恍惚とした」達成感に包まれています...。


決して私は(おそらく)変態でもなければワーカーホリックでもありません。いたってフツーの人間なのですが、激務を粛々とこなしていると何とも言えない達成感があるのです。


膨大な業務を1日かけてやっつけて心地よい眠りにつく。そんな毎日を送っていると眠る時の充実感がハンパないのです。これは自慢ではありません。結構ヤバイ状態だと思います。


おそらく、医師の多くはこんな感じで毎日を過ごしているのではないでしょうか?生来のナマケ者である私はそんな生活が嫌で、働かなくても生きていける複数の収入源を得ました。


ところが、そんな私でさえも、激務が続くと恍惚とした達成感でいっぱいになります。そしてその時は仕事のことでアタマの中が占拠されています。


自分の将来について考える余裕など1mmたりともありません。私はシラフな時間が長いので、これはイケナイ状態だと認識しています。


しかし実際には卒後7年ぐらいは何の疑問も抱かずに体力の限界まで医師の仕事に邁進していました。久し振りに激務を味わって当時の感覚が戻ったワケです。


私は決してハードワークを否定しているわけではありません。しかし、万年ハードワークだと思考停止に陥ります。妙に心地良いこの状態は少しアブナイ状況だと気付い欲しいです。







医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




16物件目の決済完了を自家製スパークリングワインで乾杯!

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、16物件目となる古ビルの決済が完了しました!
コロナ禍が猛威を振るう中、決済に立ち会えたのは我ながら褒めてやりたいです。


周囲の人が次々と新型コロナウイルス感染症に罹患していく中で、私だけケロッとしているのは普段の行いが良いからでしょう(笑)。


さて、周囲の医療機関ではエゲツない数の職員や患者さんが、新型コロナウイルス感染症に罹患しています。実態は、絶対に第7波を超えているはず。


いつ自分が罹患してもおかしくない緊迫した状況下で、決済日を迎えるのは初めての経験でした...。これで安心してコロナに罹患できるかもです。


冗談はさておき、物件決済後には業務が目白押しです。決済完了後に息をつく暇もなく物件に直行します。と言っても、自宅から徒歩2分ほどなのですが(笑)。


不動産業者様と、売主様の居なくなった居住スペースの確認をします。物件の説明と鍵の説明を受けて、募集方針について軽く話し合います。


その後、不動産業者様と入れ替えで、工務店の方と改装工事の協議を行いました。ぐるっと物件を回って、共用部も含めた改装工事を実施する部分を指示します。


これだけで決済完了から2時間以上経過してしまいました。すでに入居中のテナント様は営業開始しているので、あいさつ回りは後日にしました。


ヘロヘロになって帰宅してから、軽くジョギングに行きました。やはり1日1回ぐらいは汗を流さないとなぁ...。


工務店との協議では、最近の資材価格高騰が話題になりました。私が本格的に改装工事を実施したのは、2020年2月の自宅1号が最後です。本当にずいぶん昔の話です。


今とは全然状況が変わっています。サビ付いた改装工事の相場観をキャッチアップしながら、慎重に改装工事するポイントを取捨選択していきます。


ホント資材価格の高騰具合はハンパではありません。2020年までに改装工事した物件群のありがたみが身に沁みます。まだ工事費の安い時期にやっておいて良かった...。


さて、夜はお楽しみの祝杯です。物件購入や売却などのイベントがある時には毎回欠かさず祝杯をあげています。今回はミドボンで作った自家製のスパークリングワインですが(笑)







管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。