整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

産業用太陽光発電の投資資金を全額回収!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の資産形成は ATM化が基本です。手間暇かけて資産を運営するのではなく、ほったらかしでお金だけチャリンチャリン入ってくる状態を目指しています。


最初から自動運転でのATMを志向しているのですが、その最たるモノが産業用太陽光発電だと考えています。たしかに山林を購入して設備を造るまでは大変でした。


しかし、一度出来上がって売電しだすと、やることが本当にありません。賃貸不動産であれば賃料確認ぐらいは行いますし、時々トラブルも発生します。


しかし、産業用太陽光発電では電力会社が相手なので、倒産や滞納可能性はゼロです。もちろんパワコンの故障や電線盗難の可能性はあるものの、可能性はかなり低いです。


このため、産業用太陽光発電施設を所有していることは、半年に一度思い出すかどうかといったレベルになります。


そして昨日、何故か太陽光発電施設の存在を半年ぶりに思い出しました。半年分の売電金額を記帳すると、2014年12月からの売電額が2000万円を超えていることに気付きました。


土地代や保険費用も含めた投資総額は1960万円なので、どうやら2023年7月に投資金額を全額回収していたようです。すでに前回記帳の際には全額回収を達成していました(苦笑)。


そのことにさえ気付かず、ほったらかしにできるのは産業用太陽光発電の魅力ですね。利回りと手離れの良さを鑑みると、ATMとして太陽光発電を上回るものは無いように思えます。


数字でみると約8.5年での投資資金回収なので、利回り11.7%です。2014年12月時点の予想が12.17%だったので、ほぼ計画通りに投資成果をあげているようです。


バンザ~イ、これから入ってくる売電収入は天から降ってくるお金です。現在、2010年に開始した住宅用10Kwhの太陽光発電はFIT期間が終了しています。


そして2014年開始の産業用太陽光発電は、FIT期間を10.5年残して投資資金を回収済みです。この状況は、太陽光発電投資からの卒業を意味します。


端的に言うと、後は野となれ山となれです。パワコンが壊れても、台風で破損しても、はたまた安値で売却しても何でもOKなんですね。まさに最強の状態。


2010年に太陽光発電投資を決断した時は、まだ黎明期だったのでまともな資料がありませんでした。あれから14年。これだけ計画通りに行った投資も珍しいと思います。


太陽光発電は Grid Parityを通り越して既に実需の時代。今度、太陽光発電に投資するのはペロブスカイト型が普及した時だと考えています。しばらく太陽光発電とはオサラバですね。





管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




今の日本で購入するべき「安いモノ」を考えてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、投資活動はご無沙汰気味です。これまでの人生の中でも、投資活動に割く時間がほぼ最低レベルにまで落ち込んでいます。


これほどまでに投資活動から遠ざかっているのは、もちろん昨今の資産価格上昇のためです。そして私の投資活動には「自分への投資」も含まれています。


自分への投資と言うとカッコイイですが、私の場合は何かを学習するというよりは経験することに重きを置いています。端的に言うと旅行に行ったり美味しいものを食べたり(笑)。


実は、こちらの方も過去最低レベルにまで落ち込んでいます。その理由は物価高。海外旅行は年数回行っていますが、国内はほとんど行かなくなりました。


何もかもが高くなったので、今では資産を購入しようとか何か経験しようとかいう気持ちがあまり湧かないのです。思い返せば以下のように、あの時は良かったなぁ...。

  • 1999~2000年 金(ゴールド)が激安 → 10Kg近く購入
  • 2002~2005年 不動産が激安 → 1棟物件を買い漁る
  • 2008~2011年 株式が激安 → 株式を買い漁る
  • 2009~2014年 宿泊費が安い → 全国各地のクラブフロアに行きまくる
  • 2009~2014年 不動産が安い → 不動産を買い漁る
  • 2020年 コロナショックで株式が安い → 株式を買い漁る
  • 2020~2022年 コロナ禍で旅費が激安 → 国内旅行に行きまくる
  • 2024年 株式、不動産、旅費、外食費すべて高い!! → おとなしくしている


こんな感じで昔を懐かしむ毎日です。2000年代前半の株価や不動産価格、2008年以降のホテル価格を知っていると、行動する気が失せるというのが本音です。


しかし、よく考えると当時も価格の安さを意識しているわけではありませんでした。当時の感覚は、激安ではないものの自分の経済力に見合った金額なので購入していたのです。


いつの時代も、チャンスの窓をはっきり認識していたわけではありません(例外はコロナ禍)。このため、現在も「安いモノ」が転がっているはず...。


私が認知する限りでは、①日本円 ②日本以上に通貨安の国 が安いではないかと思います。今、お買得なのは、日本円と日本以上に通貨安の国への旅行ではないでしょうか。


それでは、①日本円を「買う」にはどうすればよいのでしょうか。最初に思い浮かぶのは労働力を投入して働くことでしょう。特に時給が上がっている方にはうってつけの方法です。


しかし残念ながら医師の時給は上がっておらず、むしろ漸減しています...。事前の策としては外貨資産を売却することでしょうか。納税を考慮しないと魅力的かもしれません。


②日本以上に通貨安の国への旅行は、ある意味王道の海外旅行です。しかし今時、日本以上の通貨安の国は限られています。具体的には、ソマリア、ベネズエラ、トルコなど。


もちろんソマリアやベネズエラに行くのは命を捨てに行くようなものなので、トルコぐらいが妥当でしょう。この思考過程で、私の夏の旅行はトルコ+コーカサス地方になりました。


この方式は、私にとって目新しいものではありません。実は、2020年の夏はウクライナ旅行を計画していました。その理由はハイパーインフレで経済がボロボロだったからです。


当時はロシアに侵攻されるとは思ってもいませんでしたが、国がボロボロだったからロシアに侵攻の隙をみせてしまったのかもしれません...。一刻も早い戦争終結を望みます。


今の日本の状況は物価高でどうしようもない状況ですが、諦めてはならないでしょう。捨てる神あれば拾う神あり。きっと後から考えると「安いモノ」が転がっているはずです。





管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




ケアネット:株主優待のチャンスの窓が閉じつつある!? 欲しい銘柄は急ぐべきなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、ケアネットで連載中の【医師のためのお金の話 第80回】が公開されました。株主優待のチャンスの窓が閉じつつある!? 欲しい銘柄は急ぐべきなのか? です。




log_carenet



株主優待目的の株式投資家には逆風が吹いています。東証の市場区分再編の影響で、プライム市場に上場する大企業を中心に、株主優待廃止もしくは縮小する企業が続出しています。


先日も日本ハム(2282)の株主優待の金額が3000円から1500円に改悪されました。毎年、日本ハムの株主優待を楽しみにしていた身には辛いです...。


さて、改悪続きの株主優待ですが、このまま制度自体が消滅してしまうのでしょうか。実は株主優待を廃止/縮小する企業ばかりではなく、新設/拡大する企業も存在します。


その代表は三井不動産(8801)でしょう。
「ららぽーと」「三井アウトレットパーク」で使用できるポイントの株主優待新設ニュースには驚いたものです。


ただし、株主優待制度では「長期保有」が原則になりつつあります。「優待クロス取引」対策で、1年以上保有などの制限を付ける企業が増加しているからです。


それ以外にも、株主優待投資をする上では、いくつかの注意点があります。今回の連載では、そのあたりについて詳述してみました。
 


3分で読了できるので、ケアネット【医師のためのお金の話 第80回】株主優待のチャンスの窓が閉じつつある!? 欲しい銘柄は急ぐべきなのか? で確かめてくださいね!






管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。