整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

株価下落時に配当を得る権利を大量に収集しろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国株式市場では指数自体は高値圏を維持しているものの、その内訳をみると大きな変化が観察できます。それはグロース株の復権とバリュー株の退潮です。


相対的に日本株はバリュー株の比率が高いため、日本株の指数は軟調な展開です。私が主に取り組んでいる電力株と地銀株も、例に漏れず下値を試す展開です。


この1ヵ月で 2000万円ほど時価評価が下がりましたが、それ自体は過去最高点からの下落なのであまり気になりません。それよりもこの情勢下でのアクションについて検討中です。


私の株式投資戦略は超長期逆張り投資なので、下落局面で大底に向かって買い下がっていくスタイルです。なぜ買い下がっていくのか?


それは限られた資金で「配当を得る権利」をできるだけたくさん収集するためです。売却することは滅多に無く基本的には永久保有意向なので、含み益は問題ではありません。


それよりもいかに「たくさんの」配当を得る権利を収集するのかに神経を集中しています。このため、下落局面で狼狽する一般投資家と異なり私は喜々とします。


それは負け惜しみではないのか?と言われそうですが、心の底から
「配当を得る権利」をできるだけたくさん収集するという投資戦略を遵守しているため狼狽する要素がありません。


これは株式優待目的で株式投資している人にも通じるところがあります。もちろん、いくら株主優待目的で投資をしている人でも大きな含み損になれば平静では居られないでしょう。


株価が下落するということは業績悪化の前兆であることも多いので、そうなると必然的に株主優待から手を付けられることになるので、平静では居られない気持ちは理解できます。


一方、私のような配当狙いの投資家にとっても業績悪化は短期目線では脅威になります。株主優待ほどではないですが、配当も業績悪化によって削られるリスクが高まるからです。


しかし、インフラ系の企業や経済に深く組み込まれている業界では破綻することは想定されず、数年スパンでみると配当が復活することが多いです。


減配時期に大量に仕込んだ銘柄が次の時期のメシの種になる...。私はこのパターンを20年以上続けて現在のポートフォリオを構築しました。


私は不動産投資家でもあるので資金需要を株式投資だけに絞るわけにはいきません。たびたび両面展開を強いられて苦しい時期がありますが仕方ないと割り切っています。


株式と不動産の間で資金を循環させながら、可能なかぎりたくさんのインカムゲインを得るために日々奮闘しています。


流動性が低くタマの少ない不動産投資では下落する市況で買い下がるという概念を描きがたいですが、株式投資では20年間この信念を貫いてきました。


少なくとも株式投資では
「配当を得る権利」をできるだけたくさん収集するために超長期にわたって逆張り戦略を敢行することに、ひとつの勝ち筋はあると思います。


売却によるキャピタルゲイン狙いが株式投資の王道ですが、人の行く裏に道あり花の山という投資格言のとおりインカムゲインに注力する投資戦略もアリだと思います。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




ラクして資産形成する手っ取り早い方法とは?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資産形成は皆さんの人生の目的ではないハズです。しかしお金の無い人生は苦労の連続です。このため資産形成は目的ではないものの達成するべき重要な命題のひとつと言えます。


しかし、純資産 5億円以上はもちろんのこと、純資産 1億円以上でさえも達成することは容易ではありません。下手すると医学部や東京大学合格より難しいかも...。


資産形成は難しくて苦労を強いられそう...。そこで、ラクして資産形成するのに一番手っ取り早い方法を、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第39回で詳述しました。



m3com_logo




ラクして資産形成する手っ取り早い方法...何だかいかがわしい詐欺的なキャッチコピーですが、決して怪しいものではなく王道と言える手法をご紹介しています。


それは「VTのドル・コスト平均法買い」でしょ! と思った方は残念ながら不正解です。たしかに平時はラクですが暴落時は一般投資家と同様に塗炭の苦しみを味わいます。


私はVTのドル・コスト平均法買い否定派ですが、手法自体を否定しているわけではなく、真に実践する能力がある人は少数派である事実を無視していることが気に食わないのです。


それでは、VTのドル・コスト平均法買いを上回るラクして資産形成する手っ取り早い方法とは何なのか? 今回の m3.comの連載ではそんな美味しい方法について述べてみました。


激烈な大学受験を制して医学部に合格した人であれば、種明かしに得心する人が多いのではないでしょうか。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




剥離骨折や高輝度はスラングな医学用語なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


整形外科医であれば関節捻挫という傷病名の使用に対して多少の抵抗感があるのではないでしょうか。これらのゴミ箱的傷病名は診断努力を放棄している証左とみなされるからです。


一方、剥離骨折や MRIでの高輝度、低輝度といった用語はどうでしょうか?いずれも広く使用されているため違和感無く使用している人が多いと思います。


しかし、剥離骨折は最近まで正式な医学用語ではありませんでした。整形外科の医学用語は、整形外科学用語集に掲載されているものが正式名称です。


私が整形外科医になったときに購入した第4版では剥離骨折の記載はなく、裂離骨折のみでした。このため剥離骨折という用語を使用すると先輩医師から怒られたものです。


しかし、ICD10には裂離骨折ではなく剥離骨折が採用されています。ICD10はダメだなと思っていたのですが、実は整形外科学用語集でも第8版から両者併記されているそうです。


このため、剥離骨折は医学用語ではないと思っていたのは私の誤りであることが判明しました。どうやら
時代の流れに取り残されていたようです...。



一方、MRIで高輝度や低輝度という表現を使用する人が居ますが、正確には高信号や低信号(intensity)です。「輝度」という表現法は素人っぽい間違いなので注意しましょう。


CTでは density(濃度)ですが、慣用的に高信号や低信号が使用されているようです。このため、MRI、CTとも高信号や低信号という用語を使っていると問題なさそうです。


結構立場が上の人でも「輝度」という用語を使用している場面を散見します。用語が間違っていると、素人っぽくて恥ずかしいので注意が必要だと思いました。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。