整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

まぐれ?遠隔診療で急性腎盂腎炎の診断がついた!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、私的なオンライン診療を行いました。
朝から腰が痛くなって動けなくなったとのことで、知り合いから LINEが来たのです。


遠くに住んでいる人なので、直接診ることはできません。しかし、メッセのやりとりをしていると、安静時痛があるため通常の急性腰痛症では無いような印象を受けました。


そこで、LINEのビデオ通話機能を利用して疑似診察してみました。知り合いのお子さんにスマホでご本人の腰部を撮影してもらいながら指示を出します。


まず、腸骨稜の位置を確認してもらい、その部分から真下(床方向)に降ろした垂線上の中央で腰椎棘突起を触知してもらいます。


整形外科医相手であれば「L4棘突起を触知して」で済みますが、素人の子供相手では説明に少々コツが要ります。腰椎棘突起を順番に触知してもらいましたが、圧痛は無いようです。


次に腸骨稜から10㎝ほど中枢側部分の腰部を左右とも叩打してもらいました。子供さんは恐る恐る軽く叩くだけなので、「もっと気合を入れて叩いて!」と喝を入れました(笑)。


左側は問題なかったのですが、右側で叩打痛があります。尿路結石っぽい感じですね。体温を測ってもらうと37度台後半あります。急性腎盂腎炎を併発していそうです。


すぐに病院
受診するように促しました。ここまでで約 5分ほどの時間です。病院を受診した結果は尿路結石に伴う急性腎盂腎炎で、そのまま入院治療となりました。


今回の経験から、意外とその辺に転がっているツールを利用することで、遠隔診療(?)が成り立つことが分かりました。体系化すれば面白い展開になりそうな気がします。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



すごい人のセミナーを聞くと心が苦しくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、某大家の会のセミナーに参加しました。最近では軒並みオンライン参加可能なので、製薬会社主催の整形外科セミナーに参加する前に梯子しました。


本当に便利な世の中になったものです。さて、今回の講師の方は不動産投資歴10年ほどの中堅レベルの方です。期間は中堅レベルですが、知識・経験はベテランの域に達しています。


そして特にすごいと思ったのは、物件にかける情熱です。自分の物件に対する愛情とこだわりが尋常ではなく、拝聴していて苦しくなってきました(笑)。


私がかつて一度も実践したことの無いレベルにまでこだわって投資成果を出しています。正直言って、この方のマネはできないと思いました...。


セミナーで拝聴した内容は、知識としては真新しいことは一切ありません。どれも不動産投資界隈では常識的なことばかりです。


しかし、これらの多くを徹底して実践していることは刮目するべきことです。普通は知識として知っていても、ほとんど実践しないモノだからです。


セミナーを拝聴していて苦しくなってきたのは、おそらく自分はこの方の 1/10も不動産投資に注力していない事実を、客観的に突き付けられたからだと思います。


知っているのと実践しているのでは全く異なります。やろうと思えばできると思っていても、
おそらく実際にやろうとすると(技術的・物理的に)できないのではないでしょうか。


誰もが知っている知識であっても、愚直に実践することは難しいのです。そのことを知っているだけに、今回のような凄い実践力を持った人のセミナーは心に堪えます(苦笑)。


それでは、オマエも同じように頑張ってみてはどうなのか?と訊かれそうですが、心に堪えながらも、見習って不動産投資に労働力を投入する意志は一切ありません。


その理由は1日 1440分しかないからです。1440分というのは1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣の受け売りなのですが、すべてに全力投球は不可能なのです。


私にとって、不動産投資は人生を賭けるべきものではありません。数ある収入を得る手段のひとつに過ぎないので、それ相応の労力しかかけられないというのが実情です。


手残り収益で考えると全体の 10%程度に過ぎないので、投入できる労働能力も最大で 10%程度です。実際は 1%程度しか投入していないのでコスパの良いツールと認識しています。


もちろん、不動産投資がメインであれば掛けるべき時間や濃度は違ったものになります。しかし、他に注力するべき重要事項があるので、「ほどほど」で良しとしています。


まぁ、そのように割り切っているものの、もの凄い情熱を見せつけられると心が苦しくなるのはまだまだ青い証拠でしょう。


全ての領域で一位を目指す必要はありません。私は不動産や株式投資は二流で良いと割り切っています。そのうえで、現在注力中のビジネスでは業界一位を奪取するつもりです。






★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





非主流派がうまくいく秘訣?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症の新規感染者が関西を中心に増加しており、東京都、大阪府、京都府、
兵庫県では緊急事態宣言が再び発出されることなりました。


新型コロナウイルス感染症の終息目途は立っておらず、そろそろ共存を模索するべき時期にきているのではないかと感じています。


さて、新型コロナウイルス感染症の話題で持ち切り(?)のようですが、私は基本的な感染対策を講じたうえで、あえて新型コロナウイルス感染症のニュースから遠ざかっています。


日々の新規感染者数情報を収集したところで自分の生活が変わるわけではありません。そしてもうひとつの理由は「人と同じ行動はしない」ことを信条にしているからです。


私が「人と同じ行動はしない」ことを信条にしているのは、生まれ持っての性格というわけではありません。私は、昔から周囲との協調性はある方だと思っています(笑)。


しかし、大学受験の頃から主流派の考えからは少し間を置くようになりました。当時は今と異なり、東京大学文系>東京大学理系>医学部というヒエラルキーがありました。


高校2年生の段階で文理や志望大学をある程度決定します。同じぐらいの成績の同級生のほとんどが東京大学を第一志望にする中、私は医学部を第一志望にしました。


当時は、東京大学 → 国家1種合格、都市銀行や総合商社に就職、が王道だっただけに、周囲の同級生からは奇異の目で見られたものです。


その頃から非主流派のマインドが育ちましたが、本格的に「人と同じ行動はしない」ことを意識し出したのは、株式投資を始めてからです。


私が株式投資を開始した2001年には、TOPIXや日経225などの指数ETFは存在しません。このため、流動性リスクを取らずに勝負するには新日本製鉄(5401)が第一選択でした。


当時は ITバブルの崩壊過程でしたが、まだキラキラした IT銘柄が幅を利かせていました。新日本製鉄に代表される鉄鋼株のような泥臭い銘柄に関心を抱く人はほぼ皆無でした。


しかし、誰も見向きもしないオールドエコノミー銘柄でも、比較的コンスタントに売却益を積み上げることができたため「人の行く裏に道あり花の山」は真実だと気付いたのです。


この経験から、当時は誰も実践していなかった不動産投資にも参戦するのですが、ライバル不在の時期だったので素人にもかかわらずそこそこの結果を残すことに成功しました。


「人と同じ行動はしない」ことは黄金律であることを確信したのです。それ以来、株式投資・不動産投資とも「人と同じ行動はしない」ことを徹底して利益を積み上げてきました。


そしていつの頃からか、投資行動以外にも拡張するようになりました。例えば旅行は平日に行くことを心掛け、景気の悪い時期に散財(笑)することを心がけています。


新型コロナウイルス感染症では感染対策は万全にしつつ、普通の人が選択しない行動をとるようにしています。


「人の行く裏に道あり花の山」ではないですが、2020年5~9月はどこに行っても誰も居ないので、これなら感染しようも無いなと思ったものです。


他人に迷惑をかけることは言語道断ですが、「人と同じ行動はしない」ことは世の中をうまく渡るコツだと思います。


ちなみに今は、新型コロナウイルス感染症の新規患者さんが増加しているものの、どこも人だらけです。こういう時は「人と同じ行動はしない」ように出歩かないのが吉でしょう。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。