整形外科医のブログ

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

総腓骨神経麻痺は長母趾伸筋腱のレリーフ有無で判断

このエントリーをはてなブックマークに追加

リハビリテーション医学第59巻第7号の特集記事で、興味深い TIPSを発見しました。大腿骨近位部骨折の術前リハビリテーションの実際と課題 です。


大腿骨近位部骨折の術前リハビリテーション?疑問に思った方が多いことでしょう。術前リハとか言う前にとにかく早く手術をしよう!というコンセンサス形成されているからです。


そして、本パートを担当された国立長寿医療研究センターの松村純先生も執筆に苦労された形跡があります。特集の内容は、術前リハというよりも看護の注意点がメインですから。


そもそも大腿近位部骨折の術前リハというお題自体に無理があります。こんな特集を任された松村先生はお気の毒でした...。


しかし、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっている(?)現状では、思うように手術できない施設が多いのも事実です。このため手術までの待機期間は長くなりがち。


その意味では意義のある特集記事だと言えなくもありません。そしてこの記事の中で総腓骨神経麻痺対策の部分が目を引きました。


大腿骨近位部骨折の患者さんは認知症の方が多く、こちらの指示が入らないことが多いです。このような症例では、長母趾伸筋腱のレリーフの有無で麻痺併発の推測が可能です。


文献的にこの点に言及しているものは見かけませんが、おそらく多くの整形外科医が経験的に実践していることでしょう。


せっかちな私は、THAや TKA術後の抜管前に患側の長母趾伸筋腱のレリーフを確認して、レリーフがあれば麻痺無し!と判断しています。


皆、同じようなことを考えているのだなと妙に合点しました。今回の特集では、日常診療の TIPSが文献化していることを発見したのが新鮮でした。







医学知見探求サービス


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



石垣島の不動産投資考察|市街地 vs ビーチ沿い

このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ夏季休暇中なので、石垣島の不動産についての研究です。石垣島は街の規模感と自然の近さ、そして一年を通じた温暖な気候(台風はありますが)が魅力です。


私は自然よりも街が好きなので、石垣島の不動産で最初に目を向けたのは離島ターミナル~市役所にかけてのエリアです。


見ず知らずの土地を調査するには、路線価推移を調べるのが手っ取り早いです。そこでユーグレナモールのそばにある730交差点(ナナサンマルこうさてん)の路線価を調べました。



220803 - コピー




石垣島で最高地点と思われる 730交差点の2022年の路線価は145000円/㎡でした。2016年の110000万円/㎡が、コロナ禍前の集計である2020年には150000円/㎡まで上昇しています。


2020年を最高点とする路線価の値動きは本土の各主要都市とほぼ同じですが、上昇割合についてはマイルドな印象を受けます。さほど注目されていないのかもしれません。


石垣島で物件を購入するのなら 730交差点周辺の古ビルを購入してCFを得つつ、訪島時は昼間はビーチに繰り出して夜はアーバンライフ(?)を楽しむスタイルかなと思いました。


しかし石垣島に実際に別荘を所有している知人宅を訪問して、考えが少し変わりました。その方の別荘は、石垣タウンから車で20分ほどのビーチ+県道沿いにありました。


広大な敷地はマンゴー果樹園を有しており、庭には島バナナもあります。巨大なプールも置いており、しかも徒歩2分でほとんど誰も居ない綺麗なビーチがありました。


年に4回石垣島で滞在しているそうです。冬もさほど寒くないようで、天気の良い日は海に入れる程度だそうです。自然の中にある別荘には全く興味無かったので衝撃を受けました。


割と近しい環境の人が、このような楽しい生活を送っているのはとても刺激になります。宮古島ほど激しくないものの、立地の良いビーチ沿いの別荘は値上がりしているそうです。


日本でサンゴ礁のあるビーチ沿いの別荘を所有するのであれば、空港のある石垣島と宮古島が最有力候補でしょう。沖縄本島も悪くないですが空港からの距離が遠いのが難点です。


石垣島と宮古島を含めた先島諸島は国防の最前線です。某困った国が領海侵犯を繰り返しており、台湾侵攻が現実化すると危ないエリアになります。


そのようなリスクも受け入れたうえであれば、石垣島への投資を考えてみても良いかもしれないと思いました。何と言っても生活の質はとても良さそうですから。





築古木造戸建投資マニュアル
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





ついに新型コロナを 5類相当に引き下げか?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症の第7波は収束の気配無く、過去最多の新規感染者数を更新し続けています。その中で岸田首相は5類に近い扱いへ変える案について発言しました。





今回の第7波が収束した時点で、すべての患者を保健所に報告する全数報告の廃止を検討する考えを示したようです。


2類のままでは濃厚接触者の自宅待機のために、感染者すると医療機関が機能不全に陥ってしまうことが問題化しています。


しかしこの発言に関しては、当然のごとく反対の意見もあります。そのひとつに現在の日本の新規感染者数が世界最多であることを挙げる声があります。


なぜ日本が世界最多なのか? 原因は不明ですが、行動制限していない「全数報告」している人口の多い主要国は日本だけという事情がありそうです。


感染のメッカ(?)の米国や欧州は、すでに全数報告を廃止しています。このため律儀に千数報告している日本の新規感染者数が際立っているという皮肉なのでしょう。


安心・安全にこだわり過ぎるとロクなことはないと思います。日本が失われた30年を過ごすことになったのは、目先の痛みを回避する行動に始終したことが原因ではないでしょうか。


岸田首相の方針は、少々遅いとはいえ進むべき方向だと思います。反対勢力が多いでしょうが、是非がんばって欲しいと思っています。






管理人 お勧めの医学書

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
ビジネスパートナー募集中
産婦人科
株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

投資の成功によって30歳代で経済的自由を達成しました。 医師起業家として年商10億円企業を目指して日々奮闘中

・医学博士
・整形外科専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。