クリニック開業を考えています ~まずは開業医の収益構造の検討~ のつづきです



次に、どのような開業の形態が最も利益率が高いのかを調べてみました。医療法人の無床院外処方のクリニックが最も利益率が高いことが分かります。


2010年度 医業収益高経常利益率

  個人の無床院外のクリニック
    全診療科 35.5%
    内科    34.7%
    整形外科 29.9%

  個人の無床院内のクリニック
    全診療科 24.2%
    内科    22.2%
    整形外科 24.7%

  法人の無床院外のクリニック
    全診療科 5.9%
    内科    5.8%
    整形外科 5.1%(全法人診療所の役員報酬 26.5% ⇒ 約31.6%)

  法人の無床院内のクリニック
    全診療科 4.4%
    内科    3.8%
    整形外科 3.1%(全法人診療所の役員報酬 26.5% ⇒ 約29.6%)

  (参照: TKC医業経営指標2012年版)


ただし、医療法人化するのは院長の所得が3000万円を超えるラインといわれていますので、個人と法人の間の利益率にはバイアスがかかっていることに注意が必要です。下図のように、クリニック経営においては損益分岐点を越えると加速度的に利益率が上昇していくのです。



medi%2020120305%20-0002



尚、個人開業のクリニックに比して、医療法人の医業収益高経常利益率が低いのは、法人の費用に役員報酬(=院長の給料)が含まれているからです。全体を俯瞰して、院外処方の開業医で医業収益が大きいほど利益率が高くなるようです。明日はいよいよ、開業医はどれほど稼げるかを検証したいと思います。



一人の整形外科開業医で達成できる経常利益は? につづく





 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★