整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

アジアの勃興で気付いた格差社会到来の予感

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始は2週間近くタイに滞在していました。
タイ滞在中に一番困ったことは「物価高」です。


2023年5月にコロナ禍が明けてからの7ヵ月間で海外に4回行きましたが、いずれも日本円の通貨安に悩まされました。


しかし、東欧や韓国はそれなりの物価高を覚悟できたし、タンザニアは「安全をお金で買う」選択肢しか無かったので、日本以上の物価高も許容できました。


一方、今回のタイはこれらの国々と異なります。すでに20回近くの渡航歴があり、私にとって裏庭感覚の国です。そのタイの物価が日本とほとんど変わらないことに驚きました。


今回はバンコクとパタヤにしか滞在しなかったので、タイの中でも有数の物価高のエリアであることは間違いありません。


しかし、ビッグCなどのスーパーに行っても、安いと感じた瞬間がありませんでした。10~20年ぐらい前のタイは、日本よりも物価は安いが環境が劣っていました。


一方、今回訪れたタイは、暑い以外は日本と環境がさほど遜色無く、また物価も日本並みでした。まさにタイ≒日本という昔からは考えられない状況が現実化していたのです。


最後にタイを訪れたのは、コロナ禍初期の2020年2月のクラビです。あれから早4年。今回はまさに浦島太郎的でした。アジアの発展と変化に驚きました。


4年前と比べて、アジア勢の勢力が拡大しているように感じました。旅行者に占めるアジア勢の割合がかなり大きくなっていたのです。


当時は欧米系がメジャーでしたが、今回はアジア系が過半数を占めていました。欧米系はむしろ少数派です。そしてタイの国内勢も台頭しているようです。


そんな中、日本勢は相変わらず目立ちません。さすがに東欧やタンザニアほどではありませんが、タイ滞在中に日本人グループにあまり会わなかったのは非常に残念です。


さて、タイの物価高に悩んだのは、もちろん払えないからではありません。私のアタマの中にインストールされているタイの相場観が現実と相容れないためです。


何をしても相場観から「高い」ので、心の底から楽しめない(苦笑)。バーゲンハンター的感覚で生きてきた私が病的なのが一番の原因です。


しかし、この状況ではせっかくのバカンスを楽しめないのも事実。そこで何とかタイの物価高に対処する方法を考えてみました。


もちろんテクニカルに物価高を変更することは不可能です。取りうる手段は自分のマインドリセットでしょう。そこで日本 vs タイではなく、自分 vs タイに比較対象を変更しました。


つまり、自分の資産規模拡大速度 vs タイの発展速度で考えることにしたのです。CF増大速度や資産の時価評価増大速度で比較すると、、、少し気持ちが楽になりました。


国としての差は縮まっていますが、この点に関しては個人の力の及ぶところではありません。一方、個人のポジション取りに関しては努力次第で何とでもなります。


他力本願に円高や日本経済の復活を待つのではなく、自助努力をすることが唯一の解決策だと気付いたのです。


そして、この気付きは恐ろしい事態の進行を示唆しています。つまり、日本においても今後は格差拡大が不可避ではないかという予感です。


集団としての日本が沈没していくのなら、個人として助かる道を各々が探るしか方法が無いのではないかと...。


最後は重苦しい結論になりましたが、私は日本に決して暗い見通しがあるわけではありません。日本を取り巻く地政学的変化は、長期的には日本復活の原動力になるはずです。


日本の復活を信じつつも、それに頼らず自助努力して、これからも日本で生き抜いていこうと思います。それには、時代の大きな流れを見誤らないことが大切ですね!





医師のキャリア革命(オンラインサロン)


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




今年の投資戦略はcash is ○○!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします!


このブログは、タイのパタヤで書いています。パタヤは常夏で連日のように快晴が続いています。昨夜はパタヤビーチで開催されたカウントダウンに参加していたので遅い朝食です。


今回が初めての海外での年越しですが、寒い日本と違って暖かいので未明まで街中がどんちゃん騒ぎでした。しんみりと新年を迎えるといった感覚は皆無です。


さて、そのような異文化の場所に浸りながら、2024年はどのように過ごそうかと思案しています。活動のメインである事業は、more aggressiveでガンガン進むだけです。


問題は、投資系の方針決め。不動産投資と株式投資をどうやっていくのかについて思い巡らしています。現在の日本が置かれている状況は、インフレと通貨価値下落です。


両者ともマイルドな状態に留まっているいるので、本来であれば理想的で居心地良いはずです。しかも私の中では2013年にアベノミクスが始まった時点で予想していた展開でした。


永久デフレが続くといった世間の風潮とは異なる相場観だったので、不動産は都心部の好立地物件を積極的に買い増し、株式はコロナショックで買い出動してBuy&Holdです。


短期的にはcash is king、長期的にはcash is trashという考え方です。短期的には現金に大きな価値を見出しつつも、長期目線では現金を信用せずに不動産や株式を信じる戦略です。


あくまで結果論ですが、不動産、株式とも見事な右肩上がりで福利効果もあって所有資産が巨大化しました。


不動産は2010年代の「他人資本」の日本円の価値で好立地物件を購入しているため、レバレッジの掛かり方が半端ではないです。まさに濡れ手に粟の状態と言えます。


私が得た利益は、直接的には銀行から得た利益(=融資)ですが、その向こう側にはたくさんの銀行預金していた人がいます。


つまり、現金所有していた人が減らした購買能力が、私のように都心の好立地物件に投資していた人間に移転されたのです。


大きな流れに乗り損ねると、このような状況が現実化するところが恐ろしいと感じています。今回は偶然にも大きな流れに乗れましたが、次回以降どうなるのかは分かりません。


できるだけ、時代の流れに逆らわずに粛々と駒を進めて行こうと思います。ちなみに、現時点では、私は引き続き「短期的にはcash is king、長期的にはcash is trash」です。


つまり、現金(あるいは現金相当物)を積み上げつつ、それも含めた信用力で好立地物件やインフラ系や資源系株式を狙っていく投資戦略です。


もちろん、要の戦略は決して売らない。いわゆるBuy&Holdですね。世間一般的な利食い千人力や物件売却益を積み上げるといった戦略とは一線を画しています。


まぁ、かなり異常な投資戦略だと思いますが、この10年間の結果論では大成功でした。これからも山あり谷ありだと思いますが、投資方針継続で行こうと思います。


最後になりますが、2024年からはブログ更新を毎週月曜日のみにしようと思います。それでは、本年も宜しくお願い申し上げます!





管理人監修の資産形成マニュアル
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




2023年 金融資産投資の総括

このエントリーをはてなブックマークに追加

早いもので、もう年の瀬です。
2023年の東京株式市場(大納会)も終了したので、今年を振り返ってみたいと思います。


2023年もインフレ+円安が続いた1年でしたが、後半になって、円安にも一定の歯止めがかかりそうな雰囲気になってきました。


その最大の理由は、米国のFRBが利上げを停止したことでしょう。日本銀行要因ではない点が残念ですが、こちらの方は2024年がゼロ金利解除を決定すれば要注目です。


FRBの利上げ停止は、米国の株式市場に反映されました。S&P500や NASDAQ100も史上最高値圏です。ドルコスト平均法で米国株インデックス投資している人には朗報でしょう。


さて、ここからは投資振り返りですが、今年も例年同様に通常運転(=ほとんど投資せずに市場の動きを傍観している)に近い状況でした。



参考:



株主優待株をちょこちょこ買いましたが、ごく小規模な投資に留まっています。2020年2~3月のような激しい投資行動は皆無です。年間の評価損益は以下のごとくです。


  • 日本株 : +6144万円
  • 外 貨 : +375万円
  • 外国株 : +2226万円
  • 任意組合: +357万円
  • 日本円 : +1192万円
  • 日本株式配当: 907万円(税引き後)
  • 外国株式配当: 409万円(税引き後)


全体では+10,294万円でした。初の年間1億円越えです。何もしていないのに、市況だけでこれだけ増えているので満足度は高いです。


日本株配当は電力株配当が復活したことが大きいです。配当の手残りが年間1300万円ありますが、使わずに不測の事態に向けて温存しています。


不動産では、某大手コンビニを誘致した以外は、大きな動きはありませんでした。一方、全力で取り組んでいる事業は今年も過去最高更新です。成長の加速は嬉しいモノです。


2023年の金融資産投資の成果を検証しましたが、例年どおりつまらない 1年間でした。ただ、事業が忙しくて金融資産投資や不動産投資をしているヒマはないので助かっています。


2023年はようやくコロナ禍があけましたが、コロナ禍前とは別の風景が広がっている印象を抱いています。2024年も市場を傍観しながら、チャンスを待ちたいと思っています。





★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。