整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

不動産価格は超長期では上昇している?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は株高なので、資産形成はやることが無く手持無沙汰気味です。株式がダメなら不動産だろ!という声が聞こえてきそうですが、残念ながら不動産はさほど値崩れしていません。


このような状況では地道にキャッシュを積み上げる+リアルビジネスに邁進するという選択肢となりますが、私はひそかに不動産に注目しています。


その理由は、超長期で考えると不動産価格は上昇しているのではないかと考えているからです。下は地価公示が始まった昭和49年以降の超長期チャートです。



210503 - コピー




このチャートをみると「地価は超長期でも全然上昇していないではないか!」と感じる方が多いと思います。実際その通りなのですが、1991年を頂点とするバブル時は特殊です。


バブルで日本の運命が変わったしまったと言っても過言ではないのですが、1980年台後半からバブルの後処理が終了した 2002年までの期間を控除すると異なった風景が見えます。


バブル時の地価上昇率が強烈なので他の時期の趨勢が分かりにくいですが、この時期を除くと、日本の地価も比較的堅調に上昇していることが分かります。


容積率などの規制緩和によって、都心でも不動産供給増加が続いていますが、超金融緩和が世界中で継続されている状況と比較すると、どちらの供給力が大きいのかは一目瞭然です。


つまり、通貨の供給量>>>都心の不動産供給量 の関係が成り立ちです。この状況が逆転することは想定できません。


このため、対通貨での不動産の価値は、超長期では上昇する可能性が高いです。私はこのような感覚なので、基本的には不動産や株式を超長期保有する戦略です。


そして、株式と不動産の違いは、レバレッジをかけて(他人資本で)購入できるか否かです。株式でも信用取引がありますが、期間やコストは比較にならないほど不利です。


このため、超長期保有を前提とすると、価値が低下していく通貨と交換して不動産を購入することは合理的だと思うのです。しかも購入時の通貨は他人のモノ(=融資)です。


保有期間が超長期に渡るため、保有期間の安全性を確保することが前提ですが、この点さえクリアできるのであれば、不動産投資の優位性が際立ちます。


少々ポジショントークが入っていますが、コロナ禍の不動産上昇局においても、私は不動産投資に関しては前向きに取り込みたいと思っています。


注意:現時点でガンガン投資しようと考えているわけではありません。






★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





Go Go!北海道電力!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は北海道電力が珍しく高騰しました。
全電力株の中で最も業績が悪いため、株価もまったく冴えません。


超低空飛行が常態化している北海道電力ですが、突然狂ったように株価が上昇しました。その理由は、予想外の黒字決算と、年間10円から20円への増配です。



210430 - コピー




このニュースは久し振りに嬉しかったです!その理由は、私の投資戦略(配当目的逆張り投資)が偶然にも当たったからです。最近では、2021年2月のHSBC復配がありました。


その時にも説明しましたが、配当目的の超長期逆張り投資では、業績悪化で株価暴落+無配転落 → 業績回復 → 復配 → 高利回り配当というサイクルが一般的です。


ひとつのサイクルが回るのに5年ほどかかるケースもありますが、北海道電力はまさにその典型例だと思っていました。


北海道電力の置かれている状況は過酷です。大手電力会社は、東京電力を中心に再編機運が高まっています。しかし、北海道電力だけは取り残されています。


その理由は、北海道電力を買収するメリットに乏しいからです。北海道電力は人口密度の低い広大な土地に電線網を張り巡らせています。


降雪地帯が大半という過酷な状況なので、インフラを維持する費用が膨大です。同じような境遇の企業として JR北海道があります。


JR北海道はインフラ維持の負担に耐えかねて廃線を進めていますが、未だに上場できないままです。膨大なインフラ維持負担にもかかわらず健闘してる北海道電力は立派です。


北海道電力を応援するために株を購入しているわけではないですが、インフラ企業なので倒産は無いと考えて、2020年は激しく買い下がりました。


もともと北海道電力に投資していたこともあり、株数は優に 10000株を超えるものの、平均取得株価は 463円に過ぎません。


それでも今回の増配+株価上昇で購入時利回りは4.32%に上昇し、含み益も大台越えしそうです。永久保有なので利益が実現化することはないですが、ATM誕生は素直に嬉しいです。


東日本大震災以前の年間配当50円にはまだまだ遠いですが、もし実現すれば配当利回りは10%を超えます。電力株で配当利回り10%なら永久保有に値するのではないでしょうか。


2021年4月30日現在でチャンスの窓は閉じていますが、2020年3月のような滅多に無いチャンスをつかんで着実に「資産」を積み上げていこうと思います。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




肉離れ治療のキモは筋腱移行部損傷の有無!

このエントリーをはてなブックマークに追加

既にご存知の方も多いと思いますが、日整会誌が電子化されました。2021/4/27に号外メールが届いたので、さっそく MED PORTALにアカウント登録しました。


紙ベースの日整会誌と比較して俯瞰性が低下しましたが、電子書籍では仕方ないと思います。いちユーザーとしての要望は、いきなりブラウンジングできる方がありがたいです。


さて、今月も興味をひく教育研修講演をいくつか拝読しました。国立スポーツ科学センターの奥脇先生による肉離れの治療戦略 をご紹介します。私にとってのTIPSは下記です。


  • 肉離れは大腿二頭筋長頭などの羽状筋の腱膜や筋腱移行部に生じやすい
  • 保存治療可能な筋繊維部損傷と、手術治療の可能性がある腱膜部損傷や筋腱移行部損傷との鑑別は、受傷時のストレッチ痛の有無で判断する


まとめとして、下記のように述べられています。

肉離れの典型例は腱膜損傷であり、その治療戦略を考える上で知りたいのは「どの筋の、どこが、どの程度損傷したか」



特にアスリートでは、肉離れの診断に MRIの有用性が高いようです。症状の強い肉離れでは、MRIを撮像して筋腱移行部損傷の有無を判断することが重要だと思いました。





★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
  


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



 






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。